国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

解毒します?

 

干し上がったドクダミを使うんじゃ。

 

仙「ぺんたん、ぺんたーん、どこへ行ったんじゃ?」

 

ドドドドッー バタバタバタ

 

ぺ「ハァハァハァ、、はい、仙人、なんでしょうか?」

仙「何をしておったんじゃ?」

ぺ「はい、オリンピックも終わってしまい、高校野球も終わってしまいましたが、素晴らしいプレーに刺激されたので、私もちょっと、トレーニングしてみようかと、、。」

仙「ほぉ、それは感心じゃ。で、ジョギングか?スイミングか?何じゃ?」

ぺ「トレーニングしようか、、と思ったのですが、なんか体が重いし、、それにみてくださいこれ。」

仙「顔がブツブツじゃ。」

ぺ「汗かいてるせいか、吹き出物がいっぱいできちゃって、その上虫刺されであちこちかゆいし、、。」しょぼん

仙「よし、それならぺんたん、この前干したあのドクダミを使うのじゃ。」

ぺ「ドクダミを?」

仙「そうじゃ、ドクダミには解毒効果があるからのう、それに解毒効果、除湿効果がある小豆を一緒に使って、体の中の熱毒と、湿をとるのじゃ。」

ぺ「なるほど、、。でも、ドクダミ、、まずそうです。」

仙「案ずるな、任せておけ、わしにかかればドクダミもおしゃれなスィーツに早変わりじゃ。」

ぺ「え?スィーツ、やったぁ!」

 

ガサガサガサ、グツグツグツグツグツ

シャカシャカ、グツグツグツグツグツ

トントントン スィースィー

 

仙「ほら、完成じゃ。魚腥草寒天のみつ豆 じゃ。」

 

 

f:id:senninlife:20160821165910j:plain

 

ぺ「うわぁ、美味しそう、仙人、これ本当にドクダミで作ったのですか?」

仙「そうじゃ。ドクダミの煎じた汁を寒天にしたのじゃ。」

ぺ「いっただきまーす。まずは寒天から、、。あ、ほんと、ドクダミの味がします。でも、小豆や、桃、梨の甘さでそんなに中薬っぽくないです。わぁ、おいしい、、。」

 

 

魚腥草寒天のみつ豆

材料(2人分)

魚腥草10gー水1.5カップ、粉寒天2gー水50cc、小豆大さじ2、桃1/2個、梨1/4個、蜂蜜小さじ2、ペパーミント適宜

 

 

作り方

  1. 小豆を戻して、柔らかくなるまで煮る。
  2. 魚腥草を分量の水に30分浸け、その後15分煮て、濾しておく。
  3. 粉寒天を分量の水で煮、魚腥草の煎じ汁200ccを加えて混ぜ、型に入れて冷やす。
  4. 3が固まったら、取り出してサイコロ状に切る。
  5. 4を器に盛り、桃、梨を切ってのせ、小豆、ペパーミントをのせ、蜂蜜をかける。

 

 

魚腥草(ドクダミ  清熱解毒類

[性味/帰経 ]  微寒、辛、苦/肺、肝

[働き]⑴清熱解毒 喀血、膿痰、瘡瘍腫毒

         ⑵利尿通淋 排尿痛、血尿、排尿困難

         ⑶清熱止痢 湿熱下痢

 

小豆  利水滲湿類

[性味/帰経 ] 平、甘、酸/ 心、小腸

[働き]⑴利尿除湿 むくみ、胃もたれ、下痢

    ⑵解毒排膿 瘡瘍熱腫

 

  止咳平喘類(しがいへいぜんるい)

[性味/帰経 ] 涼、甘、微酸/ 肺、胃

[働き]⑴清熱化痰・生津潤燥  煩熱口渇、痰熱の咳、喀血

 

  補気類

[性味/帰経 ] 温、甘、酸/ 肺、肝、胃、大腸

[働き]⑴益気生津 疲れ、口渇、ほてり、盗汗

    ⑵養陰潤燥 腸燥便秘

    ⑶利肺鎮咳 風寒の咳、虚労の咳、喘息

    ⑷破血消積 腹痛、生理痛、不正出血

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、魚腥草のスィーツ、なかなかいけました。」

仙「魚腥草は中薬じゃからな、やはりそれなりの苦みはあるが、食べやすくはなっておったじゃろ?」

ぺ「はい、小豆が甘ったるくないのもいいです。」

仙「小豆はみつ豆のエンドウ豆代わりじゃ。甘く煮なかったのは、甘味は湿を溜めるからじゃ、湿が溜まると痰になるからのう。」

ぺ「なるほど、それで痰にも良い梨も一緒に使ったのですね。」

仙「そうじゃ、それに果物の甘みで魚腥草の苦みが緩和されるしのう。」

ぺ「はい、桃と梨がみずみずしくて美味しかったです。」

仙「桃は疲れを癒し気を補う、何より今、おいしい時期じゃ。」

ぺ「はい。」

仙「あとは、毎日魚腥草を煎じて飲むと良い。」

ぺ「えー、やっぱ、飲むんですかぁ、、。」がっくり

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!