国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

梅雨の薬膳ティ

今週のお題「雨の日グッズ」

 

 ザァ〜ザッザァー  ザァ〜ザッザァー  ザザザザッザァー 

ぎぃ〜(扉を開ける音)

マスター「いらっしゃいませ。」

ぺ「あのぅ、一人なんですけど、よろしいですか?」

マスター「どうぞ、こちらへ。」

ぺんたん、マスターに案内された席へ座る。

マスター「今日も、よく降りますね。」

マスター、水とおしぼりを運んでくる。

マスター「さ、暖かいおしぼりをそうぞ。」

ぺ「あ、ありがとうございます。」 

マスターと目があったぺんたん。

ぺ「(ドキッ!凄いイケメン、それに笑顔が可愛い💕)」

マスター「この辺りにお住まいですか?」

ぺ「ええ、まあ、私この山の仙人に弟子入りしているものなんです。今日は朝から仙人がいらっしゃらなくて、それでちょっと息抜きに、、」

マスター「そうですか、ご注文は何になさいますか?」

ぺ「えっと、梅雨時の薬膳ティとか、ありますか?」

マスター「もちろん、ございますよ。こちらがメニューです、どうぞ。」

menu

梅雨の薬膳ティ

 

ぺ「えーっと、ジャスミンティーはこの前仙人と一緒に飲んだから、うーん、あとの3つはどう違うんですか?」

マスター「そうでうね、玫瑰花ティはハマナスの蕾のお茶で、気の巡りを良くします。ビタミンCも豊富です。雨が続いて気分が落ち込みやすいこの季節にぴったりですよ。黒豆ティと大豆ティはどちらもむくみによく、体の中の湿を取り除くのによいですよ。」

ぺ「じゃ、玫瑰花ティにします。お花の蕾のお茶なんて、おしゃれで素敵。」

マスター「かしこまりました。しばらくお待ちください。」

マスターはカウンターに戻って、玫瑰花ティを作り始めた。

水2カップを鍋に入れ、沸騰してきたら玫瑰花5gを入れ、5分ほど煮たたせた。一旦、玫瑰花を取り出し、鍋に紅茶をいれ火を止め、しばらく置いた。カップに玫瑰花を入れ紅茶を注ぐ。良い香りが店内に充満した。

マスター「お待たせしました。玫瑰花ティです。」

 

f:id:senninlife:20160620112045j:plain

 

ぺ「わっ素敵、ありがとう。」

にっこり微笑んだマスターの唇は、とても綺麗なピンク色だった。

ひとくち、玫瑰花ティを口に運ぶ、花の良い香りがぺんたんの鼻をくすぐった。

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!