国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

クラッときたらイカで養血

 

赤ワインで効能アップ

 

トボトボ  トボトボ

ドタッ

 

ぺ「た、た、ただいま、、。」

仙「どうしたんじゃ、ぺんたん。」

ぺ「疲れました、、。」バタン

仙「田んぼのババはどうじゃった、風寒邪にやられてはおらんかったか?」

 

ムクっ

 

ぺ「それなんですよ、仙人、、。凄かったんです、。」

仙「何が?」

ぺ「聞きたいですか?」

仙「ふむ、。」キョウミシンシン

 

ぺ「私が田んぼのババの所へ行った時、、確かに風寒邪気がババの家を取り囲んでいたんです。」

 

ヒュぉ〜〜ん

 

仙「おぉ、やはり、そうか、、。」

ぺ「それで、私は気付かれない様にそーっとババの家に入って、そーっと変わり湯豆腐薬膳を作ったんです。」

仙「それで、、。」

 

ぺ「ババも風寒邪気の気配に気付いていて、私の作った薬膳を一気に平らげると、弱った振りをして風寒邪気をおびき寄せたんです。」

 

オイデオイデ

 

仙「なかなかやりおるのう、田んぼのババ、。」

ぺ「はい、それで、田んぼのババにおびき寄せられて、風寒邪気が遂に侵入して来たんです。」

 

ヒュヒュヒュぉ〜〜ん

 

仙「遂に来たか!」

 

ぺ「その時です。いきなりババが『わー』と大声で叫んで。」

 

わわわわわわ

 

仙「叫んで、。」

ぺ「そしたら、卵でパワーアップしたババの五行レンジャー達が現れたんです。」

 

"We are the five elements, 五行レンジャー参上!"

 

仙「出たか五行レンジャー。」

 ぺ「風寒邪気も負けてはいません。ババの鼻から入り込んで肺メタルを狙いうちにしようと、。」

 

ヒュぉひゅぉひゅぉ〜〜ん

 

仙「やはり、肺メタルは外気と繋がっておるので狙われやすいんじゃ。」

ぺ「その時です、豆腐が肺メタルに取り付いた風寒の熱を蹴散らして、、。」

 

トフントフントォーッ

 

仙「豆腐よ、良くやった。」

ぺ「次の瞬間ババが『ネギパワーーッ』て叫んだかと思うと、葱の強烈な香りがババの体表に溢れ出て、、。」

 

アリシンシンシンシンーーー

 

仙「おぉ、『昇降浮沈の術』じゃ。」

ぺ「??その術は知りませんが、、。その香りを撒き散らしながら、ババは羽生結弦くんよりもすごいスピードで回転し、、。」

 

クルクルクルクルーーー

 

仙「風寒邪気はどうなった?」

 

ぺ「散り散りバラバラにされ、ノックアウトです。」

仙「田んぼのババのKO勝ちという事か、、。」

 

ぺ「はい、見事な勝利、、で、これ、ババがお礼にって。」

 

ゴロゴロ

 

仙「おぉ美味そうな新玉ねぎじゃ、。」

ぺ「はい、。」

仙「よしよし、疲れたぺんたんに今日はわしが薬膳をつくってやるとしよう。丁度、ホタルイカが手に入ったんじゃ。」

 

トントン シャカシャカ

ヒタヒタ

 

 

仙「ほれ、ぺんたん、ホタルイカの赤ワインマリネ じゃ。」

 

f:id:senninlife:20170210171404j:image

 

 ぺ「わぁ、きれい。」

仙「疲れた時、クラっと貧血気味のときに良い薬膳じゃ。」

 

パクッ

 

ぺ「美味しい、、イカと玉ねぎの甘味が、、。」

仙「赤ワインで漬けてあるので更に養血力アップじゃ。」

ぺ「戦ったババよりそばで見てた私のが疲れるなんて、、。」

仙「ウハハハハ、ババはかなりのツワモノの様じゃのう、。」

 

 

 

ほたるいかの赤ワインマリネ

材料(2人分)

ボイルほたるいか60g、新玉ねぎ(小)1/4個

マリネ液:赤ワイン大さじ1、オリーブ油小さじ1/2、酢(バルサミコ酢)小さじ1/2、胡椒少々

 

 

 

作り方

  1. ホタルイカは目を取っておく。
  2. 新玉ねぎは薄切りにし、水に晒す。
  3. マリネ液を合わせる。
  4. 玉ねぎの水気を切って、ホタルイカと一緒にマリネ液に漬け込む。

 

 

 

ホタルイカ烏賊)  養血類

[性味/帰経 ]  平、鹹/肝、腎

[働き]⑴養血滋陰 貧血、血虚閉経、出血、帯下

 

玉葱  理気類

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/脾、胃、肺、心

[働き]⑴健脾理気 食欲不振、下痢

    ⑵和胃消食 げっぷ、吐き気、胃もたれ

    ⑶発表通陽 発熱、悪寒

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「ホタルイカは酢味噌和えも美味しいですが、洋風にしても美味しいですね。」

仙「そうじゃろう、赤ワインはイカと同じ養血類の葡萄から出来ておるから、イカの効能も高まるんじゃ。それに気の巡りを良くする玉ねぎとで、疲れも取れるじゃろう。」

ぺ「はい、、なんかちょっと回復してきた感じ、、。」

仙「ぺんたんもババに比べるとまだまだ人間力が足らんようじゃのう。」

ぺ「はい、薬膳の修行だけではババのようにはなれませんね。」

仙「それにしても『昇降浮沈の術』を使いこなすとは、田んぼのババ、なかなかの切れ者じゃのう、、、、。」 ムムムムム

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!