国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

薬膳風 田作り

 

体を温めるクルミを入れて

 

ヒューヒューヒューー

ピュルルルルー

 

ぺ「うぅ、寒っ、、。風が、、、。」

 

ぺ「クリスマスツリーの木、大丈夫かな、、ちょっと見てこようっと、。」

 

ピューピュー

 

ぺ「うわぁ、木が揺れてる〜〜、。あれ?木の根っこに何か置いてある、。」

 

ガサガサ 

 

ぺ「あ‼︎」

 

ぺ「仙人、せんに〜ん、大変です〜。仙人〜早くきてくださ〜い。」

 

ヒューン

 

仙「なんじゃ、騒々しいのう。」

ぺ「み、見てください、これ、木の根元に、、このはずくさんが、『紫蘇と陳皮のパン』を作って置いていってくださったんです。しかも、チキン&ポテト入りのパンまで作ってくださって、、。」

 

 

mkonohazuku.hatenablog.com

 

仙「おぉ、これは凄いのう。美味そうじゃ。」

ぺ「う、うううっ、、」

仙「なんじゃ、ぺんたん、泣いておるのか。」

ぺ「はい、もう感激してしまって、、ううッううッ、、。」

仙「ふむ、このはずくさんは優しい方じゃのう、わしからポイントをプレゼントしておこう。」

ぺ「ううッ、はい、沢山ポイントを差し上げてください。」

仙「よし、10yellow dewじゃ。」

ぺ「10?仙人、以外とケチですね。」

仙「そうか?では 10green dewも足しておこう。陳皮の分がyellowで、紫蘇の分がgreenじゃ。」

ぺ「なるほど、、。貯めると良い事あるのかしら?」

仙「仙人社で使えるのじゃ。しかし、このはずくさんも、毎日色々なパンを作って頑張って見えるのう、ぺんたんも精進しなさい、ほれ。」

 

ドバドバドバー

 

ぺ「わ、仙人、何ですか?」

仙「イワシじゃよ、田作り用の。」

ぺ「田作り用、。」

仙「ふむ、ぺんたんがダラけておったのでな、干し上がったイワシを持ってきたのじゃ。」

ぺ「お正月かぁ、、。でも、今時、誰もおせちなんて作らないんですよ。」

仙「そうらしいのう、おせちは買う時代になったんじゃのう。」

ぺ「はい、だから、作らなくても、、。」

仙「田作りぐらいは作っても良いじゃろ、酒の肴にもなるしのう。」

ぺ「普通の田作りでいいですか?」

仙「やはり、薬膳らしく組み合わせを考えてもらいたいものじゃのう。」

ぺ「ううッ、イワシは補気類、温性だから、、その効能をアップさせる助陽類で、クルミ、、ですね。」

仙「ふむ、良いじゃろう。」

ぺ「では、パパッと、クルミ入り田作りを、。」

 

シャッシャッ シャッシャッ

パキパキ

シャッシャッ シャッシャッ

フツフツ フツフツ

混ぜ混ぜ混ぜ〜〜〜

 

 

ぺ「出来ました。胡桃入り田作り です。」 

 

f:id:senninlife:20161219153734j:image

 

仙「どれどれ。」

パクッ 

仙「うまい、クルミもうまい、イワシもうまい、。あとは、日本酒が。」

 

  

くるみ入り田作り

材料

田作り用イワシ60g、くるみ40g、白胡麻小さじ1

合わせ調味料: 醤油大さじ1、みりん大さじ2、酒大さじ2

  

 

作り方

  1. フライパンに田作り用イワシを入れ弱火で煎る。
  2. ポキッと折れるようになるまで煎ったら、器に取り出しておく。
  3. フライパンにクルミを入れ、乾煎りし、器に取り出す。粗熱が取れたら適当な大きさに割っておく。
  4. 合わせ調味料をフライパンに入れ、弱火でフツフツと泡が立つまで煮る。
  5. 煮立ったところへイワシとクルミを入れよく混ぜ、器に盛る。
  6. 乾煎りした白ごまをかける。

 

 

 

鰯  補気類

[性味/帰経 ]  温、甘/脾

[働き]⑴補益気血  気血虚弱、息切れ、めまい、むくみ

 

胡桃肉(ことうにく、くるみ)  助陽類

[性味/帰経 ]  温、甘/肝、腎、肺、大腸

[働き]⑴補腎助陽 腎虚の腰痛、四肢無力、むくみ、冷え

    ⑵斂肺定喘 肺腎不足の吸気性呼吸困難、慢性咳、喘息

    ⑶潤腸通便 老人、虚弱者、病後の腸燥便秘

 

白胡麻  滋陰類

[性味/帰経 ]  寒、甘/肺、脾、大腸

[働き]⑴清熱滑腸 皮膚の乾燥、筋肉の無力、痰、赤み、便秘

    ⑵行気通脈 頭痛、めまい、頭部瘡瘍

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「紫蘇と陳皮のパンも食べたし、クルミ入り田作りも食べたし、、なんか元気になってきた。よし、張り切って蔵の掃除でもしよっ!」

仙「チキン&ポテトでしっかり気を補う、そして陳皮でその気を巡らせる。気を補う事は大事じゃが、気が多すぎても気が重くなったり、気が詰まったりしてしまう。そこで、気を巡らせる陳皮や香りのある紫蘇で気を上昇させるのじゃ。」

ぺ「だから、やる気が出てきたんですね。」

仙「クルミ入り田作りで体も温まっておるからな、ますます気の巡りは良くなっておるぞ。」

ぺ「はい、では、蔵の掃除に行ってきま〜す。」

ルンルン

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!