国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

邪気を追い払う小豆粥

 

古くは七種の穀物粥だったそうな

 

グツグツグツグツ

 

仙「むかぁし、昔の話じゃ。」

ぺ「え?何がですか?」

仙「七草がゆの話じゃよ。」

ぺ「あぁ、1月7日に頂くお粥の事ですね。」

 

 グツグツグツグツ

 

ぺ「あれ、仙人、今お粥炊いて見えるのですか?」

 

パッ

 

ぺ「ん?七草じゃないですよ、これ、、。」

仙「これ、勝手に蓋を開けてはいかん、、。」

ぺ「え、だって、七草じゃないし、、仙人、ボケてきてないかしら?」

仙「何を言うておるのじゃ、全く、、、、初めからやり直しじゃ。」

ぺ「?」

 

仙「むかぁし、昔の話じゃ。日本で言うなら、なら時代、、」

ぺ「言うなら、なら時代って、またつまらぬダジャレを、。」

仙「うおっホン、奈良時代じゃ、『七種』と書いて『ななくさ』と読み、七種の穀物の粥を食していたのじゃ。」

ぺ「え?草じゃなかったんですか?」

仙「そうじゃ。『米』『大麦』『小麦』『粟(あわ)』『黍(きび)』『大豆』『小豆』の七種じゃ。」

 

グツグツグツグツ

チラッ

 

ぺ「あ、それで、、このお粥、小豆が入ってるんですね。」

仙「平安時代の頃にのう、春を待つという季節感も加わって、今の七草がゆとなったんじゃ。」

ぺ「今流行りの雑穀米、いや雑穀粥だったんですね。」

仙「小豆には邪気を追い払う力があると言われていてのう、正月に小豆を食すると、新しい年が無病息災になると言われておるのじゃ。」

ぺ「無病息災!それは、大事だわ。」

仙「厄払いの意味を込めて、1月15日の小正月には小豆粥を食べるんじゃ。」

 

グツグツグツグツ

チラッ

 

ぺ「仙人、はと麦も入ってますよ。」

仙「むくみを改善する薬膳粥にしておいたんじゃ、小豆もはと麦も浮腫みに良いからのう、それに気の巡りを良くする陳皮で、正月太りのむくみ解消じゃ。」

 

ぺ「そろそろ、できるかなぁ、、」 

 

クルクル

 

仙「コラッ、かき混ぜてはダメじゃ、粥がベトベトになってしまう。」

ぺ「はい。」

 

 

 

仙「ようし、完成じゃ、小豆とはと麦の粥 。」

 

f:id:senninlife:20170106201829j:image

 

 ぺ「美味しそう、、。仙人、小豆も茹でたんですか?」

仙「ウハハハハハ、この前ぜんざいを作ったときに、この粥の分を取っておいたのじゃ。」

ぺ「さすが仙人、抜かりない。」

 

そーっ ずずっ

 

ぺ「美味しい、、優しい味、、」

仙「ふむ、あったまるしのう、。」

 

 邪気  トットコトットコ〜〜〜

 

仙「見よ、ぺんたん、邪気が逃げて行くぞ、。」

 

 

小豆とはと麦の粥

材料(2人分)

うるち米50g、水500ml、小豆乾30g(茹で60g)、はと麦大さじ1、陳皮少々

 

 

作り方

  1. はと麦は水に浸けて戻しておく。米は洗ってザルに上げておく。
  2. 小豆を洗い、やや固めに茹でる。茹で小豆を使っても良い。
  3. 土鍋に分量の水を入れ強火にかけ、沸騰したら米とはと麦を入れ、弱火にして吹きこぼれないように炊く。
  4. 30分ぐらい炊いたら小豆を入れ、さらに10分ぐらい炊く。
  5. 炊き上がったら陳皮を入れて蒸らす。

*小豆を茹でて、そのままその茹で汁で粥を作る場合は、小豆が固めに茹だったところで分量の水になるように水を足し、沸騰させてから米とはと麦を入れて、そのまま一緒に炊く。

 

 

うるち米  補気類

[性味/帰経 ]  平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補中益気・健脾和胃 脾気虚の疲れ、食欲不振、むくみ、下痢

    ⑵除煩止渇      精神不安、イライラ、口渇

 

小豆  利水滲湿類

[性味/帰経 ] 平、甘、酸/ 心、小腸

[働き]⑴利尿除湿 むくみ、胃もたれ、下痢

    ⑵解毒排膿 瘡瘍熱腫

 

薏苡仁(よくいにん、はと麦)  利水滲湿類

[性味/帰経 ] 微寒、甘、淡/ 肺、脾、胃

[働き]⑴利水滲湿 むくみ、下痢、かっけ、四肢痙攣

    ⑵健脾補肺 咳、痰多、胸の痛み、食欲減少

         ⑶清熱排毒 皮膚の化膿症

 

橘皮(きっぴ)陳皮、橘紅(きっこう) 理気類

[性味/帰経 ]  温、辛、苦/脾、肺

[働き]⑴理気和中 脾胃気滞の腹脹満、嘔吐、食欲不振、下痢

         ⑵燥湿化痰 胸苦しい、咳、多痰、喘息

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、、お正月にばっちゃんの家に遊びに行ったんですけどね、、。」

仙「おぉそうか、ばっちゃんは元気じゃったか?」

ぺ「それが、痴呆が一気に進んでしまっていて、、。」

仙「そうか、それは心配じゃのう、。薬膳を作ってあげたのかのう?」

ぺ「はい、お粥も作ったんですけどねぇ、、、。」

仙「どうしたんじゃ、食が細くなって食べれんかったのか?」

ぺ「いえ、逆です。 仙人、、ぺんたん初めて見ました。」

仙「何をじゃ?」

ぺ「お粥の一気飲み。」

 

・・・・・・

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!