薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

抗がん『最強の野菜スープ』に挑む

 

   抗がん剤研究者の本を読んで

     〜夏の読書感想文〜

 

 

パラパラ

  ふむふむ

 

パラパラ

  なるなる

 

ヒュヒューン

 

仙「ぺんたんよ、戻ったぞ。」

ぺ「あ、お帰りなさい、仙人、。」

 

パラパラ

 

 

仙「何を読んでおるのじゃ、ぺんたん、。」

ぺ「へへ、、前から気になってた本、図書館で借りてきたんです。これ、、。」

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

前田 浩著

 

仙「ほぉ、これは又、、凄そうな本じゃ。」

ぺ「抗がん剤の研究で有名な、熊本大学名誉教授の前田浩氏が書かれた本なんです、。」

仙「抗がん剤、、。」

ぺ「抗がん剤研究者が薦める最強の野菜スープ、、なんて、気になるじゃないですかぁ。」

 

仙「『がん』か、。がんは中医学の古典にもでてくるのじゃぞ。後漢の時代では『瘤は腫れる固まりの病気』とあり、隋の時代には『石癰は、乳房にある小さな塊で、、』とあり、『石癰・瘤・岩・癌』などの病名で呼ばれていたのじゃ。」

ぺ「そ、、そんな古くから、、。」

 

仙「そうじゃ、その癌に良い最強のスープ、。よし、先ずは、作ってみるとするか、。」

ぺ「はい!えーっと、野菜を4〜6種類入れて、水で30分以上煮込む、、。」

 

トントン

   トントン

       トントン

 

グツグツ

  グツグツ

    グツグツ

 

 

ぺ「出来ました。これが、抗がん最強の野菜スープ  です‼️」

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

抗がん・最強の野菜スープ

 

 

仙「ふむ、、これがこの本の通りに作った野菜スープか、。」

ぺ「はい、野菜300g、水900cc、、。あ、でもひとつだけ、違います。」

仙「ひとつだけ?」

ぺ「はい、本では普通のお水で作ってあるんですが、私は昆布水で作りました。」

仙「おぉ、昆布水とは、良いのう。昆布は薬膳学では『がん』に良いと言われておる食薬じゃ。どれ、、」

 

ごく

  パクッ

 

ぺ「私も、、」

 

ゴクっ

 パクパクッ

 

仙「野菜の甘さが良く出ておるのう、昆布の旨みも、、。」

ぺ「はい、調味料は何も使わないで、と書かれていたので、そのままの野菜の味です。」

 

ごくっ

仙「これが最強野菜スープ、か、。」

ぺ「はい、飲みにくい場合は『ミキサーにかけてポタージュにしても良い』と書かれていました。或いは、『少量の醤油、岩塩、味噌、カレー粉、黒胡椒等で変化を持たせる』とも、。」

 

ごくっ

仙「飲みにくくはないのう、。」

ぺ「はい、薬膳も薄味ですから、こういう味には慣れています。」

 

仙「というか、、こういうスープはいつも飲んでおるのう。」

ぺ「そう言えばそうですね、。あんまり単純だから薬膳講座では取り上げてませんが、。」

仙「この野菜スープに、、陳皮や枸杞子、ごま油を足せば、いつも通り、普段飲んでおるスープじゃ。」

ぺ「確かに、、という事は、私たちはもう最強野菜スープを飲んでいた訳ですネ。」

仙「そうじゃな。」

 

 

 

 

 

 

最強の野菜スープ

出来上がり800〜900ml

今回使った野菜

玉ねぎ、にんじん、大根、小松菜、パプリカ(赤)、じゃが芋・・300g

昆布水900ml

* 野菜(4〜6種類):水 = 1: 3

 

 

作り方

  1. 全ての材料を角切りにする。(にんじん、大根は皮ごと使う)
  2. 鍋に昆布水と1を入れて火にかける。
  3. 沸騰直前で火を細め、弱火で30分以上煮る。
  4. 余った分は冷蔵、又は冷凍保存する。

*野菜スープは1日に1〜2回飲む、1回の分量は250〜300ml 

*ベーコン・肉類は入れず、野菜だけのシンプルなスープを作る。

 

 

*昆布水の作り方はこちら 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

玉葱  理気

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/脾、胃、肺、心

[働き]⑴健脾理気 食欲不振、下痢

    ⑵和胃消食 げっぷ、吐き気、胃もたれ

    ⑶発表通陽 発熱、悪寒

 

にんじん  養血類

[性味/帰経 ]  平(微温)、甘/肺、脾、胃、肝

[働き]⑴養血明目益肝 血虚による目の乾燥、かすみ、視力低下

    ⑵斂肺止咳 咳、咳痰

 

馬鈴薯  補気

[性味/帰経 ] 平、甘/ 胃、大腸

[働き]⑴補気健脾  脾気虚の疲れ、胃痛、吐き気、嘔吐、便秘

 

小松菜  滋陰類

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/肺、肝、胃、大腸

[働き]⑴養陰潤燥 腸燥便秘

    ⑵利肺止咳 風寒の咳、肺虚の喘息、咳

 

パプリカ(ピーマン) 温裏類

[性味/帰経 ]  熱、辛/心、 脾

[働き]⑴温中散寒 脾胃虚寒による脘腹冷痛、嘔吐下痢

    ⑵開胃消食 食欲不振、消化不良

 

大根 消食類

[性味/帰経 ]  涼、辛、甘/肺、胃

[働き]⑴順気消食・下気寛中     食積脹満、嘔吐、吐き気、下痢、便秘

         ⑵清化熱痰     肺熱咳、痰多、痰黄、声がれ

         ⑶散瘀止血 喀血、吐血、鼻血

 

昆布  化痰

[性味/帰経 ]  寒、鹹/ 肝、胃、腎

[働き]⑴消痰軟堅 瘰癧(るいれき)、肝腫、脾腫、睾丸の腫大疼痛

         ⑵行水消腫 水腫、げっぷ、血便、脚気、浮腫

 

 

 

 

 

【 本文中の推奨材料 】

基本 :玉ねぎ、にんじん、キャベツ、カボチャ、セロリ、セロリの葉、トマト

春: 玉ねぎ、にんじん、キャベツ、カボチャ、クレソン、小松菜

夏: 玉ねぎ、にんじん、キャベツ、カボチャ、トマト1個

秋: 玉ねぎ、にんじん、キャベツ、蓮根、ごぼう、さつまいも

冬: 玉ねぎ、にんじん、キャベツ、大根、ブロッコリー

 

