国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

冬&アンチエイジングの薬膳酒 2種

仙人cafe

 

これぞ不老じゃ

 

ピューピュー  

ヒラヒラ ハラハラ ヒラヒラ 

 

仙「ぺんたん、今日は立冬じゃ。」

ぺ「立冬、、秋分冬至との中間点ですね。」

仙「そうじゃ、そろそろ冬の準備じゃ、皆を呼べ。」

ぺ「はい。」

 

仙人の薬膳講座

 

仙「皆、よく集まってくれたな、今日は立冬と言う事でな、冬に向けての薬膳酒を仕込もうと思う。」

ざわざわ 

仙「冬にはな、腎を労わる事が大切じゃ。その腎に良い薬膳酒を今日は作るのでな。」

ざわざわ

仙「皆も、もう分かっておろうが、腎に良いと言うことは、即ちアンチエイジングに良い、と言う事じゃ。」

ざわざわ ウキウキ ざわざわ

仙「それでは早速作って行くとしよう。今日は2種類の薬膳酒を仕込むんじゃ。」

 

ぺ「はい、では始めは、山芋酒です。山芋、、ん?この山芋は足みたいな形で面白いですね〜トコトコ、、歩きそう、、。」

 

f:id:senninlife:20161104172124j:image

 

仙「ぺんたん、遊んでおらんと、真面目に作りなさい。」

ぺ「はい、山芋は皮ごと使いますので、綺麗に洗いましょう。」

仙「山芋がなければ長芋でも良いが、できるだけ粘りの強いものが良いのでな、山芋や自然薯がおすすめじゃぞ。」

ぺ「はい、綺麗に洗ったら、乾かしてよく水気を切りましょう。」

仙「そうじゃ、瓶の熱湯消毒も忘れずにな。」

ぺ「次に、レモンは皮を剥いてスライスします。」

仙「ふむ、皮の苦味が出ない様にするのじゃ。」

ぺ「はい、では水気を切った山芋をスライスし、レモンスライスと一緒に瓶に入れ、静かにホワイトリカーを注ぎます。」

 

ドボドボ ドボドボ 

 

ぺ「はい、山芋酒です。」

仙「よし、これで2〜3ヶ月置いておくと良いな。」

 

山芋酒

f:id:senninlife:20161104171202j:image

 

山芋酒

山芋(長芋、自然薯)300g、ホワイトリカー450cc、レモン1個

(芋とリカーの割合 2:3 この割合でお好きなだけ)

冷暗所で2〜3ヶ月置く

 

 

作り方

  1. 山芋は綺麗に洗って、水気をしっかりと切り、皮ごと5mm幅にスライスする。
  2. レモンは皮を剥いて、薄切りにする。
  3. 熱湯消毒して乾かした瓶に、山芋、レモンを入れ、リカーを注ぐ。
  4. 冷暗所で2ヶ月以上置く。

 

山薬(山芋、長芋、自然薯)  補気類

[性味/帰経 ]  平、甘/脾、肺、腎

[働き]⑴健脾止瀉 脾気弱の食少、腹脹、泥状便

    ⑵養肺止咳 肺陰虚の慢性咳、喘息

    ⑶補腎縮尿 腎気虚の遺精、頻尿、帯下

 

山芋酒 

効能:胃弱、消化不良、強壮、強精、若返り、物忘れ、足腰の衰え、頻尿、疲労回復

 

 

 

仙「次は、黒豆酒じゃ。」

ぺ「はい、まず、黒豆をさっと洗って、から炒りします。」

仙「そうじゃ、皮が裂けるまでしっかりとから炒りするのじゃ。」 

ぺ「はい、こんな感じです。」

 

f:id:senninlife:20161104172150j:image

 

仙「よし、あとは簡単じゃ。」

ぺ「はい、黒豆の粗熱が取れたら、熱湯消毒した瓶に入れ、静かにホワイトリカーを注ぎます。」

仙「瓶もしっかりと乾かしてな。」

 

ぺ「はい、黒豆酒です。」

 

黒豆酒

f:id:senninlife:20161104171723j:image

 

 

ぺ「しばらく置いておくと、こんな風に真っ黒になります。」 

 

f:id:senninlife:20161107075343j:image

 

  

 

黒豆酒

黒豆90g、ホワイトリカー300cc

(豆はリカーの30%の量 この割合でお好きなだけ)

冷暗所で2〜3ヶ月置く

 

作り方

  1. 黒豆を皮が裂けるまでしっかりとから炒りする。
  2. 1の粗熱が取れたら、熱湯消毒して乾かした瓶に入れ、リカーを注ぐ。
  3. 冷暗所で2ヶ月以上置く。

 

黒豆  利水滲湿類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、腎

[働き]⑴去風利水 むくみ、腹水、関節腫痛、黄疸

    ⑵滋陰補血 陰血不足のふらつき、月経不順

    ⑶活血解毒 水虫、吹き出物、薬物中毒

 

黒豆酒

効能:貧血、瘀血、白髪、抜け毛、むくみ、ひざ痛、更年期、肌荒れ、老化予防

 

 

 仙人問答

 

ぺ「山芋酒と黒豆酒、あ〜早く飲みたいですね。」

仙「ふむ、山芋の収穫や新物の黒豆を待っておったから、仕込むのはどうしてもこんな時期になるのう。」

ぺ「冬に向けて黒い食薬の出番って感じ!」

仙「そうじゃ、黒は腎に帰経するからのう。」

ぺ「そういえばこの前、未病(みびょう)についてお話しいただいた時、予防の一つに『腎を補う』というのがありましたね。」

仙「腎は『先天の本』と言われておる重要な臓じゃ。五臓六腑の精、気、神の源じゃ。常に腎を補い精を増やすことが大切なんじゃ。」

ぺ「はい、黒い食薬を中心に、腎をしっかり補います。」

仙「黒い食薬、、そうじゃ、古来中国では黒色の食べ物は仙人の食べ物と呼ばれていたのじゃ。」

ぺ「仙人の食べ物、、そういえば、この、山芋の白と、黒豆の黒、、どこかでみたような、、、。あ〜わかった!! 仙人が以前作った不老の薬膳。」

仙「ウハハハハ、今日は仕込んだ2種の薬酒はまさに不老の薬酒なんじゃ!!!」

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!