国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

イタリア人に捧げるシラスバーニャカウダ

 

抗ガン作用のあるカリフラワーを使って

 

パラパラ

ぺ「そうかぁ、バーニャカウダってイタリアの食べものなのね。」

パラパラ

ぺ「意味は、、あったかいソースの事かぁ、アンチョビが入ってるんダァ。」

ジーーッ     thinking time

ぺ「でも、アンチョビって塩っ辛いから、、。」

ピッ!

ぺ「そっか、アンチョビってイワシの仲間だから、同じくイワシの稚魚のシラスを使えば、、。」

 

グルグル コネコネ

サッサ グツグツ

 

ぺ「出来た! 仙人〜、仙〜人〜〜」

 

ヒューン

 

仙「なんじゃ、ぺんたん。」

ぺ「出来ました。イタリア人向け薬膳です。」

仙「よし、海外向けの薬膳じゃな。」

 

ぺ「はい、温野菜でシラスバーニャカウダ です。」

 

f:id:senninlife:20161123214118j:image

 

ポチャッ  パクッ

仙「うんうん、あっさりしてうまいのう、普通のバーニャカウダより随分ライトな感じじゃ。」

ぺ「丁度、生しらすが手に入ったので、それを茹でて使ってみました。」

仙「そうか、生しらすがなくても、うす塩のしらすで作れるからのう。」

ぺ「はい、しらすの甘みと温野菜がよくマッチしてます。」

仙「そうじゃのう、野菜を食べるのが楽しくなるのう。」

 

 

温野菜でしらすバーニャカウダ

材料(2人分)

温野菜:カリフラワー60g、人参1/4本、パプリカ2色×1/4、マッシュルーム4個

バーニャカウダ:しらす30g、ニンニク1片、牛乳100cc、パセリ2g、オリーブオイル、コショウ少々

 

 

 作り方

  1. しらすをすり鉢で細かく潰しておく。
  2. 鍋にオリーブオイルを入れ、ニンニクを炒める。
  3. 2にしらすとパセリを入れ炒め、牛乳を入れ弱火で煮込み、コショウで味を整える。
  4. 野菜類は好きな形に切り、蒸す。
  5. 器に盛り、しらすバーニャカウダをつけて頂く。

 

 

花菜(カリフラワー)補気類

[性味/帰経 ]  平、甘/腎、脾、胃

[働き]⑴補脾和胃 脾胃虚弱、疲れ、胸焼け、胃痛

    ⑵補腎強筋 耳鳴り、健忘、発育遅延

 

にんじん  養血類

[性味/帰経 ]  平(微温)、甘/肺、脾、胃、肝

[働き]⑴養血明目益肝 血虚による目の乾燥、かすみ、視力低下

    ⑵斂肺止咳 咳、咳痰

 

マッシュルーム 補気類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 胃

[働き]⑴補気益胃 脾胃気虚の食欲不振、胃痛、げっぷ、嘔吐

 

パプリカ(ピーマン) 温裏類

[性味/帰経 ]  熱、辛/心、 脾

[働き]⑴温中散寒 脾胃虚寒による脘腹冷痛、嘔吐下痢

    ⑵開胃消食 食欲不振、消化不良

 

しらす(イワシ) 補気類

[性味/帰経 ]  温、甘/脾

[働き]⑴補益気血  気血虚弱、息切れ、めまい、むくみ

 

牛乳  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、/心、肺、胃

[働き]⑴生津潤膚  口渇、消渇、盗汗、痒み、皮膚乾燥、便秘

    ⑵補肺益胃  虚弱、疲れ、微熱

(*注;中医学では糖尿病は『消渇』に属します。)

 

 

 

仙人問答

 

仙「ぺんたんよ、今日はカリフラワーを使ったのも良かったのう。」

ぺ「はい、収穫の時期になりましたので。」

仙「そうじゃな、そろそろカリフラワーやブロッコリーの収穫が始まる頃じゃ。」

ぺ「ブロッコリーはカリフラワーの原型、って食薬辞典に書かれてました。」

仙「そうじゃ、カリフラワーもブロッコリーも抗ガン作用があると言われておるのじゃ。腎に帰経し、腎機能の低下に良い食薬じゃ。」

ぺ「え、そうなんですか、、じゃ、冬の腎に必要な食薬ですね。」

仙「そうじゃ、その上、カリフラワーには筋や骨のもろさを改善する働きもあるのじゃ。」

ぺ「へぇ、では、カルシウムの豊富なしらすとは良いコンビですね。」

仙「Si ,Buono! Buono! ~ 」

ヒューン

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!