 

 

 

 

仙人問答

 

 

ぺ「仙人、文中でおススメされてる基本&季節の材料も書いてみました。」

仙「ふむ、共通で入っているのは『玉ねぎ、にんじん、キャベツ』じゃな。」

ぺ「薬膳で考えるなら、玉ねぎは理気類、にんじんは養血類、キャベツは補気類、、。」

仙「つまり、気を補い、血を養い、気を巡らせる。」

ぺ「おぉ、、すご〜い。気血を補って巡らせる、なんて、完璧じゃないですかー。」

 

仙「今日、ぺんたんが作ったスープは、気を補うじゃが芋、気を巡らせる玉ねぎ、血を養うにんじん、体を温めるパプリカ、消化を良くする大根、、じゃな。」

ぺ「はい、『季節の野菜を使うと良い』と書いてありましたが、この基本の『玉ねぎ・にんじん・キャベツ』に旬の野菜を足すと良い組み合わせになるでしょうね。」

仙「そうじゃな、。あとは色をいろいろ、青(緑)、白、赤、黄、黒(紫)、。」

ぺ「それに、根菜と葉菜のバランスを良く、、ですね。」

 

 

仙「ところでぺんたんよ、この野菜スープが何故抗がんに良いのじゃ?」

ぺ「あ、ハハハ、、そうですよね、そこ重要、。」

 

仙「野菜を4〜6種類組み合わせ、スープにして毎日飲む。」

ぺ「はい、簡単に説明すると、、それは、野菜に含まれる抗酸化物資なんです。」

仙「抗酸化物資、。」

 

ぺ「はい、『活性酸素』なるものが、ガンの元凶となるので、その活性酸素を消去する強力な抗酸化作用を持っている野菜をたくさん摂る事が、ガン予防又はガンの成長を遅らせる効果がある、、という事なんです。」

仙「ふむ、老化の原因にもなる『活性酸素』、じゃな、。」

 

ぺ「はい。そして、野菜を生で食べるよりスープにして煮出した方が、抗酸化物資がスープに溶け出し、抗酸化作用が10〜100倍強くなる、、という事なんです。」

仙「ほぉ、、10〜100倍、、とは。」

 

ぺ「はい、それに多種類の野菜を合わせる事で、異なる抗酸化物質をバランスよく摂取できて、、。」

仙「効果、アップ、アップ ⤴️ という訳じゃな。」

ぺ「はい、野菜スープの効用として、次のように書かれています。」

 

 

【 がんに対する野菜スープの効用 】

  • 活性酸素を消去してがんを予防する
  • 活性酸素を消去してがんを抑える
  • 発がん物質を解毒する
  • 免疫力を高める
  • がん治療の副作用を抑える

 

 

ぺ「それから、その他に、効果的な食品も、、。

 

活性酸素を消去する その他の効果的な食品 】

  • 果物
  • 豆類(小豆・黒豆・緑豆・大豆)
  • キノコ類
  • お茶
  • コーヒー(1日3杯程度で効果あり、1、2杯では効果は不明)

 

 

 

仙「薬膳でも良く扱うものばかりじゃ。」

ぺ「はい、本当に、。『活性酸素』消去する力がある野菜スープは、がん予防だけでなく、アンチエイジング・高血圧・糖尿病・脂肪肝・メタボ・白内障・などにも良い、と書かれていました。」

 

仙「ふむ、こういう何気ないシンプルなスープで、しっかりと予防することが大切じゃな。」

ぺ「はい、著者も、、『抗がん剤研究をしながら、いかに治療が進歩しようとも予防が一番大切。』と、。」

 

仙「予防、、『未病を治す』、まさに中医学・薬膳学の世界じゃ。ぺんたんよ、夏休みの良い勉強になったのう。」

ぺ「はい!」

 

 

 

*「未病」のお話はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

中医薬膳学・がんに良い食薬 】

  • 新鮮な野菜(にんじん・キャベツ・カリフラワー・椎茸・キクラゲ・トマト・アスパラガス・カボチャ・大根・玉ねぎ・セロリ・ほうれん草・白菜・ニンニク等)
  • 昆布
  • 海苔
  • 穀類
  • 豆類
  • 芋類
  • 果物

 

【 節制すべきもの 】

  • 古い落花生
  • 油脂
  • ハム
  • 炭焼肉
  • 熱い食事
  • 多量の酒
  • カビがはえた食品

 

 

 

 

 

ぺ「今までに作った薬膳スープも書き出してみました。症状・季節に合わせてお楽しみください。」

 

 

 

 

【 薬膳スープ 】(リンクが貼ってあります)

 

 

 

イチジクのキッシュ風でスリム&ビューティ

 

   心も体も 潤いが大切 ♡

 

 

 

サッ

   サササッ

 

パッ

  パパパッ

 

 

ヒュヒューン

 

仙「ぺんたんよ、大漁じゃ、イチジクが大量じゃ。」

 

ごろッ

 ごろごろごろッ

 

ぺ「わ、ほんと、、美味しそう〜〜。」

仙「皆を呼べ、今日はイチジクで薬膳講座じゃ。」

ぺ「はい!」

 

 

 

仙人の薬膳講座

 

 

わいわい 

   ガヤガヤ

 

仙「皆、よく集まってくれたのう。おぉ、夏休みとあって、今日はお若いお嬢さんが多いのう。」

講習生たち「今日は母の代わりに来ました。よろしくお願いしまーす!」

 

ウキウキ

 ニコニコ

 

 

仙「ふむ、今年の夏は異常な暑さではあったが、暦の上ではもう秋じゃ。」

 

皆「え、、もう秋、、? まだまだ暑いのにぃー。」

仙「ふむ、立秋も過ぎたからのう。そこで今日は採れたてのイチジクで残暑の薬膳を作るとしよう。」

皆「はーい。」

仙「体を潤し、便秘を改善する薬膳じゃぞ。」

皆「えーっ、、便秘ーっ、、」

仙「腸を潤し、お肌を潤し、喉を潤し、心も潤す。」

皆「わーッ、潤い美膳ーー!」

 

キャハキャハ

  ギャハギャハ

 

 

 

