薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

重陽の節句に、体を温める栗のお粥

 

   うるち米、糯米を使って

 

 

そよそよ

   はらはら

 

ぺ「もうすっかり秋の風ねぇ〜、少し涼しくなって来た、、。何か温かいものが食べたいなぁ〜。」

 

ヒョコッ

仙「それなら、栗を使うと良いぞ。」

ぺ「うわっ、仙人、びっくりしたぁこ、、こんな現れ方しないでくださいよー。」

 

仙「ウホホッ、栗を拾って来たのでのう。」

 

イガイガ

 

ぺ「わぁ、栗大好き!栗ご飯、栗きんとん、、。う〜、、何にしようかなぁ?」

 

仙「温かい栗のお粥は如何かな?」

ぺ「栗のお粥?」

 

仙「そうじゃ、明日は旧暦の重陽(ちょうよう)の節句じゃからのう。」

ぺ「重陽節句、、確か、菊の節句とか、、、。」

仙「ふむ、重陽節句には菊酒と一緒に栗ご飯を頂いたりするのじゃが、以前『黒米の栗ご飯』を作ったから、今年は栗粥じゃ。」

ぺ「はーい。」

 

仙「うるち米と糯米を半分ずつの割合にして、お祝い事じゃから、赤米も少々混ぜて、、それに栗と舞茸を入れて炊くのじゃ。」

 

 

 

f:id:senninlife:20181001181839j:image

 

 

コトコト

   コトコト

 

仙「それに、、ほれ、菊花酒も完成しておるぞ。」

 

ぽん

 

 

「菊花酒」

 

f:id:senninlife:20181001182125j:image

 

 

 

ぺ「わーー、綺麗、、。」

 

グビっ

 

ぺ「あー、菊の香りが、、。それに、菊の苦みも、美味しい〜。」

 

グビグビ

 

 

仙「さぁ、焼き鮭フレークをかけて、完成じゃ。栗と舞茸のお粥  。」

 

ぱらぱらっ

 

 


f:id:senninlife:20181001181835j:image

 

 

 

ぺ「わ、最後に焼き鮭フレークをかけるんですネ、美味しそう。」

仙「もちろん、鮭を焼いてのせても良いが、今日はお手軽バージョンじゃ。」

 

ぺ「では、いっただきまーす。」

 

ずずっ

   パクッ

 

ぺ「んん、、美味しい、。鮭の塩加減と、栗の甘さ、、品の良いお味です。」

仙「栗は体を温める、鮭も体を温める、そして糯米も体を温める、、。脾を整え、胃を温め、腎を補う。秋冬に良い薬膳じゃ。」

ぺ「はい、体への優しさが伝わってきます。」

 

仙「栗と舞茸のお粥、そして菊花酒で、『重陽節句』のお祝いじゃ。」

 

グビーッ

 

 

 

 

 

 

 

栗と舞茸のお粥

【立法: 補脾温胃 】

材料(2人分)

うるち米1/4合、糯米1/4合、(お好みで赤米少々)

生栗4個、舞茸1/2パック、水5カップ

焼き鮭フレーク大さじ1(焼き鮭を入れればなお良い)

 

 

作り方

  1. うるち米、糯米、赤米をといで、分量の水に漬けておく。
  2. 栗の皮をむき、半分に切る。舞茸はほぐす。
  3. 土鍋に1、2を入れて火にかける。
  4. 沸騰したら弱火にし、30分ほど炊き、火を止め蒸らす。
  5. 器に盛り、焼き鮭フレークをかける。

 

 

 

*「菊花酒の作り方」はこちら 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

栗    補気

[性味/帰経 ] 温、甘/ 脾、胃、腎

[働き]⑴補脾止瀉 脾気虚弱の食少、疲れ、腹部冷痛、下痢

 ⑵補腎強筋 腎気虚による足腰のだるさ、咳、喘息、頻尿 、夜尿

⑶活血止血 鼻血、吐血、血便などの出血

 

舞茸(きのこ) 補気

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補気益胃 脾胃気虚の食欲不振、胃痛、げっぷ、嘔吐

 

うるち米     補気

[性味/帰経 ]  平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補中益気・健脾和胃 脾気虚の疲れ、食欲不振、むくみ、下痢

    ⑵除煩止渇      精神不安、イライラ、口渇

 

糯米(もち米)  補気

[性味/帰経 ] 温、甘/ 脾、胃、肺

[働き]⑴補中益気・健脾止瀉 脾胃虚弱の疲労、食少、めまい、下痢、頻尿

         ⑵固表止汗 肺気虚の自汗、風邪を引きやすい

 

  温裏類

[性味/帰経 ]  温、甘/ 脾、胃

[働き]⑴健脾温胃和中 胃痛、食欲不振、腹部の冷え

         ⑵補益気血 疲れ、めまい、むくみ、下痢

 

 

 

*「黒米栗ご飯」はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

*「陳皮入り 栗と蓮子のご飯」はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

仙人問答

 

 

ぺ「ところで仙人、、どうして旧暦の9月9日を『重陽節句』って言うんですか?」

仙「ふむ、節句はな、五節句と言って5つあるのじゃ。」

ぺ「はぁ、また五、なのですね、五行、五色、五季、なんでも五、。セバスチャン・ベッテルのナンバーも5。」

 

仙「1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、そして9月9日、じゃ。」

ぺ「見覚えのあるものがたくさん、。」

 

仙「1月7日は七草の節句、3月3日は桃の節句、5月5日は菖蒲の節句、7月7日は笹の節句、そして9月9日は菊の節句じゃ。」

ぺ「菊の節句以外は、有名なものばかり、、でも菊の節句は、あまり重要視されてませんね。」

 

仙「ふむ、旧暦の9月9日は新暦で言えば10月の半ばごろで、菊の美しい季節なんじゃ。しかし新暦に変わって季節感が違ってきてしまい、、廃れていったようじゃのう。」

ぺ「へぇ、、そういう事なんだぁ、。」

 

仙「古来、奇数は縁起の良い『陽』、偶数は縁起の悪い『陰』と考えられておってな、その縁起の良い奇数が連なる日を節句としたのじゃが、その中でも1番大きな『陽』が重なる9月9日を『重陽節句』としたのじゃ。」

ぺ「なるほど、、陽が重なる、、で重陽。」

仙「不老長寿を願う『重陽節句』、薬膳にはぴったりじゃろ、。」

ぺ「はい、『菊花酒』も美味しいし、栗のお粥も美味しくて、しかっり養生できました!」

 

グビっ

 

 

 

2018F1 日本グランプリ‼️

 

   F1 2018 Honda日本グランプリ

   鈴鹿30回記念大会

 

 

皆さま、こんにちは、ぺんたんです。

本日はちょっと道草いたしまして、先日行われましたF1 日本グランプリに行って参りましたので、そのご報告です。

宜しければお付き合いください。

 

 

さて、今年は鈴鹿でのF1開催30回目、、と言う事で、色々なスペシャル企画が盛りだくさん⁈ でした。

 

その中のひとつがこれ、チケットです。

 

 

じゃん!

