国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

変わり湯豆腐で風寒邪気を追い払う

 

とろっと美味しい半熟たまごで

 

ヒューヒューー

 

ぺ「もしや、風邪?それとも寒邪?」

 

ヒューヒュー

 

ぺ「違う、単なる風だわ、、春一番ほどの威力ではない、、。」

 

 

ヒュヒューン

 

ぺ「あ、仙人、おかえりなさい。」

仙「ふむ、里の様子を見に行ってきたんじゃが、、。」

ぺ「里の皆さんはお元気でしたか?」

仙「元気ではあるようじゃが、やはり寒邪もうろついておるのでのう、油断は禁物じゃ。」

ぺ「寒邪、、という事は、対策としては、やはり体を温め潤す薬膳ですね。」

仙「ふむ、この時期は風邪と寒邪が合体する風寒邪気に注意が必要じゃ。」

ぺ「風寒邪気、。」

仙「白ネギが良く育っておるので、それで風寒邪気を追い払う薬膳じゃ。」

ぺ「白ネギ、、良いですね、お鍋とか、、。」

仙「お手軽、簡単、変わり湯豆腐じゃ。」

ぺ「変わり湯豆腐?」

仙「ふむ、湯豆腐をちょっとアレンジするだけじゃ。」

 

トントン  グツグツ

パカっ

 

仙「ほれ完成、変わり湯豆腐 じゃ。」

 

f:id:senninlife:20170210170753j:image

 

ぺ「わっ、何ですかこの湯豆腐、美味しそう、、。」

仙「ぷるんぷるんの豆腐に、とろ〜〜り半熟卵、白ネギを入れてもろみ味噌で頂くのじゃ。」

ぺ「いっただきまーす。」

 

パクッ  とろっ

 

ぺ「うわァ、美味しい〜〜、あったまる、、。」

仙「陰液を潤し、疲れにも、食欲が無い時にも良い薬膳じゃ、。もろみ味噌のような発酵食品は体に良いしのう、。」

ぺ「う〜〜ん、どのタイミングで半熟たまごを崩すかが、、。」

 

プチッ

 

ぺ「あー〜ー、仙人、私の半熟たまごをーッ。」

 

 

 

変わり湯豆腐

材料(1人分)

豆腐1/4丁、卵1個、白ネギ1/4本、もろみ味噌小さじ1/2、だし用昆布少々、水50cc

 

 

 

作り方

  1. 土鍋に水とだし昆布を入れておく。
  2. 豆腐は中央をくり抜いておく。ネギは斜め切りにする。
  3. 鍋に豆腐を入れ、蓋をして煮る。
  4. 豆腐が煮えてきたら、卵を割り入れ、ネギを入れ、くり抜いた豆腐も崩して周りに入れ、蓋をして卵が半熟になるまで煮る。
  5. 卵が半熟になったら、火を止め、もろみ味噌を添える。

 

 

 

豆腐   清熱瀉火類(せいねつしゃかるい)

[性味/帰経 ]  寒、甘/ 脾、胃、大腸

[働き]⑴益気和中 肺熱の咳、喘息、食欲不振

   ⑵生津潤燥 消渇、便秘

   ⑶清熱解毒 水腫、麻疹、皮疹、吐血

 

玉子   滋陰類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 肺、心、脾、肝、腎

[働き]⑴滋陰潤燥 空咳、口渇

    ⑵清咽開音 目赤、声嗄れ、発声困難、のどの痛み

    ⑶養血安胎 不眠、多夢、めまい、精神不安、胎動不安

 

  辛温解表類

[性味/帰経 ]  温、辛/肺、胃

[働き]⑴発汗解表     外感風寒の発熱、悪寒

    ⑵散寒通腸     陰寒腹痛

    ⑶解毒散結     瘡瘍腫毒

 

 

 

仙人問答

 

仙「今日の薬膳は簡単じゃから、ぺんたんは里へ行って教えてくると良いぞ。」

ぺ「あ、そうですね。」

仙「こういう薬膳を食べておれば、風寒邪も近づかん。」

ぺ「白ネギに白い豆腐に、半熟たまごの白、、肺メタルが喜んでる気がします。」

仙「そうじゃな、。これで肺メタルが強くなって、体力アップじゃ。」

ぺ(ん?? そう言えば、今日の仙人の肌色、、なんか白くてツヤツヤしてる)

仙「さぁ、里に行ってくるのじゃ、体力が衰えておるものが狙われる、。風寒邪気はポストの辺りをうろうろしておったぞ。」」

ぺ「ポストってことは、。」

仙「田んぼにあるポストじゃ。あの辺りに老人が住んでおったじゃろ、狙われるぞ。」

ぺ「あ、わかった、田んぼのババだ、急いで薬膳食べさせてきまーす。」

 

タタタタタタターッッ

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!