ぺ「それでは作ります。まず、イチジクを洗います。皮も使うので、綺麗に洗って下さい。」

皆「はーい」

 

ゴシゴシ

  キュキュッ

 

ぺ「イチジクの切り方は器に合わせてお好きなように切って下さい。今日は6等分に切りますね。」

 

ザクッ

  ザクッ

    ザクッ

 

ぺ「卵をよーく溶いて、そこに牛乳と半量のチーズ、そして塩胡椒を入れて混ぜます。」

 

シャシャシャッ

  シャシャシャシャッ

 

ぺ「さ、あとはイチジクを並べて、卵を流し入れ、チーズをのせて、。」

 

パラッ

  パラパラッ

 

ぺ「これで、オーブントースターでます。途中、焦げつかないようアルミホイルをかけます。」

 

ジー

   ジージー

      ジージージー

 

チーン

 

ぺ「はい、焼き上がりました。パセリを散らして、出来上がり。」

 

パラパラッ

 

 

ぺ「完成、イチジクのキッシュ風  です。」

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

便通を良くするイチジクのキッシュ風

 

 


皆「うわ、とっても簡単!」

皆「なのに豪華に見える〜〜。」

 

パシャっ

皆「映え〜〜、、インスタ、、投稿しちゃおうっと、、」

 

シューン

 

仙「バエ?シューン?なんじゃ?何が飛んだ?ハエはおらんぞ、、。」

 

クスクス

 

 

ぺ「さあ、皆さん、熱いうちに召し上がって下さい。」

皆「はーい。」

 

パク

   パクッ

 

皆「うわっ、、イチジクの甘みが、、美味しいー。」

皆「ほんと、チーズとの絡みも、、いい感じ♡」

皆「あ、なんか、赤ワインとか、、飲みたくなっちゃう。」

皆「彼氏に作ってあげようっと、。」

 

わいわい

   パクパク

 

仙「今日の薬膳は『キッシュ』ではなく『キッシュ風』じゃ、パイ生地や、タルト生地は使ってはおらんからのう、それなりにヘルシーじゃぞ。」

皆「うわぁーー、嬉しい〜〜、いっぱい食べちゃおうーっ。」

 

キャッキャッ

    パクパク

 

 

イチジクのキッシュ風

【 立法 : 潤腸通便 】

材料(2人分)

イチジク2個、

卵2個、牛乳1/2カップ、塩ひとつまみ、胡椒

ピザ用チーズ50g、パセリ、バター

 

 

 

作り方

  1. イチジクは綺麗に洗って、ヘタだけを取り6等分する。(皮はむかない)
  2. 卵をときほぐし、牛乳、チーズの半量を入れ、塩胡椒を入れて混ぜる。
  3. 耐熱容器にバターを塗りイチジクを並べ、2を流しこむ。
  4. 3に残りのチーズをのせ、オーブントースターで12、3分焼く。
  5. 焦げないようにアルミホイルをかけて更に12、3分焼く。
  6. 中まで焼けたら取り出し、みじん切りにしたパセリを散らす。

 

 

 

 

無花果(イチジク)  瀉下類(しゃげるい)

[性味/帰経 ] 平、甘/ 小腸、大腸、膀胱

[働き]⑴健脾益胃・通便 食欲不振、下痢、便秘

         ⑵潤肺止咳 咳、痰

         ⑶消腫解毒 喉の痛み、声嗄れ、痔の腫れ

 

玉子   滋陰類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 肺、心、脾、肝、腎

[働き]⑴滋陰潤燥 空咳、口渇

         ⑵清咽開音 目赤、声嗄れ、発声困難、のどの痛み

         ⑶養血安胎 不眠、多夢、めまい、精神不安、胎動不安

 

牛乳  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、/心、肺、胃

[働き]⑴生津潤膚  口渇、消渇、盗汗、痒み、皮膚乾燥、便秘

    ⑵補肺益胃  虚弱、疲れ、微熱

 

チーズ  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、酸/肺、肝、脾

[働き]⑴養陰補肺  微熱、口渇、喀血、空咳、皮膚の痒み

    ⑵潤腸通便  腸燥便秘

 

 

 

*イチジクを使った薬膳はこちら

 

『イチジクのリーフサラダ』

senninlife.hatenablog.com

 

 

『秋のフルーツティ』

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、、今日はいつもより賑やかで華やかでしたね。」

仙「そうじゃのう、皆、ニコニコわいわい、、楽しそうじゃった。」

ぺ「はい、今日の薬膳もとってもウケてましたよ。」

仙「ほぉほぉ、、体を潤し、便通を良くする薬膳、、若い女子にも大切じゃ。」

ぺ「はい、便秘はむくみや肌荒れに繋がりますからね、腸をスッキリさせてスリム&ビューティ♡」

 

仙「ふむ、、。ところでぺんたんよ、、あの『映え〜』とか言っておったのはなんじゃ?」

ぺ「あ、あれは、インスタグラムと言って、写真を投稿するんです。旅行の写真や料理の写真、彼氏とのツーショットとか、、。」

仙「おぉ、それは面白そうじゃ、、、仙人界にも、、良し、出かけてくる。」

ぺ「え?」

 

ヒューン

 

 

 

ゴーヤのマリネで大人も夏休みしましょ ♪

 

   夏バテ・視力回復に良い薬膳

 

 

トコトコ

 

ぐぃ〜

 

 

ヒヤ~~ン 

ぺ「ほ、やっぱ蔵の中は涼しい、、。」

 

キョロキョロ

 

ピ ピピカ

 

ぺ「あ、微かに光ってる、、。」

 

トコトコ

 

ぺ「あった、びわ酒、、まだちょっと光が弱いから、、もうちょっと漬けておいた方がいいんだけど、、。」

 

ドボドボ

   ドボドボ

 

ぺ「へへ、ちょっとだけ頂いて、、。」

 

ぐぃ~~

 

 

タッタタッタ

   るんるん るんるん

 

 

ぎぃ〜

 

ぺ「マスター、、こんにちはー。」

マスター「いらっしゃいませ、ぺんたんさん、お待ちしていましたよ。」

ぺ「うふふ、。今日はお誘い、ありがとうございます。」ペコッ

マスター「いえいえこちらこそ、夏祭りの折にはお手伝い頂きありがとうございました。」ペコッ

 

二人「アハハハー」

 