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
鈴鹿30回記念チケット

 

 

 

いつもの味気ない紙のチケットとは違って、今年は応援するチームのデザインが選べちゃうんです。

全10チーム、それぞれのファーストドライバーのマシンがのっていて、しかもプラスチック製で、、箱入り。

私、ぺんたんはフェラーリチームのチケットをゲット致しました。

これで、行く前から心ウキウキ♡です。

 

F1は10月5日から3日間開催され、初日5日はフリー走行、6日はフリー走行と予選、7日は決勝というスケジュールで行われます。

で、5日(金)からバッチリ3日間、行って参りましたよ~~。

 

 

☆ 10/5(金) 

 

朝イチで出発致しまして、今年は出遅れる事なく8時前には「入り待ち」の交差点に到着。

ここは、サーキットにやってくるF1ドライバー達の殆どが通る交差点で、、多くのファンがここでやって来るドライバー達をひと目見ようと待っているのです。ドライバー達は交差点を左折してサーキットへと向かうので、運良く赤信号になれば、車は停車し、サービスの良いドライバーなら窓を開けてサインに応じてくれるのです。

 

うふふ、今年も何枚か、、写真が撮れました。

 

 

マックス・フェルスタッペンです( レッドブル・レーシング

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

マックス・フェルスタッペン



 

 

 

 

セバスチャン・ベッテル です( スクーデリア・フェラーリ) 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

セバスチャン・ベッテル

 

 

 

ピエール・ガスリー です  (スクーデリア・トロロッソ

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

ピエール・ガスリー

 

 


バルテリ・ボッタスです  (メルセデスAMGペトロナス

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

バルテリ・ボッタス

 

 

 

この他にも、グロージャン、バンドーン、マグヌッセンを垣間見る事が出来ました♡

私の隣にいたガールは、ひたすらキミ・ライコネンを待っていたのですが、さすがアイスマンライコネンです。真っ赤なフェラーリに乗って現れたかと思うと、猛スピードで追い越し車線から左折し、あっという間に、、、シャッターを押す暇もありませんでした(≧∀≦)

 

 

 

入り待ちを楽しんだ後、いよいよ入場、、ゲートをくぐると、

おぉ、今年はドライバー達の素敵な写真が、、たなびいております。

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
ドライバー




 

 

そして、フリー走行、、です。フリー走行はこの日は2回行われます。1時間半×2回です。

そしてこのフリー走行の日のみ、どこの席で観戦しても良い事になっております。(お高いスペシャル席以外は)

 

午前と午後と席を変えて見てました。

 

 

このマシンはマクラーレンF1チーム、 フェルナンド・アロンソが乗ってます。アロンソは今季限りでF1を去ります。寂しいですね。

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

フリー走行フェルナンド・アロンソ

 

 

  

 

1コーナーよりのメインストレートから撮ったムービーです。

レーシングマシンの音も以前より優しい音になってしまって、、ちょっと物足りませんが、。

 

 

 


2018F1 日本グランプリ 鈴鹿 フリー走行

 

 

 

 

 

☆10/6(土)

 

 

予選当日、、

会場には怪しげなボルブヘッドが現れました(笑)

 

 

 

フェルスタッペン

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

フェルスタッペン

 

 

 

ボッタス

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

ボッタス



 

グロージャン

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

グロージャン

 

 

 

 

う~ん、グロージャンが1番似てるかな?

他のボルブヘッドにも会いたかった~ッ

 

 

 

そして、ウロウロしていたら、ステキなお店を見つけました。

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

ジョニーウォーカーのお店


 

 

 

皆んな並んで購入しているので、よし!と私も並んじゃいました。



 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
ハイボール



 

お店の人がね、手際よくハイボールを作りながら、言ってくれるんですよ、

「空いたグラスを持ってきてお代わりして下さい。キャップを差し上げますから。」って、、。

もう~、、仕方ないなぁって、、お代わりして、キャップを頂いてきました(笑)

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

ジョニーウォーカーのキャップ

 

 

 

 

 

そして、予選です。

 

予選は3回に分けて行われます。

1周のラップタイムで競い、1回目の予選で5人が敗退します。

2回目に更に5人敗退します。

3回目に残った10人でラップタイムを競い、その結果で決勝のポジションが決まります。

 

 

ぺんたんの席は2コーナーですので、そこからの撮影です。

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

予選


 

 

 

*予選結果

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

予選結果



 

今年もポールポジションルイス・ハミルトンです。

3回目の予選の途中で雨が降りだしたため、、悔しい思いをしたドライバーもいました。

予想外に後方スタートとなってしまった9番手のベッテル、15番手のリカルド、、。

明日の巻き返しを期待したいです。

 

 

 

そして、予選後には前夜祭が行われます。

 

野外ステージ前にはレッドブルのテント、DJカーも出て、とても賑やかです♪ ♪

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

レッドブル

 

 

 

そしてそして、、何と言ってもお楽しみはこれ、ドライバー達の前夜祭トークショーです。

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

前夜祭 トークショー


 


メインスタジアムとこの野外ステージと2カ所で行われるんですが、ぺんたんは、こっちの野外ステージの方がドライバー達に近いので好きです。

ほんの少しのインタビュー時間ですが、ドライバー達に会えるのでとっても楽しいです。

リカルドは面白いし、ハミルトンは自由気まま、ドライバー達の個性が光る時間です。

こうして夜遅くまで、、楽しんじゃうんです。

 

 

 

 

☆10/7 (日)

 

台風も去り、快晴の鈴鹿サーキット

 

いよいよ決勝です!

 

 

いつもの様にフェラーリ応援団が広場に集まっています。

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

フェラーリ応援団

 

 

 

去年はフェルスタッペンの応援のオランダチームが来ていたのですが、、今年は見当たりませんでした。

でも外国からのお客様、とっても多いです。

 

 

 

決勝

 


2018 F1 日本グランプリ 鈴鹿 決勝スタート

 

*申し訳ありません、スマホを縦にしたまま撮影してしまいました(泣)

 

 

 

*決勝結果

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
決勝 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

決勝 結果




 

今年は余裕でルイス・ハミルトンが優勝です。

残念ながら、ぺんたんが応援していたニコ・ヒュルケンベルグシャルル・ルクレールは完走出来ず、、でした。

 

日本グランプリの次はアメリカグランプリ、あのオースティンで開催されます。

オースティンでハミルトンが2018の優勝を確実にするかも、、ですねー。

 

ここ数年、お客さん減ってるなぁって感じるF1でしたが、今年は30回記念大会の企画も当たり、来客者数も大幅アップしたようです。

 

来年は、キミ・ライコネンフェラーリを去ってザウバーに、

そしてザウバーシャルル・ルクレールフェラーリに、

ダニエル・リカルドレッドブルがホンダのエンジンに変わるのでそれを嫌ってルノー・スポールに、と、色々とドライバー達の移籍も多いようです。

 

