国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

黒豆は炒めると温性に変わる

 

明日は節分

 

 ゴソゴソゴソ

ザッザッ

 

仙「ぺんたん、何をしておるのじゃ。」

ぺ「あ、仙人、今、豆を、、。」

仙「豆?」

ぺ「はい、2月3日は節分ですから、豆を使った薬膳を作ろうと思って、、。」

仙「そうか、節分か、、。」

ぺ「大豆、黒豆、金時豆、、、どれにしましょうか?」

仙「ふむ、やはり黒豆じゃな、まだまだ腎を労って欲しいからのう。」

ぺ「はい、では黒豆で、、。」

仙「ぺんたんよ、黒豆は炒めると良いぞ。」

ぺ「え、炒めるんですか?」

仙「そうじゃ、黒豆は炒めると平性から温性に変わるのじゃ。」

ぺ「へぇ、、じゃあ体を温めますね。」

仙「そうじゃ、温めて陰血を養うのじゃ。」

ぺ「はい、では、、採れ採れの春キャベツと一緒に炒めます。」

仙「おぉ、それは胃に優しくて良いのう。ついでに、長芋もな、。」

ぺ「あ、仙人の好きな不老の組み合わせですね、黒豆と長芋、。よし、では気の巡りを良くするグリンピースも入れて、彩りよく、、。」

 

トントン  トントン

グツグツ   グツグツ

シャッシャッ

 

ジュワ〜〜

 

ぺ「はい、出来ました、     黒豆とキャベツの炒め物  です。」

 

f:id:senninlife:20170127162101j:image

 

仙「ふむ、醤油の香りが香ばしいのう。」

ぺ「はい、最後に醤油を少し入れて香ばしく仕上げました。生姜も入って、美味しいですよ。」

 

パクパク  ムシャムシャ

 

仙「うん、これは美味いぞ、キャベツの甘みも良い味じゃ。」

 

 

 

黒豆とキャベツの炒め物

材料(2人分)

黒豆(乾)40g、グリンピース(冷凍可)20g、キャベツ100g、長芋50g、生姜5g、醤油大さじ1/2、サラダ油

 

 

作り方

  1. 黒豆を茹でる。生姜はみじん切りにする。
  2. キャベツと長芋は1cm角に切る。
  3. フライパンを温め、サラダ油を入れ、生姜を入れて香りを出す。
  4. 香りが出たらキャベツと長芋を入れて炒め、その後黒豆、グリンピースを入れて炒める。
  5. 最後に醤油をフライパンの縁からまわし入れて香ばしく炒める。

 

 

 

 

黒豆  利水滲湿類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、腎

[働き]⑴去風利水 むくみ、腹水、関節腫痛、黄疸

    ⑵滋陰補血 陰血不足のふらつき、月経不順

    ⑶活血解毒 水虫、吹き出物、薬物中毒

 

甘藍(キャベツ)補気類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 胃、腎

[働き]補中益気 脾胃虚弱、疲れ、胸焼け、胃痛、食欲不振

 

山薬(山芋、長芋、自然薯)  補気類

[性味/帰経 ]  平、甘/脾、肺、腎

[働き]⑴健脾止瀉 脾気弱の食少、腹脹、泥状便

    ⑵養肺止咳 肺陰虚の慢性咳、喘息

    ⑶補腎縮尿 腎気虚の遺精、頻尿、帯下

 

グリンピース 理気類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴健脾益気・健胃利湿 食欲不振、嘔吐、下痢

    ⑵解毒利水 水虫、吹き出物、外傷腫毒

    ⑶生津通乳 産後乳汁不下

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、今日は大豆ではなく、黒豆を使いましたが、、大豆でも良いのですか?」

仙「もちろん大豆でも良いぞ、大豆も疲れやむくみに良いからのう。」

ぺ「あ、でも大豆は腎には帰経しませんね。」

仙「そうじゃのう、、。昨日、肝ウーッドがやってきて、そろそろ冬から春への移行の時期、つまり腎から肝への移行の時期じゃ。ここでしっかり腎を補って上手に肝へとバトンタッチをせねばのう。」

ぺ「なるほど、、腎を補っておかないと、肝ウーッドも元気に働けない訳ですね。」

仙「春先はめまいや貧血も起こりやすくなってくる。今のうちから陰血を養っておくのじゃ。」

ぺ「はい。」

仙「黒豆は腎虚に良いからのう。」

ぺ「ではしっかり食べて、節分の鬼も追い払ってしまいましょう!」

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!