マスター「明日からまた、忙しくなりそうなので、今日1日が僕の夏休み、、なのです。」

ぺ「お盆、、ですものね。帰省客も大勢みえるだろうし、夏祭りの『緑豆とはと麦のフルーツ白玉ぜんざい』も好評だったので、リピーターも押しかけると思いますよ。」

マスター「そうですね、そう思って今、緑豆とはと麦を煮ています。」

 

グツグツ

  グツグツ

 

 

ぺ「お休みの日も仕込みなんですね、。それなのに、、お招き頂き、、なんか、申し訳ない、です。」

マスター「いえ、僕がぺんたんさんとノンビリ過ごしたかったので、。」ニコッ

 

ぽっ

 

ぺ「あ、あのマスター、、これ、びわ酒です。そろそろ飲み頃になってきたので、。」

マスター「それはありがとうございます。では、このびわ酒にあわせて、、何かおつまみを作りましょう。」

ぺ「え、あ、じゃあ、、私が、、私が作ります!えーっと、、何を作りましょうか?」

 

マスター「ほら、ぺんたんさん、、あれ、。」

ぺ「え?」

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

白ゴーヤ

 

 

 

ぺ「あ、お店の窓の、緑のカーテン、、」

マスター「はい、今年も成りましたよ、白ゴーヤ。」

ぺ「わかりました、では、白ゴーヤを使った残暑の薬膳、、任せて下さい!」

 

 

トントン

    トントン

 

シャシャシャ

   シャシャシャ

 

サッサッ

ぺ「軽く混ぜ合わせて、。」

 

ぽん

  パタン

 

 

ぺ「あとは、、冷蔵庫でちょっと寝かせます。しばらくお待ちください。」

マスター「はい。」ニコッ

 

 

 

ぺ「えーっと、そうだ、、お皿を、、、」

マスター「はい、これどうぞ、ゴーヤにはゴーヤのお皿、。」

ぺ「へぇ、ゴーヤのお皿、、良いですねー。」

 

ササッ

マスター「それからぺんたんさん、よかったらこれも使って下さい、ルッコラ、、。」

ぺ「わぁ、美味しそうに育って、。ではゴーヤのお皿にルッコラをのせて、それから、ゴーヤと、、。」

 

サッサッ

    サササッ

 

 

 ぺ「はい、お待たせ致しました。 ゴーヤとホタテの赤紫蘇マリネ & びわ酒 です。」

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

夏バテ・視力回復にゴーヤとホタテの赤紫蘇マリネ

 

 

 



 

マスター「わぁ、、凄く美味しそうです。」

ぺ「へへ、、。」

マスター「ぺんたんさん、ホタテがほんのり赤くて、ピンク色ですよ。」

ぺ「はい、赤紫蘇酢でマリネしたんです。」

マスター「それは、ステキなアイデアだ。」

ぺ「マスター、どうぞ召し上がって下さい。」

 

マスター「では、びわ酒で乾杯しましょう。」

ぺ「はい、、。」

マスター「2人の夏休みと、ゴーヤとホタテのマリネに、、カンパイ❣️」

ぺ「カンパイ

 

 

チュリーン 

 

 

 

 

ゴーヤとホタテの赤紫蘇マリネ

【 立法: 清熱止渇滋陰 】

材料(2人分)

ゴーヤ50g、ホタテ6個、玉ねぎ1/8個、パプリカ1/8個、

レモンスライス2枚、

赤紫蘇酢大さじ2(又はワインビネガー)、オリーブオイル小さじ1、胡椒

 

 

 

作り方

  1. ゴーヤは種とワタを取り、薄切りにして水に晒す。
  2. 玉ねぎ、パプリカも薄切りにし、玉ねぎは水に晒す。
  3. レモンスライスは粗みじん切りにする。
  4. ホタテは半分にスライスする。
  5. ゴーヤと玉ねぎの水気を切り、紫蘇酢とオリーブオイルを入れた容器に材料を全て入れ、胡椒をふり、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。

 

 

 

 

苦瓜  清熱瀉火類

[性味/帰経 ]  寒、苦/ 心、脾、胃

[働き]⑴清暑止渇 熱病の発熱、口渇、発汗

    ⑵清肝明目 口苦、目赤、熱毒腫瘍

*注意:冷え症・低血糖の場合は多食しない

     

帆立貝  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、鹹/ 肝、脾、胃、腎

[働き]⑴滋陰補虚 陰虚のめまい、口渇、小便不利

         ⑵調中開胃 消化不良、食少、倦怠

 

玉葱  理気

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/脾、胃、肺、心

[働き]⑴健脾理気 食欲不振、下痢

    ⑵和胃消食 げっぷ、吐き気、胃もたれ

    ⑶発表通陽 発熱、悪寒

 

パプリカ(ピーマン) 温裏類

[性味/帰経 ]  熱、辛/心、 脾

[働き]⑴温中散寒 脾胃虚寒による脘腹冷痛、嘔吐下痢

    ⑵開胃消食 食欲不振、消化不良

 

 

 

 

*赤紫蘇酢の作り方はこちら

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

枇杷酒の作り方はこちら

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

*高血圧・糖尿病予防に良い「ドライゴーヤ、ゴーヤ茶」の作り方はこちら

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

 

パクパク

 

マスター「とっても美味しいです。ゴーヤの苦味とホタテの甘みが上手くからんで、。」

ぺ「ふふ、、大人の味ですね。」

 

 

パクパク

 

マスター「大人の薬膳、、。」

ぺ「はい、大人も色々疲れますから、、。ゴーヤで熱を取り、ホタテで潤いを、、です。」

 

マスター「そう言えば古典にはこんな風に書かれていますね。『ゴーヤは 悪い熱を取り、疲れを癒す。』そして『視力を回復させる』。」

ぺ「はい、だから、滋陰効果のあるホタテと一緒に使えば、陰液を補って、益々視力回復に役立つ、という訳です。」

マスター「さすがぺんたんさん、現代の大人にぴったりの薬膳です。」

ぺ「うふふ、。」

 

 

マスター「あ、何か音楽でもかけましょうか?」

ぺ「は、はい、、ぜひ、。」

 

マスター「では、、今日はこの曲で、『ワッフル ワンダフル』。」

 

 

 

 ~~  ♪  ♪  ~~

 

 “   笑ってる  笑ってる  

          朝も 昼も 夜も

   甘いワッフルを 頬ばって

         僕等はずっと 笑ってる

 

   二人きり  二人きり

       川に月が浮かぶ

   レンブラントの歌うたいは

        知らない言葉で歌う

 

   ダーリン  ダーリン

        このまま  ここに居ようか

   ダーリン  ダーリン

        出会った頃のキスをしよう     ”

 

 

    ~~ ♪  ♪  ~~

緑豆&はと麦ぜんざいで、暑&湿をやっつける!