また、1年後を楽しみに、、貯金しなくっちゃ❗️

 

 

 

皆様、お付き合い頂き、ありがとうございました。

 



 

 

*薬膳酒ワークショップ

10月21日(日)分、まだまだ募集中です。

皆様のお越しをお待ちしております。

tabica.jp

あなたの顔色伺っちゃいます(望診のお話①)

 

   五色診のお話

 

 

ゲラゲラ

   ケラケラ

 

ぺ「でね、仙人、トッコちゃんがそう叫んだものだから、担任の先生、、真っ青になっちゃったんだって、、。

仙「ウハハハハ、それはさぞかし先生も驚かれた事じゃろう、。」

 

スクッ

仙「良し、ぺんたん、出かけるぞ。」

ぺ「え、どこへ?」

仙「仙人社じゃ。」

ぺ「仙人社へ、、何しに行くんですか?」

仙「皆の顔色を伺いに行くのじゃ。」

 

ヒューン

 

ぺ「え、顔色?あーー、仙人、、待ってぇ~~」

タタタタターーーッ

 

 

 

 

仙「それでは、最初のお方、どうぞ。」

 

 

ピョン

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

青色

 

 

 

仙「おぉ、クジラ君か、、ふむ、、トッコちゃんの先生同様、真っ青なお顔じゃのう。」

クジラ「ピュウ ピュウ」

 

仙「ちと冷えたのじゃな、、。血の巡りも悪いようじゃ。」

クジラ「ピュウ」

 

仙「冷たい水の中で生活しておるから、やむおえぬのう、。土鍋温泉があるからそこで温まって行くと良いぞ。」

クジラ「ピュピュピュウ」

 

 

 

 

 

仙「では、次のお方、どうぞ。」

 

 

バサバサっ

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

赤色

 

 

 

仙「ほぉ、これは森のフクロウ君、お顔が真っ赤じゃのう。」

フクロウ「ホォホォ」

 

仙「熱があるようじゃ、邪気に入り込まれたか、」

フクロウ「ホォ」

 

仙「風邪の初期症状じゃ、解表類の食薬で熱を冷ますと良いぞ。」

フクロウ「ホォー」

 

 

 

 

 

仙「それではお次のお方、どうぞ、。」

 

ピカ

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

黄色



 

仙「やや、ピカチュウか、有名キャラクターのお出ましじゃ。」

ピカチュウ「ピカ ピカチュウ

 

仙「ふうむ、、黄色い、黄色いのう、、。」

ピカチュウ「ピカ ピカ」

 

仙「それに、顔がぱんぱんになって、、むくんでおる。」

ピカチュウピカチュウ ピーカ」

 

仙「何処へでも現れて、大忙しじゃったからのう。脾がやられてしまったのじゃ。」

ピカチュウ「ピカ ピーカ」

 

仙「脾気虚に良い 薬膳を食べると良いぞ。」

ピカチュウピカチュウ ピカチュウ

 

 

 

 

 

仙「人気者も大変じゃのう。さて、お次のお方、どうぞ。」

 

ウニッ

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

白色



 

仙「おぉ、またも人気者、、キティちゃんではないか。」

キティ「ウニ」

 

仙「ウニヘアーのキティちゃんか、、。キティちゃんはバリエーションが豊かじゃからのう。」

キティ「ウニ雲丹」

 

仙「顔が真っ白じゃな。」

キティ「ウニっ」

 

仙「どこかに飾られておったのかのう、お肌がカサカサ乾燥気味じゃ、。」

キティ「ウーニ」

 

仙「キティちゃんは仕事を選ばない事で有名じゃが、少しは体の事も考えてやらんとのう。」

キティ「ウニウニ」

 

仙「働きすぎで血虚の状態じゃ。しっかりと血を補うものをたべる事じゃ。血虚に良い薬膳を紹介しておこう。」

キティ「ウニ雲丹ー」

 

 

 

 

 

仙「さて、最後のお方、どうぞ。」

 

 

カァカァ

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

黒色

 

 

仙「これはこれは3本足のヤタガラスさん、流石に黒い!」

ヤタガラス「カァ~」

 

仙「『導きの神』と言われるヤタガラスさんが仙人社に来てくださるとは有り難い、、。」

ヤタガラス「カァカァカァ」

 

仙「我が国中国では奇数を『陽』とする。それで3本足のカラスは太陽に棲んでおると言われておる。」

ヤタガラス「カァ~~」

 

仙「しかし、この黒さ、、。ふうむ、夏の疲れのせいか、、その『陽』である気の巡りが悪くなって、血流も滞っておるようじゃ。」

ヤタガラス「カ、カァ」

 

仙「温かい土鍋温泉で行水をして行きなさい。そして、気の巡りを良くする薬膳・ 血の巡りを良くする薬膳を食べて行きなさい。」

ヤタガラス「カァカァカァ~」

 

 

バサバサ

  バサバサ〜ッ

 

 

 

 

こそっ

ぺ「仙人、、。」

仙「おぉ、ぺんたんよ見ておったのか?」

ぺ「はい。」

仙「皆の顔色を見ておったのじゃ。これを『望診』という。」

ぺ「望診、。」

 

仙「中医学では『四診』と言われる4つの方法を使って患者を診察するのじゃ。」

ぺ「『四診』、。」

仙「『望診・聞診・問診・切診』の4つ、『見る・聞く・尋ねる・触る』じゃ。この中でも『望診』は最も重要なもの。」

ぺ「見る事、。」

 

仙「そうじゃ、患者をしっかりと見る。まず『目』を見てそこに『神』があるかを確かめる。」

ぺ「あ、五臓の神様、、の時に、、。」

仙「そして、顔、皮膚の色、舌の色、舌の苔の色、唇の色、目の白い部分の色、髪、爪、体型、これらをしっかりと見る事じゃ。もちろん、化粧などは落としておいてもらわねばな。」

 

ぺ「えっ、、あっ、、じゃあ、、いつだったか仙人が作ったチェックシート、、ふざけて書いたのかと思ってたあのチェックシートは、、もしかして、、」

仙「ふむ、。」

 

ぺ「えーーーっ、じゃあ、『アジアンな黄色』ってピカチュウのような脾気虚?、『透明感あふれる蒼白』ってキティちゃんのような血虚?、『ソウルな色黒」ってヤタガラスのような気滞血瘀 ⁇」

仙「ウハハハハ~~、今頃気付いたか、、。」

ぺ「うわぁ、、」ガクッ

 

仙「疾病により体表に現れる色が違ってくるのじゃ、これを『五色診』と言う。」

 

 

 

 

【 五色診 】

 

《 青色 》: 寒証・気滞血瘀証・痛証

        症状 : 顔・四肢が青色となる。血流が滞り、青色に、酷くなると黒くなる。

 

《 赤色 》 : 熱証・陰虚

         症状 : 熱証の場合は顔全体が赤くなる。陰虚証の場合は頬を中心とする赤み。

 

