国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

陳皮を作ります。

 

みかんの皮、捨ててはダメよ

 

仙「おぉ、今日は見事な秋晴れじゃ。ぺんた〜〜ん」

 

バタバタバタ

 

ぺ「は〜い。」

仙「皆を呼べ、天気が良いので陳皮を作るとしよう。」

ぺ「はい。」

 

仙人の薬膳講座

 

仙「皆、よく集まってくれたな。この前の乾姜はどうじゃ?乾姜を使った薬膳を作っておるかのう?使い方に気をつけて、色々作ってみると良いな。さて、今日は陳皮を作るのでな、。」

ぺ「はい、ではまずミカンの皮をむきます。」

仙「無農薬みかんがあればなお良いが、普通のミカンでも構わん。青切りミカンでも良いぞ。」

ぺ「皮の裏側の白い部分を包丁で取り除きます。」

仙「ふむ、白い部分はそのままでも構わんが、取り除いた方が効果が高まるんじゃ。」

ぺ「こんな感じです。右側が取り除いたもの、左側がそのままのもの。」

 

f:id:senninlife:20161020114936j:plain

 

ぺ「これを綺麗に洗います。」

仙「そうじゃな。」

ぺ「適当な太さに切ります。」

仙「干すと小さくなるのでな、あまり細かく切らんで良いぞ。」

ぺ「では、ザル等に並べて、天日に干します。」

仙「ふむ、生姜よりは早く乾くぞ。」

 

f:id:senninlife:20161020115026j:plain

 

 

ぺ「はい、干し上がったものがこちら、陳皮 です。」

f:id:senninlife:20161021115823j:plain

 

 

仙「よしよし、綺麗に乾いたのう。これを瓶に入れて保管し、使うのじゃ。」

 

 

橘皮(きっぴ)陳皮、橘紅(きっこう) 理気類

[性味/帰経 ]  温、辛、苦/脾、肺

[働き]⑴理気和中 脾胃気滞の腹脹満、嘔吐、食欲不振、下痢

         ⑵燥湿化痰 胸苦しい、咳、多痰、喘息

 

青皮(せいひ)  理気類

[性味/帰経 ]  温、辛、苦/肝、胆、脾、肺

[働き]⑴疏肝破気 胸腹部が脹満、鬱、イライラ

         ⑵消積化滞 食積腹脹、腹痛、げっぷ、食欲不振、大便不調

         ⑶散結止痛 乳房脹痛、塊り、生理痛

 

 

 

 仙人問答

 

仙「一般的には陳皮と呼んでおるが、正確にはちょっとずつ名前が違うのじゃ、」

ぺ「え、では橘皮は?」

仙「橘皮は陳皮と同じじゃ。内側の白い部分を取り除かず、そのまま干したものを陳皮というんじゃ。」

ぺ「では、白い部分を取り除いたものは?」

仙「橘紅と言う。陳皮よりも働きが強くなるのじゃ。」

ぺ「じゃ、今日、作ったのは橘紅ですね。」

仙「ふむ、そうじゃのう。未完熟の青みかんの皮を干したものは青皮というんじゃ。これは効能が強くなり、気を消耗するので、気虚で汗が多い場合は控えねばならんぞ。」

ぺ「なるほど、、青色だから肝胆に帰経するので、効能も違ってくるのですね。」

仙「陳皮は3年ものが良いと言われておるのでな、多めに作って保存しておくと良いぞ。」

ぺ「はい、何処でだったか忘れましたが、真っ黒になってる陳皮を見た事があります。あれが3年ものだったのかしら?それとももっと古いものかしら?そういえば陳皮は確か、香辛料の五香粉にも使われているんですよね。」

仙「そうじゃな、五香粉は大茴香、小茴香、肉桂、丁香、陳皮で出来ておる。そのうち大茴香、小茴香、肉桂、丁香は全て温裏類、陳皮だけが理気類じゃ。臓腑を温め、気の巡りを良くする陳皮は重要な役どころという訳じゃ。」

ぺ「気の巡りを良くする陳皮、そういえば、方剤(漢方薬)の二陳湯にも使われていますよね。」

仙「二陳湯とは二つの古いもの、陳皮と半夏(はんげ)じゃ。痰を取り除く方剤じゃ。」

ぺ「半夏、、半夏の種だと思って蒔いたら、黒ごまだった、、あの半夏だぁ、、」

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!