 

   シミ・できもの、 夏のお肌のトラブルにも

 

 

 

シュルシュルシュル

   パン パン パーーーッン

 

 

ゾロゾロ

    わさわさ

 

ぺ「うわぁ、、すごい人、、。仙人社の夏祭り、、賑わってるわー。」

 

キョロキョロ

ぺ「仙人、、何処かなぁ、、」

 

キョロキョロ

ぺ「あれ?なんだろ、あそこ凄い人だかり、、行列ができてる、、。」

 

トコトコ

   トコトコ

 

 

マスター「ぺんたんさーん、、」

 

ぺ「あ、マスター、、。」

 

タタタッ

 

マスター「ぺんたんさん、すいません、ちょっとお手伝いお願いできますか?」

ぺ「あ、はい。」

マスター「仙人からお願いされて、夏祭りに出店したんですが、、もうすごい人で、、。」

 

ゾクゾク

   ゾロゾロ

 

客1「マスターが出店されるって聞いたので、みんな楽しみにしてたんですよ、ほら、以前、えーっと、」

客2「黒ごま茶、、ね、あれ、美味しかったわー。」

マスター「はい、ありがとうございます。」

客3「それで、今日は何かしら?」

マスター「はい、今日は夏にぴったりの『緑豆とはと麦のフルーツ白玉ぜんざい』をご用意致しました。」

  

  

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

暑・湿をやっつける緑豆&はと麦ぜんざい

 

 

客達「うわー、これねー、美味しそう。」

 

ウキウキ

   ニコニコ

 

マスター「暑さを和らげ、夏のお肌の調子を整えるんです。」

客4「まあ、嬉しい、。すっかり日焼けしてしまっているので、。」

マスター「はい、日焼けによるシミにも良いですよ。グシュグシュのできものとかにも、。」

 

客4「では、3人分、お願いします。」

客1「私は2人分、」

客2「私は5人分ね、」

マスター「あ、はい、ただいま、。」

 

くるくる

  ポン  ポン ポン

 

ぺ「はい、お待たせしました、3人分の方、。」

ぺ「はい、お次は2人分、、。」

 

客たち「美味しいわー、涼しくなる、。」

客たち「甘みも優しくて、、お団子も美味しい、。」

 

くるくる

  ポン ポン ポン ポン ポン

 

マスター「はい、5人分の方、お待たせ致しました、。」

 

ゾロゾロ

  わさわさ

 

 

シュルシュルシュル

   パン パンパーーーッン

 

 

 

 

緑豆とはと麦のフルーツ白玉ぜんざい

【 立法 :健脾清熱祛湿】

材料(2人分)

緑豆30g、はと麦20g、水500cc、

甜菜糖25g、塩ひとつまみ

 

《白玉団子》

白玉粉60g、水55cc前後

 

フルーツ(スイカ、パイナップル、バナナ等)適宜

 

 

作り方

  1. 緑豆とはと麦を洗い、分量の水を入れてひと晩、又は半日おく(冷蔵庫)。
  2. 1を火にかけ、沸騰したら弱火にして30分〜40分煮る。
  3. 白玉団子を作る
  4. 2が煮えたら砂糖を入れ更に10分ほど煮込み、塩ひとつまみを入れて混ぜ、火を止める。
  5. フルーツを適当な大きさに切る。
  6. 4が冷めたら器に盛り、白玉団子、フルーツを飾る。

 

*白玉団子の作り方はこちら

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

緑豆  清熱解毒

[性味/帰経 ]  涼、甘/ 心、胃

[働き]⑴清熱解毒 各種瘡瘍腫毒、食中毒、薬物中毒

         ⑵清暑利水 煩渇、水腫、消渇

 

薏苡仁(よくいにん、はと麦)  利水滲湿類

[性味/帰経 ] 微寒、甘、淡/ 肺、脾、胃

[働き]⑴利水滲湿 むくみ、下痢、かっけ、四肢痙攣

    ⑵健脾補肺 咳、痰多、胸の痛み、食欲減少

         ⑶清熱排毒 皮膚の化膿症

 

白玉粉(もち米)  補気

[性味/帰経 ] 温、甘/ 脾、胃、肺

[働き]⑴補中益気・健脾止瀉 脾胃虚弱の疲労、食少、めまい、下痢、頻尿

         ⑵固表止汗 肺気虚の自汗、風邪を引きやすい

 

西瓜  清熱瀉火類

[性味/帰経 ]  寒、甘/ 心、胃、膀胱

[働き]⑴暑熱出汗、身熱、目赤腫痛、喉の痛み

    ⑵口内炎、口渇

    ⑶尿短赤、血尿、排尿時の熱感

 

パイナップル  攻下類(こうげるい)

[性味/帰経 ] 平(微寒)、甘、微酸/ 胃、膀胱

[働き]⑴清熱通便 熱性便秘、肥満

 ⑵健脾和胃・消食止瀉 痰多い、消化不良、食積の下痢

 ⑶消腫祛湿 むくみ、尿の出が悪い、咳、痰多い、喘息

 ⑷清熱解暑 熱射病、暑気あたり

 

 

 

 

マスター「ぺんたんさん、、本当に助かりました。ありがとうございます。」

ぺ「いえ、楽しかったです、スイカくり抜くの面白くって、、。」

 

マスター「沢山仕込んで持ってきたのに、、あっという間に売り切れてしまいました。」

ぺ「はい、やはりマスターの人気はすごいですネ。それに、緑豆はと麦ぜんざいも好評でした。」

 