《 黄色 》 : 脾気虚証・湿熱証

         症状 : 脾気虚証の場合は顔色が黄色でむくみ、下痢を伴うことが多い。

                   湿熱証の場合は、黄疸が現れる。

 

《 白色 》 : 気虚証・血虚証・陽虚証

         症状 : 顔色・唇・爪・目が白くなる。

                   陽虚証の場合は『こう白』と言って、白くてむくみがある事が多い。

                   血虚証の場合は『蒼白』と言って、白く乾燥している事が多い。

 

《 黒色 》 : 気滞血瘀証・寒証・痛証

         症状 : 目の周囲、舌の裏、唇が黒っぽくなる。

                   腎陽虚証で水湿が溜まると黒っぽくなる。

                   瘀血の場合は、皮膚が黒っぽく乾燥している。

 

      

 

 

 

【 体質チェックシート  by 仙人】

 

  • 好きな食べ物
  • 嫌いな食べ物
  • 好きな顔色  ;秋田的な色白・ソウルな色黒・アジアンな黄色・透明感あふれる蒼白・ハートフルな赤色
  • 好きな唇; 情熱の真っ赤な唇・はかなく薄い唇・たっぷりタラコ唇・秋冬物ガサガサ唇・ゆるっと妖しい半開き唇
  • 好きな舌; 薄いカンジ・分厚いカンジ・トゲトゲなカンジ・歯型付いてるカンジ・震えるカンジ
  • 好きな爪; カワユイピンク・大人な紅色・純心真っ白・飛んでる黄色・高貴な紫色
  • 好きな体型;モデルスリム系・愛されぽっちゃり系・ムキっとがっちり系
  • 好きなヘアスタイル ;ツヤツヤ潤いヘア・カサカサ枝毛ヘア・ツルンとスキンヘッド・斬新!部分脱毛
  • 好きなタイプ;がっつり食べちゃう系・ふらっと貧血系・むっつり無口系・テンションアゲアゲ系

 

 

 

 

*「黒米栗ご飯と仙人のチェックシートのお話」はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

*「五臓の神様」のお話はこちら 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

 

仙人問答

 

 

ぺ「仙人、、望診のお話、勉強になりました。」

仙「ふむ、今日はまださわりだけじゃ。望診は重要な診断方法。この話はまだまだ続くぞ、ボチボチとじゃがな。」

 

ぺ「はい、。でも仙人、今日のお話を聞いて、ちょっと思い出してしまいました。」

仙「何をじゃ?」

 

ぺ「はい、実はバッチャン1の通院に付き添った事があるんです。」

仙「そうか、、。」

ぺ「はい、たまたま居合わせて、私がついて行く事になったんですが、普段、病院に行く事のない私は、もう、迷子になりそうで、、。」

仙「ウハハハハ〜。」

 

ぺ「それでね、診察室に入って、主治医とやらの診察を受けたのですが、、。」

仙「どうじゃった?」

 

ぺ「はい、望診とはほど遠い診察でした。主治医はバッチャンの顔など見る事もなく、バッチャンが話している事をただひたすらパソコンに向かって打ち込むのみ、。」

仙「ほぉ、病院の診察とはそういうものか、、。」

 

ぺ「はい、それで、打ち込み終わったら、ピーッと言う音がして、次回の診察券とお薬の引換券が機械から出てきて、、それで、終了!」

仙「ふむ、あっと言う間の作業じゃのう。」

 

ぺ「はい、あ、でも仙人、、私はバッチリ望診してきました。」

仙「ぺんたんが?バッチャンをか、、?」

 

ぺ「いえ、主治医を、、です。」

仙「主治医を?それは興味深い。」

 

ぺ「診察室の主治医の机の上には、紙パックに入った甘いジュース、それにパウンドケーキやタルトなどスィーツがいっぱい。体型は小肥りで、顔もむくみ気味、。」

仙「と言うことは?」

 

ぺ「はい、間違いなく主治医は『痰湿』注意!だと思います。」

仙「good job ‼️」

 

 

 

 

 

 

*「薬膳酒ワークショップ開催」のお知らせ

お申し込みはこちらからどうぞ

tabica.jp

 

 

脾・肺を労わる黄耆の薬膳茶

 

ミッカン?みかんも一緒に

 

 

タッタカタッタカ

  タッタ タッタ

 

ぺ「犬よ、急いで、、また雨が降ってきそう、、。」

ワン!

 

タッタカ タッタカ

  タッタ タッタ

 

 

 

ぎぃ〜

 

ぺ「こんにちは〜」

マスター「いらっしゃいませ、ぺんたんさん。」

 

トッコ「あ、ぺんたんだー。」

ぺ「あれ、トッコちゃん、。今日はもう学校終わったの?」

トッコ「うん、今日は4時間、、給食食べて、そうじして、、おしまい。」

 

マスター「トッコちゃんね、僕にみかんを持ってきてくれたんですよ。」

トッコ「あのね、お母さんが沢山みかん採れたからマスターに持って行って、、って。ぺんたんのもあるよ。」

ぺ「わっ、嬉しい、、。ありがとう。」

 

マスター「では、トッコちゃんのくれたみかんで、、薬膳茶を作りましょう。」

ぺ「みかんで薬膳茶、うふふふ~。」

マスター「秋ですから、、肺とそして脾を労わる薬膳茶にしますね。」

ぺ「マスター、、実は私、、このところすっごく忙しくって、、ちょっと疲れ気味なんです、、。」

 

 

マスター「そうですか、、珍しいですね、ぺんたんさんが疲れ気味とは、、では、、。」

 

ごそごそ

   ごそごそ

 

マスター「はい、お疲れ気味のぺんたんさんに、『黄耆(おうぎ)』を使って薬膳茶をお淹れいたします。」

 

ぽん

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
気虚に良い黄耆と、気のめぐりを良くするみかん

 

 

 

ぺ「黄耆、、補気の中薬ですね。」

マスター「はい、朝鮮人参と並んで二大補気薬として良く知られている『黄耆』、マメ科の植物です。」

ぺ「これでお茶を?」

マスター「はい、黄耆は肺と脾に帰経しますからね、この時期の疲れには良いですよ。」

ぺ「黄耆の薬膳茶、なんて、高級薬膳茶、、ですね、。」

マスター「はい、たまには中薬を使った薬膳茶もいいでしょう?それに、黄耆とみかんは相性が良いですから。」

 

 

フツフツ

  フツフツ

 

キュッキュッ

  キュッキュッ

  

トントン

   トトトトン



マスター「お待たせ致しました。黄耆みかん茶 です、どうぞ。」

 

サッ

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

脾・肺気虚からくる疲れ・めまいに黄耆とみかんのお茶



 

ぺ「綺麗な色、、では頂きます。」

 

ごく

  ごくっ

 

