国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

一人じゃないよ、君には気兄弟がいる。

 

気のせい?

 

ぺ「ただいま〜」

cafeから戻ったぺんたんでしたが、仙人の姿はどこにもありません。

山道を戻り、あちこち探してみましたが、いつもの木の上にも、川のほとりにも、、

ぺ「仙人、どこへ出かけられたのかしら?」

いつの間にか雨も上がっていたので、仙人を探しながら奥へ奥へと山道を進んでいきます。

体の中は、さっき飲んだ玫瑰花ティでほっこり温まっています。

雨上がりの木々が美しく、小鳥のさえずりも聞こえています。

ぺんたん」  どこからか声がしました。

振り返ってみますが、誰もいません。

しばらく道を進んでいくと、また声が聞こえました。「ぺんたん

キョロキョロ、キョロキョロ、 やはり、誰の姿も見えません。

ぺんたんは急に怖くなってきました。さっきまでのcafeでの楽しかった時間が嘘のよう、知らない世界に一人放り出されたような、不安で、寂しくて、、。

「なんだか、怖くなってきちゃった、もう戻ろう。」

ぺんたん」「ぺんたん」「ぺんたん」「ぺんたん

たくさんの声がぺんたんを取り囲むように聞こえてきます。

ぺんたんの体の中から、何かが湧き上がってくるような気がします。

ぺ「何?誰?どこにいるの?出てきて、ちゃんと姿を見せて!」

すぅーっと風が吹いて、ぺんたんの肌を渡っていきます。

「ぺんたん、驚かせてごめん、僕たち4兄弟、気兄弟なんだ。」

ぺ「え?気兄弟?どこにいるの?姿を見せて!怖がらせないで。」

「ごめんよぺんたん、僕たち4兄弟は目には見えないんだ。」

ぺ「目には見えない?」

「ほら、仙人から聞いているだろう、気は目には見えないって。」

ぺんたんはハッとしました。

そうだ、yin yooゲームをしたあの時、確かに仙人はおっしゃった。目に見えないものは陽で、だから気は陽だと。

「ぺんたん、僕は元気!生命の原動力。腎ウォーターから生まれるんだ。原気、真気なんてニックネームもあるんだ。」

「僕は宗気、脾アースと肺メタルの働き、それから新鮮な空気、食べたものの営養が合わさって生まれるんだ。大気っていうニックネームもあるよ。」

「僕は営気(えいき)、食べたものの営養から生まれ、血液の一部となって、血流とともに全身に流れ、五臓六腑を営養、調和するんだ。」

「わしは衛気(えき)、営気とともに生まれるのだが、営気は陰となって体内を巡る。わしは陽となり体表をめぐって、邪気から体を守るのである。」

ぺ「驚いた、4気兄弟がいたなんて。」

「ぺんたんが玫瑰花ティを飲んで、気の巡りがとっても良くなったから、僕たち出てきたんだよ。と言っても目には見えないけどね。」

ぺ「目には見えないけれど、気兄弟はたくさんの重要な働きをしているのね。」

「そうだよ、僕たちがしっかりしていれば、ストレスにやられることもない。でも、気が弱ってくれば息切れや疲れ、めまいの症状が現れるし、気の流れが悪くなれば精神不安、うつ状態、食欲不振、お腹が張ったり生理不順になったり、あるいは気の巡りが逆になって頭痛、喘息、意識不明にだってなるんだ。それに、血液と一緒に流れたりもするわけだから、気の流れが悪くなれば血流も悪くなって、いろんな病気を引き起こすんだよ。現代人の病気はストレスからくるものが多いでしょ?だから僕たちをもっと重要視してほしいな。」

ぺ「そういえば、テレビでもキラーストレスなんてことを言ってたわ。」

「目に見えるものや、数値ばかりにとらわれないで、もっともっと感じてほしい。この世界は様々なで溢れているんだ。」

目には見えない、もっと探してみよう、感じてみよう、とぺんたんは思ったのでした。

 

仙人問答

ぺ「仙人、いったいどちらへいらしていたんですか?」

仙「ふむ、ちょっとな、、。」

ぺ「今日、山の中で4気兄弟に会いました。と言っても姿は見えませんでしたが。」

仙「体の中にも気、自然界にも気。気が自然界を構成する最も原始的な物質であ〜る。」

ぺ「あれ?仙人、そういえば今日行ったcafeのマスター、どことなく仙人に似ていた気がします。唇の色とか、、笑った感じとか、、」

仙「な、何を言っておる、それは気のせいじゃ。」

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!