国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

夏の準備だ!枸杞子醤油&酢

 

見えないところのオシャレが大事

 

ぺ「仙人、まだ梅雨は明けませんが、暑くなってきましたね。」

仙「そうじゃ、そろそろ夏の準備をしておかんとのう。」

ぺ「夏の準備?虫除けとか、扇風機とか、あ、あと日焼け止め!」

仙「薬膳料理の下準備じゃよ。」

ぺ「え?でも暑いですから、作ったらすぐ食べないと腐っちゃいますよ。」

仙「ふんふんふん、まだまだじゃのう、ぺんたん、薬膳を作るための調味料の下ごしらえじゃよ。」

ぺ「調味料ですか?」

仙「そうじゃ、隠れたところまで気を配るんじゃ。」

ぺ「何をすればいいですか?」

仙「今日はまず、枸杞子を使ってみようかのう。」

ぺ「はい、クコシですね。」

仙「それと、酢、醤油じゃ。」

ぺ「はい、酢と醤油、準備できました。」

仙「よし、枸杞子をきれいに拭いて瓶に入れ、酢を注ぐ。」

ぺ「はい、簡単ですね。」

仙「同じように、枸杞子をきれいに拭いて瓶に入れ、醤油を注ぐ。」

ぺ「はい、できました。」

仙「一週間以上漬けておくと良いぞ。」

ぺ「はい、え?これだけですか。」

仙「そうじゃ、あとは、これを上手に料理に使えばよしじゃ。」

ぺ「ポン酢、とかいいですよね。夏は冷奴、美味しいし。」

仙「そうじゃ、枸杞子は酢に漬けると、潤す力が強くなる。醤油に漬けると、熱を取る力が強くなる。夏の暑い時期に、体の熱をとり、潤してくれるのじゃ。」

ぺ「なるほど。」

仙「それに夏は酸味も重要じゃ。酸味には引き締める力があるからのう、多汗な時期にもってこいじゃ。」

ぺ「はーい、私はちょっと混ぜ合わせて、ポン酢にしておこう。」

 

枸杞子ポン酢

 

f:id:senninlife:20160630153044j:plain

 

枸杞子醤油&酢

材料 枸杞子10g、醤油300ml(酢の場合も同量)

一週間ほど置く。

 

仙人問答

ぺ「一週間後が楽しみですね。漬けた枸杞子も一緒に食べていいんですか?」

仙「もちろんじゃよ。他にも、色んな酢が作れるのじゃぞ。」

ぺ「え?まだあるんですか。」

仙「五味子酢とか、山楂子酢とかな、しかし枸杞子が一番手に入りやすいじゃろ?」

ぺ「そうですね、枸杞子ならスーパーでも買えます。五味子や山楂子はネットじゃないと買えないかもしれませんね。」

仙「枸杞子は視力減退にも良いからのう、パソコンやスマホを使う現代人には必需品かもしれんのう。」

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!