国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

仙人、薬膳レストランに行く。

 

これも修行だ⁉︎

 

ぺ「仙人、この前新しい中華料理店を見つけたんですよ。薬膳料理、薬膳茶、なんていう看板が出てました。行ってみませんか?」

仙「ほお、それは良いのう。ではぺんたんの勉強も兼ねて行ってみるとするか。」

 

ヒューン じゃなくて、ブッブー

 

ぺ「うわぁ、メニューがいっぱい。あ、ほら仙人、五行図まで載ってますよ。」

仙「ウハハハハ、ぺんたんの書いた五行図と違って、綺麗じゃのう。お、麦酒が半額になっておるぞ、これは良い。」

ぺ「何言ってるんですか仙人、薬膳料理を食べに来たんですよ。」

仙「そうか、、、。」

ぺ「肝に良い薬膳、心に良い薬膳、脾、肺、腎、、。美肌薬膳、茶薬膳、薬膳の王様、、。色々ありすぎて迷っちゃいますね〜」

仙「わしは、これじゃ、脾の薬膳。季節の変わり目は常に脾を大切にせねばのう。」

ぺ「えー、どれにしようかなぁ〜〜。まだ暑いから、、心の薬膳。それからー」

 

あれこれ あれこれ あれこれ

 

仙「ぺんたん、そんなに注文して、ダイエットは良いのか?」

 

ハッ

ぺ「そうでした、、。でも、今日は特別な修行ということで、、。」

 

 

店員「お待たせいたしました。山芋と干し椎茸の炒め物 です。」

 

 

f:id:senninlife:20160816103417j:plain

 

仙「これはわしが注文した脾をいたわる薬膳じゃ、うまそうじゃのう。」

ぺ「いろんなものが入ってますね。長芋、干し椎茸、しめじ、木耳、パプリカ、オクラ、白胡麻、」

仙「あっさりした醤油味のあんじゃな。」

 

 

店員「はい、海鮮3種とセロリの炒め物 です。」

 

 

f:id:senninlife:20160816103855j:plain

 

 

ぺ「綺麗〜、これ私が注文した心の薬膳ですよ。『セロリの香りでリラックスできます』とメニューに書いてあります。」

仙「これも、具材が多いのう。」

ぺ「はい、海鮮3種は、イカ、エビ、ホタテ。それからセロリ、パプリカ、キュウリ、ベビーコーン、ブロッコリー、きくらげは、白も黒も入ってます。」

仙「うん、うまいうまい、こっちは塩味じゃ。」

 

店員「お待たせしました〜。はい、スープに、エビチリ、チャーハンに、、」

 

ムシャムシャ もぐもぐ パクパク

ま ん ぷ く

 

店員「はい、お会計ですね、ありがとうございました。」

チーン

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、とっても美味しかったですね。」

仙「そうじゃのう。」

ぺ「これで、脾も心もバッチリですね。」

仙「確かにのう、しかしぺんたん、一つ気をつけねばならぬぞ。」

ぺ「はい、何をですか?」

仙「もし、薬膳師を目指して勉強中の者がおったら、このレシピで薬膳レポートを書いてはならぬ。確実に再提出じゃ。」

ぺ「あ、そういえば、、。私も卒業レポートで作った薬膳、29品のうち4品再提出でした。」

仙「何が悪かったか、わかるか?」

ぺ「はい、材料、つまり食薬を色々使いすぎて、目的がはっきりしなくなってしまったからです。」

仙「そうじゃ、。例えば、この『海鮮3種とセロリの炒め物』の材料で考えるなら、

  • 熱をとり陰液を潤すなら、セロリ、キュウリ、ホタテ、白きくらげの組み合わせじゃ。
  • 冷え性などで体を温めたいなら、エビ、パプリカ、ブロッコリーの組み合わせじゃ。
  • 貧血などの場合は、イカ、ブロッコリーの組み合わせじゃ。」

ぺ「なるほど、薬膳師の試験となると、一般の薬膳料理とは違ってくるのですね。」

仙「そうじゃ、体を冷やしたいのか、温めたいのか、症状に合わせたはっきりしたレシピを作らねばのう。」

ぺ「そうなんですね、薬膳のレシピ本には材料の多いレシピも載っているので、それで良いのかと思って、私も卒業レポートを書いたのですが、気をつけなくちゃいけませんね。」

仙「そうじゃのう、しかし、普段はあまり厳密になってはいかん。毎日の家庭料理じゃからのう、組み合わせてはいけないものだけはしっかりと押さえておいてな。」

ぺ「はい、仙人。 ところで仙人、今日の修行、とっても美味しかった、いえ為になったのでまた行きたいです。」

仙「ダイエットは良いのか?」

 

ハッ!

ぺ「・・・」

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!