国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

イワシが釣れたぞ〜

 

脾アースはいっつも大事

 

仙「ぺんた〜ん、帰ったぞ〜、土産がたっぷりだぞ〜」

ぺ「zzzzz~

仙「ぺんた〜ん、どこにおるのじゃ〜?」

ぺ(ハッ)「仙人の声、はーい、今行きまーす。」

仙「なんだ、ぺんたん、何をしておったのじゃ、。」

ぺ「す、すいません。つい、、」

仙「ほれ、土産じゃ。」

ぺ「うわぁ、すごい、イワシがいっぱい、、。」

仙「釣ってきたのじゃ、どうじゃ、うまそうじゃろ?」

ぺ「はい、でもまだちっちゃいですよ。」

仙「そうじゃ、だからこれは唐揚げじゃな。」

ぺ「唐揚げ、うーん、美味しそう。そういえば最近スーパーでも、小イワシや小アジをよく見かけますよ。そういう季節なんですね。」

仙「そうじゃそうじゃ、さぁ、早速とりかかるぞ。まずはぬめりを取って、頭をとって、はらわたを出して、。」

ぺ「わぁ、新鮮だからはらわたも綺麗ですね。」

 

仙「下味つけて〜、カラカラ唐揚げ〜、yoo yoo♪

ぺ「ちょっとおしゃれに、バラバラ薔薇塩〜、yoo yoo♪

 

仙「完成じゃ! 小イワシの唐揚げ、薔薇塩添え。」

 

f:id:senninlife:20160711145719j:plain

 

仙「スダチをかけて、薔薇塩ちょんちょん、おぉ、うまい。ニンニクも今が旬じゃからのう。」

 

小イワシの唐揚げ

材料(2人分)

小イワシ200g、ニンニク1かけ、生姜5g、紹興酒大さじ1、

片栗粉適宜、スダチ

薔薇塩:玫瑰花1個、塩適宜

 

作り方

  1. イワシの頭とハラワタを取り洗う。
  2. 生姜、ニンニクをすりおろし、紹興酒と合わせ、イワシをつけておく(1時間以上)。
  3. 玫瑰花の額を取り、すりつぶし、塩と合わせる。
  4. 1のイワシの水気を切り、片栗粉をつけて揚げる。
  5. スダチ、薔薇塩でいただく。

 

いわし  補気類

[性味/帰経 ]  温、甘/ 脾

[働き]⑴補益気血  気血虚弱、息切れ、めまい、むくみ

   

玫瑰花(まいかいか) 理気類

[性味/帰経 ]  温、甘、微苦/ 肝、脾

[働き]⑴行気解鬱  肝脾不和の胃痛、食欲不振、げっぷ

    ⑵和血散瘀  生理不順、外傷瘀痛、心痛

 

 

仙人問答

ぺ「仙人、唐揚げとっても美味しかったです。このところ夏向きのyinの食材が多かったので、yooがメインになるのは久しぶりですね。」

仙「そうじゃのう、ぺんたん、良いところに気がついた。夏とは言っても、やはり脾胃は補わねばのう。」

ぺ「脾アースの調子の良さで、食欲の良し悪しが決まるんですよね。」

仙「そうじゃ、食欲がなくなったら、まず脾を補うことじゃ。」

ぺ「夏は、冷たいものを食べ過ぎたり飲みすぎたりで、脾胃を痛めやすいから、気をつけないと、、。」

仙「中医学では、脾胃はすべての消化機能に関わると考えられている。身体の中央部に位置し、身体の営養物質をつくり、命を維持している。ゆえに『後天の本』と言われているのじゃ。」

ぺ「後天の本?」

仙「後天とは、生まれてから後のことじゃ。生まれる前が先天。生まれてからの生命活動を維持する根本的な営養は脾胃によって作られ、提供されるのじゃ。」

ぺ「脾胃は、そんな重要な役割を担っていたのですね。脾アースを大切にしなくっちゃ。」

 

仙「そうじゃ、ぺんたん、今日は二十四節気七十二侯、小暑の蓮始開(はすはじめてひらく)じゃ。ちょっと行ってくる。」 ヒュ〜ン

ぺ「あ、仙人どこへ?」

ヒュヒュ〜ン

仙「はすの花を撮ってきたぞ。いつも遊びに来てくれるハスママさんに、わしからのプレゼントじゃ。」

 

 

f:id:senninlife:20160712105423j:plain

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!