マスター「はい、緑豆やはと麦は、その茹で汁に効能があるので、浸けた水のまま、茹でて煮るのが良いのです。」

ぺ「確か、、中国ではシミ対策にって、、はと麦の煎じ汁を飲むのですよね。」

マスター「はい、緑豆も同じで、喉の渇きの激しい時などに煎じて飲むのです。解暑だけでなく、解毒作用もあるのでグシュグシュしたデキモノにも良いですしね。」

ぺ「茹でこぼしたり、お水を入れ替えてしまったり、、はダメですよね。」

マスター「ええ、薬膳ではなくなってしまいますから、。」

ぺ「ふふふ、、私は『はと麦化粧水』を愛用してるから、、シミ対策もバッチリ!ローゼル入りだし、、。」

 

 

ゴソゴソ

  サササッ

     ポン  ポン

 

マスター「ぺんたんさん、これ、僕たちの分、とっておいたのです。」

ぺ「わ、緑豆はと麦ぜんざい、、嬉しい、、実はとーっても食べたかったんです。」

 

パク

   パクパク

 

ぺ「んん〜〜、、美味しい〜〜、、緑豆の甘みが、、。」

マスター「はい、フルーツとの相性も良くて、。」

 

モグ

   モグモグ

 

ぺ「お団子も、モチモチ〜〜。」

マスター「はい、美味しいですね。あ、ほらぺんたんさん、、花火が、、」

 

 

 

シュルシュルシュル

  シュルシュルシュル

     

    パン パンパーーーッン

        パンパンパーーーッン

    

 

 

 

月刊仙人life 7月号 2018

 

 

 

     酷暑の7月 

 

 

皆さま、こんにちは、ぺんたんです。

 

朝、テレビをつけると、アナウンサーがか細〜〜い声で話していて、、

聞こえない、、。

ボリュームボタンを操作してみると、、あれ?おかしい、いつもと同じボリューム。

なのに、、聞こえない、、。

耳が、、私の耳に異常が、、?

 

いえいえ、、庭の蝉の声がハンパなく凄まじくて、、

テレビの音もかき消してしまうのです。

 

そんな7月を振り返って・・・

 

 

 

 

 

抹茶を楽しむ

 

 

連日の高温注意報、熱中症のニュース

そうなれば、スイカ、メロン、緑茶、ココナッツだわ、、という事で、メロンジュース抹茶そうめんココナッツミルク煮などの夏の薬膳を作ってみました。

と、言っても、抹茶を使ったメニューはこのところずーっと取り組んでいたものなんです。

 

「日本に旅行しようと計画してる海外の人ってね、必ずmatcha (抹茶)の事を聞いて来るんです。」と、以前Aさんから聞いた事があったので、そうなんだ、じゃあ私も何か抹茶を使った薬膳を作ってみようかな、とあれこれ考えて作っていました。

そして色々作った中で「抹茶そうめん」が一番手軽に出来るメニューとなったので、今月アップしてみたのですが、mikipan(id:mikipan) さんから「抹茶つゆ、火を使わずにできるのもうれしいですね。」とナイスなコメントを頂き、とってもハッピーな気分♡

そうなんですよねー。そうめん、ひやむぎ、ざる蕎麦、ざるうどん、、どれも、食べる人にとっては涼しいお料理ですが、作る人にとっては大量のお湯を沸かすので汗ダクメニューなんです。

だからせめて「つゆ」は火を使わずに、、と、昆布水と合わせた訳ですが、そんな私の気持ちを察して下さったmikipanさん、、うぅッ、こういう些細な事に気づいて頂けるって、最高に嬉しいんですよね、mikipanさんありがとうございます。

昆布水を使う事で塩分補給にもなり、熱を取る抹茶とのコンビネーションはまさに酷暑にぴったり!なんです。

 

ただ、気をつけなければいけないのは、抹茶は味の個性が強いので、上手に使わないと、素材の味を全て殺してしまいます。

「抹茶」・「カレー」・「ゴマだれ」

困った時の必殺ワザにもなります。料理が苦手な人にとっては超お助けアイテム。

失敗しそうな怪しげな料理になったら、カレー粉を入れてしまえばどうにかなる、、こんなような事を確か「逃げ恥」でガッキーも言ってましたよね(笑)

 

素材の味を殺す為ではない、抹茶・カレー・ゴマだれの使い方が出来たらイイナ、、と、試行錯誤の毎日です。

 

 

 

自慢の抹茶薬膳がいくつも出来上がったので、Aさんに報告しみると、、

「薬膳の抹茶メニュー??  あぁ、海外の人ってね、みんな、『 matcha (抹茶)=スィーツ 』だと思ってますよ。」

 

そ、そんなぁ〜〜〜(泣)

 

 

 

 

 

 

自然界便り 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
蝉の穴と抜け殻

 

この時期になると、庭にはこんなまあるい穴がボコボコ

蝉の幼虫達が抜け出して、、木を登って行く

見事に脱皮した蝉達は、全ての音をかき消して

夏の声となり、夏の音となり、、

空気の全てを埋め尽くす

 

 

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
ローズマリーの枝で涼むカエル君&枇杷の葉のカエル君



晴れた日は静かに、葉っぱに隠れたり、乗っかったり

雨が近づくと、一斉に始まるカエルの合唱 ♪ ♪

となりの池からは、牛ガエルの大合唱

 バリトン フォルテ  で 大地を揺らす

 

 

 

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

不忍池




急な所用で東京へ

遊ぶ時間など全くなくて

けれど、少しの隙間を縫って抜け出し 不忍池

 

一面に広がるハスの花の

その向こうにそびえ立つ高層ビル群

 あぁ私、、東京に居るんだな

 

 

 

 

 

 

 

 

  編集後記

 

 

ドタバタだった6月に別れを告げ、暑く、ひたすら暑く始まった7月。

パクられ問題からも解放され、ホッとした頃、又、ドタバタへと逆戻り、、。

酷暑、豪雨、そんなニュースの中

上京、台風、停電、、

ブツ、ブツ、、なんだか日常がコマ切れになってしまったような7月、、

なので私の文章も今月は小間切れ、、

いっそミンチにして、捏ねてしまおうか(笑)

 

そんなこんなのこのブログへ

今月も訪れて下さった皆様、新しく読者になって下さった皆様、スター、コメント、ブクマを下さった皆様、本当にありがとうございました。私の方は思うように皆様のブログへお伺い出来ず、申し訳なく思っております。

 

 

8月  August  アウグスティヌス

夏休み だ‼️

ココナッツミルクで暑さ対策

 

 

   豚肉と夏野菜、お豆腐も

 

 

サンサン

   サンサン

 

 

  ブッブー

ぺ「こんな暑い日はもう車しかない、、。」

 