ぺ「あ〜、みかんの香りと酸味が、、美味しい、。」

マスター「みかんの皮をみじん切りにして入れてありますから、香りが一層良くなるのです。」

ぺ「なるほど、、それで、。う~ん程よい甘さで癒されます。」

 

ごくっ

 

トッコ「トッコも飲むー。」

マスター「ハハ、残念でした。これはトッコちゃんには、むきませんよ。トッコちゃんは、みかん果汁を絞ったのをね、。」

トッコ「はーい。」

 

 

 

 

黄耆みかん茶

【 立法: 補気行気 】

材料(1人1日分)

黄耆10g、みかん1個、水500cc、

蜂蜜小さじ1

 

 

作り方

  1. 土鍋に分量の水を入れ、黄耆を入れて30分おく。
  2. みかんは半分に切って、果汁を絞る。皮の半量をみじん切りにする。
  3. 1を火にかけ、沸騰したら弱火にして30分煎じる。
  4. 3にみじん切りにしたみかんの皮を入れて1分ほど煎じ、火を止め、蒸らす。
  5. 4を濾して、みかん果汁と蜂蜜を入れて混ぜ、器に注ぐ。
  6. 1日数回に分けて飲む。(食間)
  7. 残ったみかんの皮はみじん切りにしてお吸い物、サラダにどうぞ。

 

 

 

*「陳皮の作り方」はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

*「青皮」はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

黄耆(おうぎ)補気

[性味/帰経 ]  微温、甘/脾、肺

[働き]⑴補気昇陽 脾肺気虚の内臓下垂・息切れ・めまい・腹脹・下痢

         ⑵益衛固表 自汗・風邪をひきやすい

         ⑶托毒生肌 皮膚の慢性潰瘍の癒着が遅れる

         ⑷利水退腫 むくみ・尿少

 

蜜柑  理気

[性味/帰経 ]  温、甘、酸/肺、脾

[働き]⑴理気健胃 胸腹脹満、嘔吐、食欲不振

         ⑵止渇潤肺・燥湿化痰 口渇、咳、痰多、下痢

 

 

 

 

トッコ「ねぇねぇマスター、、みかんってどうして『みかん』って言うか知ってる?」

マスター「え?」

トッコ「みかん、、、どうして、、?」

マスター「え?えーっと、あれ、、?どうしてかなぁ、、。」

ぺ「ほんと、どうしてかしら?」

 

トッコ「マスター、ぺんたん、、

             

 ボーっと生きてんじゃねえよ‼️」💢

 

 

 

マスター&ぺ「 ⁈ 」

 

トッコ「みかんは、古くは『ミッカン』と呼ばれてたんだけど、いつの間に『ッ』が省略されて『みかん』になったんだって。」

 

マスター&ぺ「はぁ、、。」

 

トッコ「室町時代に中国から伝えられた品種がね、それまであった柑橘類と違って、蜜のように甘かったから、『蜜柑』って表記されるようになったらしいよ。」

 

マスター&ぺ「さすが、、トッコちゃん、、よく知ってる、。」

 

トッコ「あははー、驚いた?今、これ、学校で流行ってるの『トッコちゃんに叱られる!』。」

ぺ「あ、わかった、、テレビの『チコちゃんに叱られる!』ね。」

トッコ「うん、真似してやってたら、流行っちゃった、。それでね、先生が面白いから、これを学芸会でやりましょうって言って、、今、皆んなで練習してるの。」

マスター「それは楽しそうだ。」

トッコ「うん、でもね、、。」

ぺ「でも?」

 

トッコ「この前、敬老の日に、学校から池向こうのデイサービスセンターに行ったの。」

マスター「敬老の日のお祝いに行ったのかな?」

トッコ「うん、そう。一緒に歌ったり、ゲームしたり、。」

ぺ「楽しそう~」

 

トッコ「でも、、車椅子に座ったままで、、歌わないし、お話もしないし、、そんなおじいさんやおばあさんが沢山いたから、、トッコ、今だ!って思って、、思いっきり大きな声で

 

ボーっと生きてんじゃねえよ‼️

                          

        って叫んだの。」

 

 

マスター&ぺ「・・・」

 

トッコ「そしたら、、担任の先生が飛んできて、、先生、、真っ青になっちゃった。」

 

 

タラッ

 

 

 

 

 

 

*「薬膳酒ワークショップ」のお知らせ

10月21日(日)11:00〜13:00

お申込みはこちらから

 

tabica.jp

 

 

 

月刊仙人life9月号 2018


 

 

 

    あーっ9月 

 

 

皆さま、こんにちは、ぺんたんです。

 

朝、寝ぼけまなこで雨戸を開けたら

ん?なにやら戸袋に引っかかってる

落とした視線の先には

   ぐるぐるぐるぐる

       しましま模様

 

へっ、へっ、蛇〜~

 

挟んで殺してしまったかと恐る恐る見ていると

しゅるしゅると動き出し

戸袋の下へ

  

ほー〜ーーーっ

 

そんな9月を振り返って

 

 

 

 

なんてたって薬膳酒!

 

 

8月の終わりにMr.スーからお問い合わせを頂いたんです。

その時に思った事は「⁇」のみ、、

で、まずはお話を伺ってみる事にして、Mr.スーとお電話の約束を致しました。

 

「薬膳酒で検索をしていて、見つけたんです。色々作って見えますねー。それにお話も面白いので、きっとぺんたんさんは面白い方なんだろうと、。」

音声として「ぺんたんさん」と呼ばれた事は初めてだったので、とっても新鮮で、「あ、私、ぺんたんなんだ、、」と思ってしまいました(笑)

そして何より嬉しかったのは、『薬膳酒』に目をつけていただいた事。

薬膳酒って、もう本当に良いことずくめ、、なんです。

 

いくら素晴らしい「薬膳料理」を作ったとしても、食事となると『家族揃って』になってしまって一人一人の体質や症状に合わせたものを作る事はとても難しい、、毎日となればなおさら、。

そこへいくと、『薬膳酒』は一人一人の体質や症状にあわせて摂る事が出来ます。

しかも、毎日手軽に摂れます。

ある程度まとめて作っておけば、保存もきいて、手間がかかりません。

そして、アルコールで有効成分がしっかりと抽出され、液体で摂る事により、体への吸収も速いので、食事として摂るより効果も高い、、のです。

でも、あくまでも『薬酒』として飲むものであって、ガバガバと大量に飲んではいけません。

毎日20~30ml です。

 

Mr.スーにこんなようなお話をしたかどうかは、忘れてしまいましたが、、お話の途中で

ぺ「あ、でもですね、私のブログに直接コメントを下さる方たちに、お酒を飲めない方がとっても多くって、、。それで、薬膳酒だけじゃなく、薬膳酢も一緒にアップしたりしてるんです。」

「えっ、僕、、酢、好きなんですよ!」と、君が言ったので、君の名前はMr.スー、に。

 

ぺ「でも、、こんな田舎で開催したって、誰も来ませんよ。」

「いえ、そんな事は、、ご自宅が良いんです!」とMr.スーが仰るので、僻地開催、に。

 

