国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

とうもろこしティはいかが?

 

もう一度会いたくて

 

ピチュピチュピチュ、、ザワザワザワ、、

ぎぃ〜 (扉を開ける音)

ぺ「こんにちはー」

マスター「いらっしゃいませ。」

ぺ「又、来ちゃいました。」

マスター「どうぞどうぞ、お名前を伺っても宜しいですか?」

ぺ「はい、あの、ぺんたんって言います。」

マスター「「ぺんたんさん、可愛らしいお名前ですね。」

ぺ「あ、ありがとうございます。」ぽっ

マスター「ぺんたんさん、今日はお休みですか?」

ぺ「ええ、このところ仙人が会合で忙しくて、今日も出かけてしまわれたので、。」

マスター「そうですか、でもいいところへいらっしゃいましたよ。」

ぺ「え?」

マスター「今日はとうもろこしがたっぷり収穫できましてね。新鮮なとうもろこしのティ、いかがですか?」

ぺ「とうもろこしティ、ですか?」

マスター「そうです。新鮮なとうもろこしでしか作れないんですよ。ヒゲと皮を使って作るんです。」

ぺ「ヒゲと皮で?」

マスター「召し上がりますか?」

ぺ「はい、是非。」

マスター「少しお時間かかりますが、宜しいですか?」

ぺ「はい、構いません。あのマスター、ご迷惑でなければ、作るところを拝見しても宜しいですか?」

マスター「はい、ではカウンターの席へどうぞ。」

ぺんたんはカウンターの席に座って、厨房の中を覗き込みました。

鍋の中には、採りたてのとうもろこしの皮と、髭が一緒に水に浸けてあります。

マスター「こうして皮を一枚ずつ剥いて、髭をとり洗って水に浸けておくのです。30分ぐらい浸けておくといいんですよ。」

ぺ「へぇー、皮とヒゲなんていつも捨てちゃう部分なのに、。」

マスター「30分浸けたら、今度は蓋をして30分煮出します。」

ぺ「本当、時間かかるんですね。」

グツグツ、グツグツ

マスター「とうもろこしのヒゲは、玉米鬚(ぎょくべいしゅ)と言って、中薬なのですよ。」

ぺ「知りませんでした。」

マスター「帰経も、肝、腎、膀胱、心、小腸、と多く、いろんなところに働きます。」

ぺ「すごいですね。」

マスター「下痢やむくみは勿論、熱邪による腫れもの、吹き出物、ニキビにも良いのですよ。」

ぺ「マスター、とてもお詳しいんですね。」

マスター「ハハ、こういうところでお店を出していると詳しくもなりますよ。自然の恵みを大切に頂かないと。」

ぺ「そうですね。仙人にも言われています。自然界との統一性とか何とか、、」

マスター「さあ出来ましたよ。お待たせ致しました。とうもろこしティです、どうぞ。」

マスターは、煮込んだとうもろこしティを濾してカップに注ぎ、カウンターテーブルに差し出しました。

 

f:id:senninlife:20160629082511j:plain

 

ぺ「甘い、甘くて、それにとうもろこしの味がします。」

マスター「気に入っていただけましたか?」

ぺ「はい、とっても。」

幸せな午後のひとときを過ごすぺんたんでありました💕

 

とうもろこしティ

材料(1人分、1日分)

新鮮なとうもろこしの皮とヒゲ1本分

水4カップ

 

仙人問答

仙「ムシャムシャムシャ」

ぺ「仙人、何を召し上がって見えるのですか?」

仙「とうもろこしじゃよ。」

ぺ「え?とうもろこし!」

仙「甘くて美味いのう。」

ぺ「ふぅん、、今日私はとうもろこしティを飲んできたけど、そう言えば、中身のとうもろこしはどうなったんだろう?

仙「ぺんたん、何を小さな声でブツブツ言っておるのじゃ?今日も修行に励んでおったか?」

ぺ「はい勿論!今日は自然界との統一性について学んでおりました。」へへ

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!