国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

風邪予防の薬膳茶

 

びわの木、探そうかしら

 

ヒューヒュー

ハラハラハラ   ヒラヒラヒラ

 

ぎぃ〜

 

ぺ「こんにちは〜」

 

ざわざわ   ガヤガヤ

 

マスター「いらっしゃいませ、ぺんたんさん。こちらへどうぞ。」

ぺ「はい、相変わらず賑わってますね〜。」

マスター「おかげさまで、、」

 

ドカドカ

客1「あら、あなたこの間の、、えーとほら、何だっけ、あ、そうそうクコ酒のスィーツ作ってくれた、、。」

ぺ「あ、はい、そうです。」

客1「あれ、美味しかったわよ。今日は何もないの?」

ぺ「あ、はい、すいません。」

マスター「ぺんたんさんもお客様なんですよ。」

客1「あら、そうなの、ごめんなさい。アルバイトか何かと思っちゃって、、。」

客2「え?バイトの子じゃなかったの。」

客3「じゃぁ知ってる?最近の人気メニューはこれよ、クルミルク、面白い名前でしょ?」

ぺ「え、、そうですね。」クスッ

マスター   ニッコリ 「丁度今から薬膳ティを作るところなんですよ。」

客4「マスターがね、風邪予防の薬膳ティを作ってくれるんですって。」

ぺ「風邪予防?」

マスター「ぺんたんさん、ビワの葉ですよ。」

ぺ「あぁ、秋の食薬で紹介した、枇杷葉。」

 

マスター「土鍋に枇杷葉を入れて、30分ほど置いておくんです。」

 

f:id:senninlife:20161024143425j:plain

 

ぺ「やっぱり、土鍋ですね。昨日も土鍋で薬膳を作ったんです。」

客3「あら、あなた薬膳作るの?」

ぺ「はい、今、修行中なんです。」

 

ざわざわ  ガヤガヤ

 

 マスター「さぁ、蓋をして、10分程煮出しますよ。」

グツグツ コトコト 

 

マスター「はい、出来上がりました。びわ葉茶 です。どうぞ」 

 

f:id:senninlife:20161024143503j:plain

 

客1「あら、香ばしくて美味しいわ。」

客2「ほんと、くせがないわね。」

客3「飲みやすいわね〜。マスターこれ、普通の枇杷の葉でいいの?」

マスター「はい、普通のビワの葉です。出来るだけ葉の色の濃いものがいいんですよ。」

客2「葉を切ってお茶にすればいいの?」

マスター「これは、葉を綺麗に洗って乾燥させたものです。ビワの葉は大寒の日に収穫して干して貯蔵しておくといいんですよ。」

客2「へぇ、そうなの。その辺に枇杷の木ないか、探してみようかしら?」

マスター「えぇ是非探してみてください。枇杷の葉は、咳や痰に良いだけでなく、抗菌、抗炎症、抗インフルエンザ作用もあり、万病に効くと言われています。風邪の流行りだすこの時季には、毎日飲んでいただきたい薬膳茶です。」

客1「じゃあ私は毎日ここへ来て頂く事にします。」

客3「あら、ずるい〜、じゃあ私も。」

客4「そうだ、もうすぐハロウィンでしょ?マスターここでみんなでパーティしません?」

客2「それ、いいわね、仮装しちゃったりして、、。」

客3「マスターの仮装も見てみたいわぁ〜」

客4「ね、マスターいいかしら?」

マスター「はい、いいですよ。」

客1「あら、嬉しい、楽しみだわー、ね、あなた、ぺんたんさん、あなたもいらっしゃいよ。」

ぺ「え?私、、」

マスター「ぺんたんさん、、どうぞ。」

ぺ「あ、はい、じゃあ何かパーティ用の薬膳を作って持って来ます。」

客達「あら、それ、楽しみ〜」

 

ワイワイ   ガヤガヤ

 

 

枇杷葉茶

材料(1人分)

枇杷葉(乾燥)7g、水500cc

 

 

作り方

  1. 土鍋に枇杷葉と分量の水を入れ、30分浸けておく。
  2. 土鍋に蓋をして火にかけ、沸騰したら弱火にして10分煮出す。
  3. 火を止め、5分蒸らしてから濾す。

 

 

枇杷葉  止咳平喘類

[性味/帰経 ] 平、苦/肺、胃

[働き]⑴清肺化痰止咳 肺熱の咳、喘息、喀血、呼吸困難、百日咳、喉の乾燥感

    ⑵和胃降逆 胃熱の吐き気、口渇

 

 

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!