国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

秋の薬膳 木ノ実おこわ

 

肺を温め、潤しましょ

 

仙「ぺんたん、皆を呼べ。」

ぺ「え?仙人、この前呼んだばかりじゃないですか。」

仙「秋の薬膳を作るのじゃ。いいから、呼びなさい。」

ぺ「はい仙人。まさか、また皆からポイントを集めようとしてるんじゃないでしょうね。

 

 

仙人の薬膳講座

 

仙「皆、よく集まってくれたな、前回は沢山のポイントを寄付してもらい、すまんかったのう。じゃが、お陰でだいぶ資金も貯まってきた。感謝の気持ちで今日の薬膳講座を開催するのでな、今日の講座費用は無料じゃ。」

ざわざわ

ぺ「知らなかった、薬膳講座、有料だったのね。」

仙「当たり前じゃ、材料費とか光熱費とか、色々かかるんじゃ。」

ぺ「そっか。」

 

仙「それでは、今日は秋の薬膳ご飯を作るとしよう。もうすっかり風も涼しくなり空気も乾燥してきたからのう、肺を温め、潤す薬膳ご飯じゃ。」

ぺ「はい、それではまずもち米を洗い、塩をいれて、炊飯器のおこわモードで炊きます。」

仙「もち米は、体を温め、体表を巡る衛気を強化するからのう。」

ぺ「次に、クルミを適当なおおきさに割り、乾煎りします。」

仙「胡桃は助陽類じゃ。」

ぺ「同様に、松の実、白胡麻も乾煎りします。」

シャ シャシャ

仙「乾煎りの音が良いのう〜。」

ぺ「炊き上がったご飯に、クルミ、松の実を入れ混ぜます。」

仙「秋らしく、白い食薬じゃな。」

ぺ「最後に白胡麻をかけて出来上がりです。」

仙「もちもちして、うまそうじゃな。」

ぺ「はい、おにぎりにしてみました。秋の薬膳ご飯木ノ実おこわ です。」

 

 

f:id:senninlife:20161013155441j:plain

 

仙「おにぎりとは良い考えじゃ。運動会にも持って行けるしのう。」

ぺ「はい、皆さんも召し上がってください。」

ざわざわ  パクパク

 

木の実おこわ

材料(2人分)

もち米1合、水150cc、くるみ(無塩)25g、松の実8g、白ごま小さじ1/2、塩小さじ1/4、

 

 

糯米(もち米)  補気類

[性味/帰経 ] 温、甘/ 脾、胃、肺

[働き]⑴補中益気・健脾止瀉 脾胃虚弱の疲労、食少、めまい、下痢、頻尿

    ⑵固表止汗 肺気虚の自汗、風邪を引きやすい

 

胡桃肉(ことうにく、くるみ)  助陽類

[性味/帰経 ]  温、甘/肝、腎、肺、大腸

[働き]⑴補腎助陽 腎虚の腰痛、四肢無力、むくみ、冷え

    ⑵斂肺定喘 肺腎不足の吸気性呼吸困難、慢性咳、喘息

    ⑶潤腸通便 老人、虚弱者、病後の腸燥便秘

 

松の実  滋陰類

[性味/帰経 ]  温、甘/肝、肺、大腸

[働き]⑴養陰平肝 めまい、かゆみ

    ⑵潤肺止咳 肺燥の咳、皮膚乾燥

 

白胡麻  滋陰類

[性味/帰経 ]  寒、甘/肺、脾、大腸

[働き]⑴清熱滑腸 皮膚の乾燥、筋肉の無力、痰、赤み、便秘

    ⑵行気通脈 頭痛、めまい、頭部瘡瘍

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、木の実おこわ、すっっごく美味しいです。くるみってパンにはよく入れますが、ご飯に入れても美味しいですね。」

仙「そうじゃろう?胡桃は腎に帰経するのでな、老化防止にも良いのじゃ。足腰が弱ってきた老人にも良いぞ。そう言えば、一時期テレビでも取り上げられて、ブームになっておったようじゃな。」

ぺ「はい、えーっとオメガ3とかなんとか、、」

仙「ふむ、そうか、薬膳としては、体を温める大事な食薬じゃ。寒くなるこれからの季節に上手に取り入れると良いな。」

ぺ「はい。また、いろいろなレシピを考えます。ところで仙人、ボブ・ディランノーベル文学賞を受賞しましたね。」

仙「そうか、、。」

ぺ「代表曲に『Blowin' The Wind』がありますが、あの訳っていろいろありますよね。『答えは風に吹かれている。』『答えは風の中にある。』『答えは風に舞っている、』、どれがぴったりなのかぁ、、悩んじゃいます。」

仙「簡単なことじゃ、訳さなければ良い。Don't think, feel!じゃよ。ウハハハハハ。」

 

アチョッ アチョー    ヒューン

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!