ぺ「やっぱ、楽しくしたいので、皆さんで『 yin yoo 』を一緒に歌うとか、。」

「では、ロングバージョンの『yin yoo 』を作って、、」とMr.スーが仰るので、ロングバージョンの『 yin yoo 』をCD 化、に。

とは、なってません、、(笑)

 

 

TABICA なるものを全く知らなかった私は、

「田舎でも、流し素麺の企画ですごく沢山の人が集まってみえて、、竹を採ってきて切るところからやったんですよ。」と言うMr.スーの言葉にも「へぇ、、。」ぐらいの相槌しか打たず、、

あとで知ったんですけど「ヒルナンデス」とやらで放送されてたんですね。

すみません、私、ヒルナンデス見てナインデス。

 

自然をテーマにしたものなら、田舎でも人は集まるだろうけれど、どこでも出来ちゃう薬膳酒のワークショップなど、何もわざわざこんな田舎まで来てする事ではない!などと思っていると

「このワークショップの目的は2つあるんです。1つはぺんたんさんがおススメしたいものを紹介する事、もう1つはぺんたんさんに会いに来てもらう事です。このブログを読みながらきっと、ぺんたんさんに会いたい、と思ってみえる方もあるはずです。」とMr.スーが仰るので、

これまた「そんな奴おらんやろ!」と心の中でツッコミながら、、(チッチキチー

 

あ~それなら逆にこっちから出かけて行きたいなぁなどと、、頭の中は妄想タイム~~

どれどれ、と、Google さんのアナリティクスのマップを眺めてみると、

北海道でホワン、九州でホワン、関東地方でホワホワン、、東北地方で、中部地方で、近畿地方でホワン、そして超時々アメリカ地方でホワン~

日本全国、色々なところでホワンホワンと円が広がる。

 

そうかぁ、こんなに色々な所からこのブログにお越し頂いているんだぁ、、と感激しながら

薬膳酒を車にいっぱい詰め込んで、、日本全国、薬膳酒ワークショップの旅に行きたい!と思ってしまう。

 

昔むかしの紙芝居の様に、カランカランと鐘を鳴らし、「さぁさぁ、ぺんたんの薬膳酒ワークショップの始まりだよ〜。」と露天に沢山の薬膳酒を並べる。

お日様に照らされたガラス瓶がキラキラと輝いて、、グラスに注ぐと、ほわっと良い香りが辺り一面に漂う、。

そんな中、、「ぺんたん、待ってたよ。ほら、これ、採れたてのトウモロコシ、持ってきな。」なんてご当地の農産物を頂きながら、皆でわいわいと薬膳酒を味わい、漬け込む。

そしてまた次の土地へと旅は続く、、。

 

 

え、これって、、修行じゃなくて巡業?行商?

そしてTABICA じゃなくて、、逆TABICA ? 出前TABICA ?出張TABICA?

あー〜わかった、これはdelivery TABICA です。

 

旅に行きたくても行けない人の為の『 Delivery TABICA 』、あなたに『旅』をお届けします。

 

今度、Mr.スーに提案しておこうっと(笑)

 

 

 

*「薬膳酒ワークショップ開催」のお知らせ 

tabica.jp

 

 

 

 

 

自然界便り 

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

ローゼル(洛神花)

 

 

今年もローゼルが咲きました。

幾たびのか台風を乗り越えて、、の、開花です。

お花は去年より小さめですが、、

この台風を乗り切って咲いてくれた事が、とにかく嬉しい♡

 

 

 

 

 

 

  編集後記

 

台風、ワークショップ問題、連休、連休、、で

なんか、あーっと言う間に過ぎてしまった9月、

でも、何とか連休中に、台風で崩れ落ちた外壁の修理が終わり、我が家もやっと元の姿になりました(^^)

(また、台風来てますが、、)

 

「薬膳酒ワークショップ開催のお知らせ」につきましては、沢山の方から励ましのお言葉、お祝いのお言葉を頂きありがとうございました。

でも私、営業向いてないですし、、必死に集客!なんて全く無理なので、ノンビリペースでやって行こうと思っています。

第1回目は10月21日(日)に開催致しますが、TABICA には『リクエスト開催』というシステムがあるので、「◯月◯日辺りでワークショップ行きたいんだけど、」と思った時にはいつでもリクエストして下さい(このブログ、TABICA のHP、どちらからでも受け付けております)。日時のご相談をさせて頂きます。

 

様々な薬膳酒のテイスティングを楽しんで頂けますよう、しっかり心を込めて準備中です。色々飲み比べて頂いて皆様の体質にあった薬膳酒を見つけるお手伝いができればとも思います。そして何より、薬膳酒を囲んで団欒のひとときを過ごせれば、、と。

家で各自で漬ける薬膳酒との決定的な違いはきっと、この「共に過ごす時間」なのだと思います。一緒に漬けて持ち帰って頂いた薬膳酒の出来上がりを待つ間、出来上がって一口目を口に運んだ瞬間、そして最後の一滴を飲み干してしまった時、それらはずーっとこの「共に過ごした時間」で繋がっているのです。それがきっとTABICA の言う「旅」なのかな、と、、笑顔の時間を思い浮かべながら、、皆様のお越しをお待ちしております。

(でも、おつまみは出ませんよー(^_−)−☆)

 

 

今月も訪れて下さった皆様、ブクマ、スター、コメントを下さった皆様、新しく読者になって下さった皆様、本当にありがとうございます。

 

猛暑の日々も去り、秋本番です!

そして、そして、そしてーーっ

10月は待ちに待った「2018 F1 日本グランプリ

今年も鈴鹿に行って来ま〜〜す‼️

 

 

 

 

 

乾燥から肺を守る、りんごと豚肉のソテー

 

  アップルソースで召し上がれ 🍎

 

 

サクサク

   サクサク

 

 

ぺ「あぁ、いつのまにか、木の葉がこんなに落ちて、、」

 

ハラハラ

  ヒラヒラ

 

ぺ「秋だなぁ、、」ふっ

 

ぺ「落ち葉を踏みしめて、、もの思いにふける、、なんてちょっとロマンチック、、やっぱ秋ねぇ〜」

 

ハラハラ

  ヒラヒラ

 

ポトっ

 

  ゴン!

