国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

枸杞子ポン酢で冷奴

仙人御膳

 

大豆、弥生時代に海を渡る

 

ぺ「仙人、先週漬けておいた枸杞子ポン酢で何か作ってみましょうか?」

仙「ふむ、それは良い考えじゃ、暑い日が続いておるからさっぱりしたものが良いのう。」

ぺ「では、まずはチャチャッと冷奴といきましょうか?」

仙「ふんふん、豆腐は夏にオススメの食薬じゃ。」

ぺ「では、ん〜いつも大葉かネギで作ってるので、ちょっと雰囲気を変えてバジルで。」

仙「彩りもきれいにしたいのう、薬膳は見た目も美しく、味も美味しくが基本じゃぞ。」

ぺ「はい、ではバジルとトマトを採ってきまーす。」

仙「ぺんたんがトマトを採りに行っている間に、豆腐の水切りでもしておくか。」

 

ぺ「はい、仙人、お待たせしました。ミニトマト、赤と黄色と2色採ってきましたよ。」

仙「よしよし、豆腐の水も切れておるぞ。」

ぺ「ありがとうございます。では、豆腐を切って、トマトもちょっと切って、バジルとポン酢の枸杞子も飾って、ハイ出来上がり。」

 

枸杞子ポン酢で冷奴

f:id:senninlife:20160701144908j:plain

 

仙「お、うまそうじゃ。」

ぺ「はい、あとはお好みでかつお節をかけてください。もちろん枸杞子ポン酢も忘れずに。」

仙「そうじゃ、少しおろし生姜を添えると良いのう。」

 

枸杞子ポン酢で冷奴

材料(2人分)

豆腐1/2丁、ミニトマト赤、黄各2個、バジル6枚

枸杞子ポン酢、おろし生姜、かつお節

 

 

豆腐   清熱瀉火類(せいねつしゃかるい)

[性味/帰経 ]  寒、甘/ 脾、胃、大腸

[働き]⑴益気和中 肺熱の咳、喘息、食欲不振

   ⑵生津潤燥 消渇、便秘

   ⑶清熱解毒 水腫、麻疹、皮疹、吐血

トマト  清熱瀉火類

[性味/帰経 ]  微寒、甘/ 肝、脾、胃

[働き]⑴生津止渇 熱病による煩渇

   ⑵健胃消食 食欲不振、消化不良

 

仙人問答

ぺ「夏はやっぱり冷奴ですねー。」

仙「さっぱりして食欲のない時でも良いからのう。」

ぺ「そう言えばトマト、yinでしたね、リコピン一緒にスロウyin ♪

仙「そうじゃ、豆腐もyinじゃから、少しyooのものを足すんじゃ。生姜、ネギ、大葉、バジル等、、。そうすれば体が冷え切ることがない。」

ぺ「なるほど、薬味っていうのは大事ですね。」

仙「豆腐は2000年程前に中国で初めて作られたと言われておるんじゃ。」

ぺ「2000年前⁈ 薬膳の歴史の始まりと同じ頃ですね。」

仙「そうじゃ、大豆が日本へ渡ってきたのは弥生時代だと言われておる。中国から朝鮮を経て日本に渡来したのじゃ。」

ぺ「弥生時代、大豆の大航海!ロマンを感じますね♡」

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!