国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

むかごは山芋の赤ちゃん。

 

採れたての黒胡麻で 

 

カサカサ パラパラ

 

ぺ「うわぁ、出て来る出て来る、、黒胡麻ぁ、、。」

 

ヒュヒューン

 

仙「なんじゃ、ぺんたん。」

ぺ「あ、仙人、おかえりなさい。ほら、見てくださいよ、干しておいた黒胡麻です。」

 

f:id:senninlife:20161003154008j:plain

 

仙「おお、確かに黒胡麻じゃ。黒胡麻は白髪に良いからのう、わしも頂くとしよう。」

ぺ「え、仙人どうせ髪染めてるじゃないですか?」

仙「オリジナルの髪の手入れは大事じゃぞ。そうじゃ、ぺんたん、これを採ってきたんじゃ。一緒に使うと良いぞ。」

 

コロコロコロ

 

ぺ「わっ、こぼれちゃった。」

ぺ「わあーん、あっちもこっちも、転がっちゃって、、。」

 

拾って拾って

 

ぺ「仙人、これ何ですか?」

仙「むかごじゃよ、知らんのか?」

ぺ「むかご、、何ですかそれ?」

仙「むかごは山芋の赤ちゃんじゃ。この時期つるにぶらさがって実をつけておるんじゃ。」

ぺ「どうやって食べるんですか?」

仙「まぁ、むかごご飯が一般的じゃ。よし、今日はむかごご飯を作るとしよう。」

ぺ「はい。」

仙「むかごを洗って、研いだ米と一緒に炊けば良いのじゃ。」

ぺ「簡単ですね。」

仙「薬膳らしく、生姜と紹興酒で味付けじゃ。」

ぺ「そして、この大事な大事な黒胡麻を炒って、、」

 

「はい、むかごご飯 採れたての黒胡麻付き です。」

 

f:id:senninlife:20161002143508j:plain

 

ぺ「うわぁ、ホクホクで美味しい〜」

仙「黒胡麻も存在感があるのう。」

ぺ「仙人、そう言えばこの前テレビで言ってました。国産の胡麻ってほとんどないそうです。」

仙「ほう、そうなのか?」

ぺ「はい、作るのに手間がかかり過ぎるそうです。確かに、干して、バラバラ実を出して、殻が混ざらないように気をつけて、、大変な作業です。」

仙「では、有り難く、大切に頂こう。」

 

 

むかごご飯

材料(2人分)

うるち米1合、むかご40g、生姜5g、紹興酒大さじ1、黒ごま少々

 

 

作り方

  1. むかごをきれいに洗う。
  2. 米を研ぐ。
  3. 2に、むかご、生姜、紹興酒を入れ炊く。
  4. 器に盛り、乾煎りした黒ごまをかける。

 

 

粳米  補気類 

[性味/帰経 ]  平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補中益気・健脾和胃 脾気虚の疲れ、食欲不振、むくみ、下痢

    ⑵除煩止渇      精神不安、イライラ、口渇

 

むかご(長芋)  補気類

[性味/帰経 ]  平、甘/脾、肺、腎

[働き]⑴健脾止瀉 脾気弱の食少、腹脹、泥状便

    ⑵養肺止咳 肺陰虚の慢性咳、喘息

    ⑶補腎縮尿 腎気虚の遺精、頻尿、帯下

 

黒胡麻  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘/肝、腎

[働き]⑴滋補肝腎・養血益精 耳鳴り、頭痛、めまい、白髪、疲労

    ⑵潤燥滑腸 皮膚乾燥、腸燥便秘

 

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「むかごは肺に帰経するから、今頃、肺メタルが喜んでますね。」

仙「そうじゃ、これも老化防止の薬膳と言って良いぞ。黒胡麻も入っておるしのう。良し、これは秋限定の仙人社の薬膳メニューとしよう。皆、『限定』という言葉に弱いようじゃからのう。」

ぺ「メニューじゃなくて、社の作りを考えるんじゃなかったんですか?」

仙「そうなんじゃ、設計を安藤忠雄氏にお願いしようかと思って出かけたのじゃが、思いとどまって帰ってきたのじゃ。」

ぺ「断られるから?」

仙「いや、やはり人を頼ってはいかん、。五行レンジャーも手伝ってくれることじゃろうから、皆で作ろうと思う。良いアイデアが浮かんできたしのう、、。」

ぺ「良いアイデア?」

仙「先ずは、鳥居からじゃ。ムハハハハハ」

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!