国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

腎陰を滋陰するカルシウムたっぷりスープ

 

イライラにも良いよ 

 

トコトコ トコトコ

 

ぺ「ただいま〜」

 

トントン トントン

グツグツ

 

仙「おぉ、ぺんたん、遅かったのう。」

ぺ「仙人、何か作って見えるのですか?」

仙「ふむ、気陰を補うスープじゃ。」

ぺ「気陰?」

仙「気も補って、陰も、補う。気は陽じゃから、つまり陰陽どちらも補うバランスの良いスープじゃ。虚弱体質の人にも良いのう。」

ぺ「へぇ、、。」

仙「しらすと小松菜を使ったのでのう、カルシウムたっぷりじゃ。イライラにも良いぞ。」

ぺ「イライラ?」

仙「そうじゃ、ぺんたんはイライラ怒っておったじゃろ、?」

ぺ「そ、そんな別に怒ってませんよ。」

仙「怒ると肝に良くないぞ。肝に帰経する小松菜をた〜っぷり入れたからのう。」

ぺ(仙人、私の事、心配してくれてたんだ、、。)

仙「気の巡りを良くする陳皮も入れて脾胃にも優しいスープじゃ。」

ぺ「はい、ありがとうございます。」

 

仙「ほい出来上がり、小松菜としらすのスープ じゃぞ。」

 

f:id:senninlife:20161115193850j:image

 

ふぅふぅ

ずずずぅ 

 

仙「どうじゃ?」

ぺ「あ、美味しい、、。塩味と陳皮の酸味と、胡麻油の風味が、すごくマッチしてます。」

仙「そうじゃろう、しらすと貝柱の塩分だけで良い出汁になっておるじゃろ。」

ぺ「はい、とっても、。」

仙「貝柱は腎陰を滋陰する大事な食薬じゃ。」

ぺ「あ、そうか、腎陰は、骨にも関係しているんですよね。カルシウムたっぷりで、腎陰を滋陰して、今日のスープは骨にもイライラにも良いスープですね。」

仙「そうじゃ、それに食薬の六味をうまく使えば、調味料を使わんでも、美味しいスープができるしのう。」

ぺ「あ、ほんと、今日のスープ、調味料ほとんど使ってない、、胡麻油ぐらいで、、。」

仙「やっと気がついたかのう。」

ぺ「なるほど、こうやって食薬の六味を活かすのですね。」

 

 

小松菜としらすのスープ

材料(2人分)

小松菜80g、しらす30g、干し貝柱6g、陳皮大さじ1/2、ごま油小さじ1/2、水2カップ

 

 

作り方

  1. 干し貝柱は分量の水に浸けて戻しておく。
  2. 小松菜は1cmに切る。
  3. 1を鍋に入れ火にかけ、煮たったら小松菜、しらす、陳皮を入れる。
  4. 一煮立ちしたら火を止め、胡麻油を入れる。

 

 

 

 小松菜  滋陰類

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/肺、肝、胃、大腸

[働き]⑴養陰潤燥 腸燥便秘

    ⑵利肺止咳 風寒の咳、肺虚の喘息、咳

 

しらす(イワシ) 補気類

[性味/帰経 ]  温、甘/脾

[働き]⑴補益気血  気血虚弱、息切れ、めまい、むくみ

 

帆立貝  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、鹹/ 脾、胃、腎

[働き]⑴滋陰補虚 陰虚のめまい、口渇、小便不利

         ⑵調中開胃 消化不良、食少、倦怠

 

橘皮(きっぴ)陳皮、橘紅(きっこう) 理気類

[性味/帰経 ]  温、辛、苦/脾、肺

[働き]⑴理気和中 脾胃気滞の腹脹満、嘔吐、食欲不振、下痢

         ⑵燥湿化痰 胸苦しい、咳、多痰、喘息

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、今日のスープとっても美味しかったです、ご馳走様でした。」

仙「そうかそうか、いや、ぺんたんのご機嫌が良くなれば何よりじゃ。」

ぺ「はい、怒ると肝ウーッドが傷つくので、怒ったりしません。」

仙「そうじゃ、そうじゃ、怒ると肝ウーッドに良くないからのう、。」

ぺ「はい、私の事、気遣ってくださって仙人にも感謝です。」

仙「ふむ、ぺんたんのご機嫌が悪いと困るからのう、、。」

ぺ「え?」

仙「いや、この前の肝から入って目に通ずる穴なんじゃが、、長すぎたのでもう少し短いものに作り直してみたんじゃ。」

ぺ「・・・」

仙「明日、もう一度滑ってみてはくれんかのう?」

ぺ「・・・」

仙「大丈夫じゃ、安全に作ってあるぞ、盛り土もしっかりしてあるしのう、、。」

ぺ「・・・」

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!