国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

ぺんたん、三位一体の術を学ぶ

中医学

 

仙人、風を起こす。

 

ぺ「仙人、何か考え事ですか?」

仙「ふむ、ちょっとな。」

ぺ「会合で何か困ったことでも?」

仙「ふむ、思いがけないことが起こってくるもんじゃのう、仙人の中にもおかしな事を考える者が出てきて、、他の神を盗み取ろうなどとしてのう、修行が足らず行き詰まっておるのか、、それとももっと安直なものか、、。」

ぺ「仙人なのに?」

仙「そうじゃ、だからそういう仙人を取り締まろうと、。。あぁいかんいかん、こんな事を考えていては体に良くない、ぺんたん、散歩にでも行こう。」

 

雨上がりの道を仙人と一緒に歩いていきます。

ぺ「あ、ドクダミがたくさん咲いてますよ。あ、あの木、ビワがいっぱい。」

仙「昔はなぺんたん、人類は鳥や獣と一緒に自然の中で暮らし、寒い時には体を動かして暖まり、暑い時には物陰に入って涼をとる、そんな生活をしておったんじゃ。」

ぺ「人も自然の一部だったんですね。」

仙「そうじゃ、だから皆、肉親間の感情のもつれもなく、立身出世の欲もなく、あっさりと平和だったんじゃ。」

ぺ「今の時代とは大違いですね。」

仙「誠にあっさりしたものじゃ、世の中全体がそういう風だったので、邪気とてほんの体表に留まるだけじゃった。だからのう、その頃の病気の治療といったら、なんとも簡単なものじゃ。祈祷師が精神的暗示を与え、病人の気分を変えるだけで治ったのじゃ。」

ぺ「すごい、そんな簡単なことで!」

仙「ところが今はどうじゃ、精神的疲労に乗じて邪気は体内深くまで入り込む。」

ぺ「それで五行レンジャーを蝕む、、。」

仙「良いことを教えてやろう、ぺんたん。」

ぺ「はい。」

仙「三位一体の術!じゃ。」

ぺ「術?いよいよ術が学べるのですか?」

仙「中医学における整体観念じゃ。」

ぺ「う、何か難しそう。」

仙人は両手を大きく広げ、プォーーーっと息を吐き出した。

風が起こった。

仙「宇宙を感じよ、ぺんたん。宇宙の中に存在するものは全て繋がり、変化し、循環しておる。始まりと終わりはいつも同じところである。」

仙「自然と統一、人体を統一、そして社会環境と統一。」

仙「これが三位一体の術じゃ。」

仙人が両手を元に戻すと、風は止んだ。

ぺ「仙人を目指すなら、この修行が大切なんですね。」

仙「そうじゃ、季節や風土への適応、人体内のバランス、そしてどんな時代であろうと、その社会に適応していく人と社会環境との統一、これができねば、仙人への道は遠いものとなるぞ。」

ぺ「はい、肝に銘じて修行に励みます!」

 

仙人問答

仙「今日は山でビワを採れてよかったのう。うむ、うまいうまい。」

ぺ「仙人、自分ばかり食べてずるい、、。」

仙「今日はちゃんとぺんたんの分も残してあるぞ。」

ぺ「あー本当に甘くて美味しいですねー。」

仙「ぺんたん、種は捨てるでないぞ。」

ぺ「え?どうするんですか?」

仙「洗って乾かして、酒に漬けておくのじゃ。これはうまい酒になるのだぞ。」

ぺ「えー、またお酒!」

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!