国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

月刊仙人life 2月号 2017

月刊仙人life

 

そして2月

 

皆さま、こんにちは、ぺんたんです。

 

ロウギアからのスタートとなった1月でしたが、何とかギアをセカンドに入れて、2月はまずまずの走りが出来たと思います。

 

そんな2月を振り返りながら、まずは恩師のお話から、、。

 

 

 

予防医学

 

私の恩師は勿論中国の方で、現在は日本に帰化されています。中国で臨床医として働かれていた恩師がどうして薬膳普及の道を選ばれたか、、。

それは、治す事ができない病気を前にした際の医者の無力感だったそうです。

患者の絶望の眼差しに出会う中で、病気を治療する医者より、病気にさせない医者になりたい、との思いがこみ上げてきて、薬膳に辿り着いたと、おっしゃって見えました。

 

日常の中のほんの些細な事の積み重ねが、ある日突然、病となって現れる、、。

それを回避すべく、想像力豊かな?私は、こんなストーリーを考えながら薬膳を作っていました。

 

 

 

薬膳にまつわる3つのショートストーリー

 

 

【 その1 】

 

小学6年生の女の子エイコちゃんのお母さんは、残念ながら、食事を作るのが好きではありません。

毎日毎日、お肉を炒めるだけの簡単料理。エイコちゃんはいつも胃腸風邪を繰り返し、インフルエンザの常連でもあります。

それでもエイコちゃんはお母さんが大好き、だって朝ごはんにはいつもエイコちゃんの大好きなロールケーキや菓子パンを用意してくれるんですもの。

「胃腸風邪の時は何を食べているの?」

「うどん、、」

「ネギとか、椎茸とか、入ってるの?」

「うどんだけ。」

 

こんなエイコちゃんに小学生でも作れる『春キャベツと鮭フレークの和え物』は、如何でしょうか、。

 

 

 

【 その2 】

 

独身OLのビイコさんは、彼氏との共同生活を始めてウキウキモード。

仕事中もクックパッドのページを見ながら、夕飯は何を作ろうかと張り切っています。

2人仲良く夕飯を作って食べて、、でも、半年も経ったある日彼氏に言われてしまいました。

「納豆だけでいいよ、本当はこういうゴチャゴチャしたの、好きじゃないんだ。」

・・・

結局破局、一人暮らしになってしまったビイコさん、1年半が過ぎました。

初めのうちは自炊もしていましたが、どんどん億劫になり、今ではまともな夕飯を食べる事も少なくなり、体調を崩しては病院通いです。

「野菜ジュースは飲んでますよ。あと、お豆腐ぐらいはたまに食べるんですけどね。」

 

こんなビイコさんに『変わり湯豆腐』は如何でしょうか、。

 

 

 

【 その3 】

 

結婚生活10年目のシイオさんは、会社の統廃合で、突然の転勤を言い渡されました。

でも、奥様から『小学生の子供もいるし、実家の近くから離れたくないの。』と言われ、やむなく単身赴任です。

仕事で帰りが遅かったシイオさん、今まで家事は奥様に任せきりで料理などしたことがありません。

外食とコンビニ弁当、カップ麺の日々が続き、なんと3ヶ月で10キロも太ってしまいました。

「服のサイズも合わなくなってしまい、スーツのズボンはもうどれもはけません。休みの日ぐらいは自炊でもしないと、と思っているのですが、包丁もあまり使ったことはなく、鍋や調味料も揃えてありません、、。」

 

こんなシイオさんに『タラのホイル焼き わさび漬け風味』は如何でしょうか、。

 

 

” 様々な人の 様々な暮らしに 仙人life の薬膳御膳

あなたの健康をサポートします ”

 

以上、CMでした (^_−)−☆

 

 

 

 

 

自然界便り 

 

春の訪れを告げる蕗の薹です。

 

f:id:senninlife:20170220182820j:image

 

 今年の蕗の薹は小ぶり、、。

もちろん、天ぷらと、蕗味噌にして美味しくいただきました ( ´ ▽ ` )

 

 

 

 編集後記

 

「君の瞳に恋してる」「酒とバラの日々」「空に星が綺麗」(斉藤和義

今月もブログ内にいくつかの名曲が登場しました。

私は音楽が好きで、ジャンルを問わず何でも聞きます。あ、演歌や民謡は聞きませんが、、。

料理を作るとき、食べる時は必ずBGMをかけながら、、。

でも料理って、ブログでもお分かりのように、結構色んな音が出るんですよね、なので、BGMは大きめの音量でないと聞こえません。かなりの爆音で聴いているかも、、です。

それで、、今月気になった事が一つ、radwimpsの「前前前世」と「週刊少年ジャンプ」の曲の「君の前前前世から僕は〜〜♪」の部分と「週刊少年ジャンプ的な未来を〜〜♪」のところのメロディが、同じに聞こえる、、テンポは違うけど、、。

ただそれだけの話(笑)

 

 

今月も訪問してくださった皆様、読者になってくださった皆様、スター、コメントをくださった皆様、本当にありがとうございます。

 

少し春めいて、何となく気分がウキウキしてきたら、それは貴方の肝ウーッドが動き始めた証拠。

もし、少しもウキウキして来なかったら、玉ねぎや柑橘類を食べて、肝ウーッドを目覚めさせてあげましょう。

 

梅・桃・桜、、優しい花達の季節がやって来ます。

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!