 

ぺ「痛っ、、ん?葉っぱに混じって何か落ちてきた、あ、りんご、」

 

キョロキョロ

 

仙「お~、ぺんたんよ、、ここじゃここじゃ。」

 

スッ

 

ぺ「あ、仙人、、」

仙「収穫の秋じゃ、今、摂ってやるから、受け止めよ。」

 

ぺ「え?」

 

ぽん

 ぽん

   ぽん

 

 

ぺ「わ、真っ赤なりんご~~」

 

ヒューン

  パッ

 

仙「良し、では今日はこのりんごで薬膳じゃ。」

ぺ「ふふ、その前に、まずは一口、、」

 

ガブリ

 

 

 

仙「りんごは肺を潤す、乾燥する秋に有難い食薬じゃ。」

ぺ「はい、肺メタルは乾燥が嫌いですからねー。」

 

仙「秋にもよく、肺にもよく、陰虚にも良い薬膳を作るのじゃ。」

ぺ「はい。」

仙「そうなれば、同じく潤いをもたらす豚肉と一緒にさっとソテーじゃ。そしてアップルソースで頂く。」

ぺ「アップルソース?うわっ、、なんか美味しそう、。」

 

シャッシャッ

   スリスリ

 

サササッ

 

ジュージュー

  ジュジュジューッ

 

 

仙「 完成、豚ロースのアップルソテー じゃ。」

 

 

 

f:id:senninlife:20180923201222j:image

 

 

 

 

ぺ「おぉぉ美味しそう、、。」

 

シュッシュッ

パクッ

 

ぺ「ん〜〜、美味しい、、りんごソテーも美味しい、アップルソースもお肉と合います〜。」

 

パクパク

 

仙「ふむ、良い焼き具合じゃ。アップルソースの甘みと豚肉が良く絡んでおる。」

ぺ「仙人、このアップルソース、、お肉だけじゃなく、お魚のソテーにも合いますね、きっと。」

仙「そうじゃ、何にでも合うぞ、。バケットにのせても美味い。」

ぺ「あ、そうですね、トーストにのせても良さそうだし、枸杞子酒も入ってちょっとおしゃれ〜。りんごの甘味・酸味と玉ねぎの甘味、歯ごたえが良くマッチしてる、。」

仙「豚肉と合わせるなら行気の玉ねぎを使う事も大切じゃからのう、。それにほれ、Mr.スーがみえて薬膳酒の話が出ておったじゃろ、それで薬膳酒を使ったソースを作ってみたのじゃ。」

ぺ「わ、さすが仙人!」

 

 

 

 

豚ロースのアップルソテー

【 立法 : 養陰生津 】

材料(2人分)

豚ロース2枚、りんご小1/2個、ツルムラサキ1/2束、塩麹、胡椒

アップルソース: りんご小1/2個、玉ねぎ1/4個、枸杞子酒大さじ2、塩胡椒、オリーブ油

 

 

 

作り方

  1. 豚ロースは塩麹をすり込んでおく。(半日おく)
  2. ツルムラサキはさっと塩茹でし、水気を切って3cm に切る。
  3. りんごは芯を取り、半分は1cm の薄切り、残り半分はすりおろす。
  4. 〈アップルソース〉: 玉ねぎをみじん切りにする。フライパンにオリーブ油を入れて火にかけて、玉ねぎを甘みが出るまで炒める。すりおろしたりんごと枸杞子酒を入れ煮詰め、塩胡椒で味を整える。
  5. フライパンにオリーブ油を入れて火にかけ、胡椒を振った豚ロースを入れて焼く、スライスしたりんごも一緒に焼く。
  6. お皿にツルムラサキをのせ、豚ロース、りんごを盛り付け、アップルソースをかける。

 

 

 

*「枸杞子酒」の作り方はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

豚肉  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、鹹/ 脾、胃、腎

[働き]⑴滋陰潤燥、益脾補腎、長筋肉、生津液、潤皮膚

 

りんご  清熱瀉火類

[性味/帰経 ]  涼、微酸、甘/ 脾、胃、心

[働き]⑴清熱生津潤肺 暑熱の発熱、口渇、空咳、二日酔い

    ⑵止瀉便通 下痢、便秘、消化不良

 

玉葱  理気

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/脾、胃、肺、心

[働き]⑴健脾理気 食欲不振、下痢

    ⑵和胃消食 げっぷ、吐き気、胃もたれ

    ⑶発表通陽 発熱、悪寒

 

枸杞子  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘/肝、腎、肺

[働き]⑴滋補肝腎 足腰疼痛無力、遺精、めまい、頭のふらつき

    ⑵益精明目 白髪、視力減退、眼精疲労、風に当たると涙が出る。

    ⑶潤肺止咳 肺腎陰虚の慢性咳、喘息

 

ツルムラサキ(落葵)

[性味/帰経 ]寒、酸/ 大腸

[働き]⑴解熱消炎、滋養、大小腸をよく通じさせる

 

 

 

 

 

 

仙人問答

 

 

ぺ「仙人、、豚ロースのアップルソテー、とっても美味しかった。アップルソースも気に入ったので、また作ります!」

仙「ふむ、りんごも色々な種類があるが、今日の様にお肉と合わせる時は甘めのりんごが良いようじゃ。」

ぺ「なるほど、。」

仙「バケットにのせたいなら酸味のある紅玉なども良いぞ。」

ぺ「ウフッ、ぺんたん、、紅玉大好き!あ、そうだ、、さっき一口かじったりんご、、。」

 

キョロキョロ

   キョロキョロ

 

ぺ「な、、ない、、。確かに、、ここに置いたのに、、。」

 

キラン

 

ぺ「え?えっ?えぇーーーっ?」

仙「どうした、ぺんたん、、?」

 

ぺ「アハハ、、ひとくちかじって置いて置いたら、、このりんご、、スマホになっちゃった、、」

仙「アップル、、Xs か?」

 

 

 

 

 

*「薬膳酒ワークショップ」開催のお知らせ

 

tabica.jp

 

 

 

『薬膳酒ワークショップ』のお知らせ ♪ &『菊花酒』のお話

 

  目のトラブル・のぼせ・風邪予防に

 

 

 

客「あの、私、こういう者です。」

 

サッ

 

仙& ぺ「Mr.スー、、⁇」

Mr.スー「はい、お酢が大好きなもので、、。」

 

ぺ「あ、それで、、Mr.スー、。」

 

Mr.スー「はい、えぇ、、私 、、『旅か』と言う所で仕事をしているのですが、。」

 

ぺ「旅か?   旅するんですか?」

Mr.スー「はい、。」

 

仙「欧米か⁉︎」

Mr.スー「いえ、国内で、、」

 

仙「フクスケか⁈」

Mr.スー「いえ、足袋ではなく、、『TABICA 』です。こちらをご覧ください。」

 

TABICA この体験が、旅になる。

 

『みんなの暮らしを旅しよう。

       ~だれかのあたり前は、だれかの特別になる〜 』

 

 

 

仙「ほぉ、、。」

 

Mr.スー「実は  私、、薬膳酒に興味がありまして、、あちこち検索をしておりましたら、こちらの仙人様とぺんたんさんのブログを見つけまして、、。」

仙「そうかそうか、。」

 

Mr.スー「実に沢山の薬膳酒を作ってみえ、、お二人の会話も楽しく、、それでちょっとお尋ねしてみようと思い、メールを差し上げた次第です。」

仙「ウホホッ、薬膳酒に興味をお持ちとは嬉しい話じゃのう、、。ちょうど良かった、数日前にもひとつ薬膳酒を漬けたところじゃ。ご覧になるかな?」

Mr.スー「はい、もちろんです。」

仙「では、蔵へご案内いたそう、。」

 