ブォンブォン

 

里「ぺんたんさーん、」

ぺ「あ、里の、、。」

 

キィーっッ

   バタン

 

ぺ「こんにちはー、毎日、すっごく暑いですねー。」

里「ほんとに、、。ねぇぺんたんさん、畑で野菜を採ってきたの、少し、いかが?」

ぺ「わ、ありがとうございます。」

里「オクラ、、と、、パプリカ、なんだけど、。」

ぺ「夏野菜ですねー。」

 

里「これで何か薬膳、出来るかしら?」

ぺ「はい、もちろん。」

里「暑いから、あんまり食欲も無いんだけど、、。」

ぺ「じゃ、暑さ対策にぴったりのココナッツミルクで、。」

里「ココナッツミルク⁈   なんか美味しそうね。」

ぺ「はい、ササッと煮てみます。」

里「煮るの、、?」

 

 

 

〜〜    ・   ・   〜〜

 

 

トントン

   トントン

 

グツグツ

  グツグツ

 

 

ぺ「はい、完成しました。豚と夏野菜のココナッツミルク煮 です。」

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

暑気あたりに良いココナッツミルクで豚と夏野菜煮

 

 

 

里「わぁ、もう出来ちゃった。お豆腐も入って美味しそうねぇ。」

ぺ「麻婆豆腐のようで、実はココナッツミルク煮、、です。」

 

パク

 

里「あ、ココナッツミルクの甘みが、。」

ぺ「ね!」

 

里「なんとなく、南国っぽい味だわ。」

ぺ「今日はシンプルに作りましたが、お好みでレモングラスを入れてもいいですよ。」

里「なるほど、。渇きが潤されるカンジ、、美味しい、。」

 

ぺ「豚肉の代わりにホタテでも美味しいですよ。」

里「あら、それも良さそう。今ホタテが出回ってるものねー。」

ぺ「はい、豚肉よりもっとさっぱりした味になります。」

 

里「ココナッツミルク、、スィーツだけじゃなく、こうして煮込んでも美味しいのね。」

ぺ「はい、ココナッツは暑気あたりや熱中症に良いので、この時期には是非取り入れて下さい。」

里「ありがとう、ぺんたんさん。早速、家でも作ってみるわ。」

 

 

 

 

 

 

豚肉と夏野菜のココナッツミルク煮

【 立法 : 清熱益陰止渇 】

材料(2人分)

豚ひき肉100g、豆腐1/2丁、オクラ4本、パプリカ1/4個、玉ねぎ1/4個、ニンニク1片

ココナッツミルク1/2カップ、水1/2カップ、ココナッツオイル、塩、胡椒、紹興酒大さじ1

 

 

 

作り方

  1. 豚ひき肉は紹興酒と塩少々を入れて捏ね、冷蔵庫で寝かせる。
  2. 豆腐は水を切っておき、1cm 角に切る。ニンニクは薄切りにする。
  3. パプリカは1cm 角に、オクラは2cm に、玉ねぎは粗みじん切りにする。
  4. 鍋を熱してオイルを入れ、ニンニクを炒めて香りが出たら玉ねぎを炒める。
  5. 玉ねぎが透き通ったらひき肉を入れて炒め、パプリカ、オクラを炒める。
  6. 5に豆腐を入れて炒め、水を入れ少々煮込み、塩胡椒で味を整える。
  7. ココナッツミルクを入れ、一煮立ちさせて火を止める。

 

 

 

 

椰子(ココナッツ) 清熱瀉火類

[性味/帰経 ] 果実:平、甘/ 心、脾

[働き]⑴清暑解渇 暑気あたり、のどの渇き、熱中症による発熱、下痢

   ⑵利尿止瀉 むくみ、吐き気、下痢

      ⑶行気消積瀉下 お腹の張り、便秘

その他 胃腸炎、あせも、湿疹(外用)

 

豚肉  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、鹹/ 脾、胃、腎

[働き]⑴滋陰潤燥、益脾補腎、長筋肉、生津液、潤皮膚

 

豆腐   清熱瀉火類(せいねつしゃかるい)

[性味/帰経 ]  寒、甘/ 脾、胃、大腸

[働き]⑴益気和中 肺熱の咳、喘息、食欲不振

   ⑵生津潤燥 消渇、便秘

   ⑶清熱解毒 水腫、麻疹、皮疹、吐血

 

秋葵(オクラ) 消食類

[性味/帰経 ]  涼、辛、苦/肺、肝、胃

[働き]⑴疲労、食少、食欲不振

    ⑵虚性便秘、腹脹

 

パプリカ(ピーマン) 温裏類

[性味/帰経 ]  熱、辛/心、 脾

[働き]⑴温中散寒 脾胃虚寒による脘腹冷痛、嘔吐下痢

    ⑵開胃消食 食欲不振、消化不良

 

玉葱  理気

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/脾、胃、肺、心

[働き]⑴健脾理気 食欲不振、下痢

    ⑵和胃消食 げっぷ、吐き気、胃もたれ

    ⑶発表通陽 発熱、悪寒

 

 

 

*「スイカココナッツ」はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

*「ココナッツミルクでパンケーキ」はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

仙人問答

 

 

 

ウィンウィン

    ウィーンウィーン

 

ぺ「あれ、仙人、、何作ってるんですか?」

仙「ぺんたんよ、ココナッツミルクの使いかけが、放置してあったぞ。」

ぺ「あ、そうだ、、。今日、里の方にココナッツミルクを使った夏の薬膳を作って、。」

仙「それでか、、。」

 

ドボドボ

  ドボっ

 

仙「その残りのココナッツミルクで、ミックスジュースじゃ。」

ぺ「わ、美味しそう。」

仙「バナナにパイナップル、ぶどうも入れて、牛乳とココナッツミルクで、。」

ぺ「いっただきまーす。」

 

ゴク

   ゴクゴクっ

 

仙「美味い!」

ぺ「美味しい!」

  

酷暑に涼を呼ぶ、抹茶そうめん

 

   夏は緑茶だ!

 

 

ヒュヒューーン

 

仙「戻ったぞ、、ぺんたんよ。」

 

シーン

仙「ぺんた~~ん、ぺんた~~、、はるた~~ん、、いや、間違えた、、ぺんた~~ん。」

 

のそっ

ぺ「仙人、、おかえりなさい。」

ボーっ

 

仙「なんじゃなんじゃ、、ボーっとして、。」

 

ぺ「仙人、、暑くて、、もうダメで、す、、。」

バタッ

 

仙「ふむ、確かに暑い、、暑すぎる、、。」

 

むくっ

ぺ「仙人、、、な、なにか、、何か涼しくなるものを、、。」

 

仙「そうじゃのう、、良し!待っておれ、ぺんたん。」

 

 

ササッ

 

仙「見よ、ぺんたん、日本のこころ、、茶の世界、。」

ぺ「茶?」

 

シャシャシャッ

 

仙「どうじゃ、このわしの見事な茶せんさばき、。」

ぺ「あ、お抹茶、ですかぁ。」

仙「ウホホッ、わしのお点前はな、単なるお点前ではない。」

 

ササ

   サササ

 

ぽこぽこ

   シュワーっ

 

 

仙「良し完成じゃ、、抹茶そうめん 。」

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

涼を呼ぶ 抹茶そうめん

 

 


 ぺ「わぁーッ、、涼しげ、、。」

仙「そうめんのつゆを抹茶で作ってみたのじゃ。」

ぺ「抹茶のつゆで、、そうめん、、美味しそう、、。」

 

つる

  つるつるッ

 

ぺ「あ、美味しい、、抹茶の苦味が、、心地よくて、。」

 

つるつる

  つるるるーッ

 

ぺ「涼しくなりまーす、、。美味しい~~。」

仙「お続けは如何かな?」

ぺ「はーい、もちろん、、お願いしまーす。」

 

つるつる

  つるるつる

       ずずずーっ

 

ぺ「あーーー、美味しかったぁ、、生き返ったぁ、、。」

 

くるくる

 

仙「?何をしておるのじゃ、ぺんたん、、。」

ぺ「アハハ、、一応、おつゆも飲みきったので、皿を抹茶茶碗のように回してみました、。」

 

 

 

 

 

抹茶そうめん

【 立法 :清熱生津 】

材料(2人分)

素麺2束、ミニトマト2個、大葉適宜

抹茶つゆ: 抹茶小さじ1、昆布水1カップ、醤油大さじ1+1/3、みりん大さじ1+1/3

 

 

作り方

  1. 昆布水:ミネラルウォーター2ℓのペットボトルに細く切っただし昆布を20g入れ(500mlには5g)、冷蔵庫でひと晩おく。
  2. ボウルに抹茶を入れ、昆布水を注ぎ、ダマが出来ないように混ぜる。
  3. 2にみりん、醤油を入れて良く混ぜる。
  4. ミニトマトは半分に切り、大葉はせん切り、又はそのままで。(今回は赤紫蘇と青しそ、両方使ってみました)
  5. 素麺を茹で、冷水で冷やし、水気を切る。
  6. 器に素麺を盛り、大葉、ミニトマトを飾り、器の端から抹茶つゆを注ぐ。

 

*昆布水の残りは冷蔵庫で保存し、1週間ぐらいで使いきって下さい。

 

 

 

 

 

 

抹茶  清熱解毒

[性味/帰経 ]  涼、苦、甘/ 心、肺、胃

[働き]⑴清利明目 頭痛、眩暈、目赤

         ⑵生津止渇 暑がり、イライラ、口渇

         ⑵消食止利 食べ過ぎ、消化不良、下痢

         ⑵利尿消腫・解毒 小便不利、水腫、下痢、黄疸、血尿

 

素麺(小麦) 清熱瀉火類

[性味/帰経 ]  涼、甘/ 心、脾、腎

[働き]⑴清熱除煩・養心安神 躁鬱、精神不安

    ⑵補益脾胃 消渇、食欲不振、下痢

 

トマト         清熱瀉火類

[性味/帰経 ]  微寒、甘/ 肝、脾、胃

[働き]⑴生津止渇 熱病による煩渇

       ⑵健胃消食 食欲不振、消化不良

 

紫蘇  辛温解表類

[性味/帰経 ]  温、辛/肺、脾

[働き]⑴発表散寒     風寒表証の発汗、解熱、咳

    ⑵行気寛中   脾胃気滞の胸悶、嘔吐

    ⑶解魚蟹毒     蟹、海老、魚介類の中毒

 

昆布  化痰

[性味/帰経 ]  寒、鹹/ 肝、胃、腎

[働き]⑴消痰軟堅 瘰癧(るいれき)、肝腫、脾腫、睾丸の腫大疼痛

         ⑵行水消腫 水腫、げっぷ、血便、脚気、浮腫

 

 

 

 

*「水出し茶」の作り方はこちら

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

*「緑茶緑豆ご飯」はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

仙人問答

 

 

ぺ「仙人、、抹茶そうめん、、とーーっても美味しかったです。」

仙「ふむ、緑茶はしっかりと体を冷やし、熱を取ってくれるのでな、夏は緑茶じゃ。」

ぺ「はい、お抹茶の苦味が、、あ、そうか、苦味は夏の主味、心に帰経するんでしたね。」

仙「そうじゃ、心に帰経し、心の活動が激しい時にそれを抑えてくれるのじゃ。」

 

ぺ「そうでした、そうでした。それにしてもお抹茶のつゆ、、美味しかったぁー、、。仙人、これ、ただのお抹茶じゃないですよね?」

仙「ふむ、昆布水を作っておいたのでな、その昆布水でお抹茶を点て、それに醤油とみりんを合わせたのじゃ。」

ぺ「なるほど、、昆布水、、。」

仙「ペットボトルのお水に出汁用昆布を入れておくだけじゃ。簡単に出来て利用範囲も広いぞ。」

ぺ「あ、じゃ、私も使っちゃおうっと、。」

仙「ご飯を炊く時にも使えるしな、味噌汁、吸い物、煮物、、なんでもokじゃ。」

ぺ「わー、便利、。ちょっと飲んでみよ。」

 

ごくっ

 

ぺ「あ、昆布の味がして、、とろっとして、、美味しい。」

仙「そうじゃろう、そのまま飲んでも美味いのじゃ。」

ぺ「昆布は化痰類、夏の血液ドロドロ対策にも良いですねー。」

 

仙「どうじゃ、抹茶と昆布、なかなか良い組み合わせじゃろ?」

ぺ「はい、大変結構なお点前でございました。」

 

ぺこり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!