 

ぐぃ〜〜

 

 

 

仙「 これが、菊花酒 じゃ。」

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

目のトラブル・のぼせ・風邪予防に 良い『菊花酒』


 

 

 

 

Mr.スー「菊花酒?」

仙「そうじゃ、9月9日は重陽(ちょうよう)の節句、、この菊花酒を飲んで祝うのじゃ。」

ぺ「え、仙人、、9月9日って、、もう過ぎちゃってますよ、、。」

仙「旧暦の9月9日じゃ、新暦で言えば、、今年は10月17日辺りかのう。菊を用いて不老長寿を願う、別名『菊の節句』じゃ。」

Mr.スー「それで菊酒を、。」

仙「今から漬けておけば、丁度その頃には飲み頃じゃ。」

 

Mr.スー「この菊花酒にも、何か効能があるのですか?」

仙「もちろんじゃ。余分な熱を取り、頭痛や目の充血、高血圧、ほてりやのぼせ、それに風邪予防にも良いぞ。」

Mr.スー「それは、、ぜひ飲んでみたいです。」

仙「ウハハハハ、残念じゃが今日はまだ無理じゃ、2、3日前に漬けたばかりじゃからのう。」

 

ガックリ

Mr.スー「それにしても、、色々な薬膳酒がありますねぇ。」

 

キョロキョロ

 キョロキョロ

 

Mr.スー「これは?」

仙「これは『なつめ酒』、薬膳酒総選挙においても常にトップ、不動のセンター。なつめが歌う『気血ってナツメ♡』はミリオンセラーじゃ。」

 

Mr.スー「え⁈ あ、、薬膳酒にも総選挙が、あるんですか、、ハハ、、。あ、ではこちらのは?」

仙「龍眼肉酒、貧血に良いのじゃ。最近ではなつめとユニットを組んで、この2酒が歌う『U.N.R』はダンスナンバーとして人気急上昇、、『U.S.A』を凌ぐ勢いじゃ。」

 

Mr.スー「ユニット? U.N.R⁇」

ぺ「あ、あの複合酒の事です、、。ユニット、なつめ&龍眼、、。」

 

♪  ッチャ チャラッチャ 

        ッチャ チャラッチャ     ♪

仙「  C’mon , baby  薬膳酒〜

             C’mon , baby  薬膳酒〜〜 ♪ ♪

 

Mr.スー「うわぁ、、何だか僕もノッてきましたァ〜。」

 

 

仙「ウホホッ、薬膳酒は薬膳の中でも大変重要な位置付けじゃ。何しろアルコールを使って薬効成分を抽出するのじゃから、食事として摂るよりも効き目が速く、体質改善や、健康増進、様々な病気の予防にも、大いにその力を発揮する。毎日飲めば、歌って踊りたくなる事間違いなし❗️じゃ。」

 

Mr.スー「なんと壮大な薬膳酒ワールド、、体がウキウキしてきて、、踊り出したい気分です♪  Ah この気持ち、このエモーション、誰かに伝えたい、共有したい、、。」

 

  ♪  C’mon , baby  薬膳酒〜
         C’mon , baby  薬膳酒〜〜 ♪ ♪ 

   

 

ピッ‼️

Mr.スー「そうだ‼︎ あの、この薬膳酒で、『利き酒』なんて、どうでしょうか?」

仙「薬膳酒の利き酒?おぉおぉ、それは面白いのう。『利き酒』ならぬ『効き酒』じゃ。」

 

Mr.スー「薬膳酒のティスティング、、これは面白い!」

 

ぺ「あ、じゃあ、体質、、『体質』についてのお話も混ぜて、、陰虚体質、とか、痰湿体質とか、。」

Mr.スー「体質、、ですか。では、どうでしょう、このブログを読んでくださってる皆様や、或いは薬膳に興味がある方に集まって頂いて、、そこで、皆さんの体質をヒアリングするんです。」

仙「ふむ。」

 

Mr.スー「そして、、薬膳酒のティスティングをしながら、、それぞれの体質にあった薬膳酒を漬ける、。」

仙「おぉ、なかなか楽しそうじゃ。」

 

ぺ「『あなたの体質悟って里コン』じゃなくて『あなたの体質、ヒアリングして薬膳酒』ですね。」

Mr.スー「はい。やりましょう!仙人さん、ぺんたんさん‼︎ 僕たちもユニットを組んで、歌って踊りましょう。薬膳酒のLa La Land で、薬膳酒のセッションを〜〜‼️」

 

 

 

  ♪  C’mon , baby  薬膳酒〜
          C’mon , baby  薬膳酒〜〜 ♪ ♪ 

 

 

 

 

 

 

菊花酒

【 立法: 清肝明目 ・疏風清熱 】

材料

菊花(乾燥)5g (生の場合は10g)

ホワイトリカー300ml

この割合でお好きなだけ

 

 

作り方

  1. 瓶を熱湯消毒する。
  2. 瓶に菊花を入れ、ホワイトリカーを注ぐ。
  3. 冷暗所で1週間おき、濾過する。
  4. 1日20ml、ストレート、ロックで飲む。
  5. 目のトラブルが多い方は枸杞子酒とブレンドして飲むと効果がより高まる。

 

 

【 効能 】

  • 疲れ目・目のかすみ・充血
  • 頭痛・喉の痛み
  • 高血圧
  • のぼせ・ほてり
  • 花粉症
  • 風邪予防

 

 

 

仙人問答 

 

 

ぺ「仙人、、私たち、もうノリノリになってしまってMr.スーからの提案をお受けはしましたが、、、はたして、こんな『単線・無人駅』の田舎に来てくださる方があるのでしょうか、、、。」

仙「ウハハハハ~案ずることは無い、訪れて下さる方があれば一緒に楽しむ、、ただそれだけじゃ。」

ぺ「はい、、。」

仙「旅か、、じゃからのう。」

 

“   旅しておいで

        旅しにおいで

           ささやかな時間を重ね合わせて  ”

 

 

 

ぺ「と言う事で皆様、TABICA 創業者のMr.スーからお誘いを頂き、

 

『薬膳でセルフケア!ティスティングして、体質にあった薬膳酒を漬けよう!』

というワークショップを開催する事に致しました(^^)

 

 

「おいおいぺんたんしょうがねぇな、、誰も来ないと可愛そうだから行ってやるか。」

「そうね、時間潰しに行っても良いわよ。」

「薬膳酒のティスティング、、面白そうだし  ♪ ♪ 〜

「旅のついでに寄ってみますか、。」

 

などと思って下さった方は、こちらからお申込み下さい。↓

なんでも初開催特典として、先着5名様は30%オフになるそうです。

 

 

tabica.jp

 

 

このブログではご紹介していない薬膳酒も揃えまして、皆様のお越しをお待ちしております

m(_ _)m

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!