国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

春の食薬

 

春は 肝&脾を大切に

 

 

ポカポカ

 

ぺ「何となく、、春らしくなってきたような、、。そうだ!」

 

ごそごそ  ガサゴソ

 

パシャっ

 

仙「ぺんたん、何をしておるのじゃ。」

ぺ「はい、仙人、そろそろ春の食薬を揃えておこうかと、、写真を撮っている所です。」

仙「おぉ、これか、、。」

 ぺ「はい、ほんの一部ですが、春の食薬です。」

 

 

春の食薬

 

f:id:senninlife:20170303111731j:image

 

 

ぺ「仙人、春は肝ウーッドの活動が盛んになるんですよね。」

仙「そうじゃ、春は『発生』の季節、全ての物が芽生え、生き生きと育つ季節じゃ。」

ぺ「春は、のびのび陽気に、、ですね。」

仙「そうじゃ、春は体内の陽気が生長し、緩み、膨らむ季節じゃ。」

ぺ「『春眠暁を覚えず』なぁんて言いますよね、リラックスして朝寝坊、、。」

仙「それはいかんのう、朝寝坊は陽気の生長を妨げるのでな、春は早起きをして、ゆったりとした服を身につけ、リラックスして陽気の生長を促すのじゃ。」

ぺ「あ、朝寝坊はダメなんだ、、。」ガックリ

 

仙「春の主節気は風、主の味は酸味じゃ。」

ぺ「酸味は肝に帰経する、ですね。」

仙「そうじゃ、春は肝ウーッドの動きが盛んになるのでな、その働きが盛んになり過ぎないように酸味を摂るのじゃ。」

ぺ「酸味で肝ウーッドを抑制するのですね。」

仙「ふむ、特に高血圧の人や怒りっぽい人は多めに摂った方が良いのじゃ。しかし、冷え性、虚弱体質、老人などは、控えた方が良いのう。」

ぺ「体質や年齢によって変わってくるんですね。」

 

仙「そうじゃ、それから春は肝だけではなく、脾を補う事も大切なんじゃ。」

ぺ「脾アースも、。」

仙「肝ウーッドは気の動きを司っておる。脾アースは食べ物を消化、吸収し、その営養を全身に運んでおる。肝ウーッドは脾アースが営養を運ぶ動きを促進しておるのじゃ。脾アースの働きが鈍れば肝ウーッドにも負担がかかる。逆もまた然り、どちらかの動きが悪くなりバランスが崩れると、『肝脾不和』と言って、気が詰まり、胸脇腹部の痛みや、張り、つかえ、躁鬱、怒りやすい、下痢等の症状があらわれてくるのじゃ。」

ぺ「肝ウーッドと脾アースが不仲にならないように、、ですね。」

仙「温性、辛味、甘味を中心にして、血や陰液を補い、脾を労わり、肝ウーッドを安定させるよう心がけて、薬膳をつくることじゃな。」

ぺ「はい。」

 

 

 

《 春によく使う食薬&中薬 》

 

【 辛温発散 】

*辛味があり、体を温め、発汗作用により体内の陽気を体表へ発散させます。

  • ネギ・生姜・紫蘇・香菜・茗荷・みつば

 

【 辛涼発散 、安定 】

*辛味があり、体を冷やす性質で、春に肝の働きがうまくいかない時、精神の不安、怒りの症状が出た時に使います。

  • 食用菊・薄荷・葛根(かっこん、くず)・桑葉(そうよう)

 

【 清熱 】

*熱を取り除きます。春に肝が興奮しすぎる時、目の充血・のぼせに使います。

  • セリ・白菜・トマト・きゅうり・セロリ・豆腐・じゅんさい・茶・キウイ・カニ・クラゲ・たんぽぽ・ドクダミ

 

【 補気健脾 】

*脾の働きを健やかにします。

  • 米・小麦・大麦・はと麦・大豆・納豆・とうもろこし・栗・蜂蜜・かぼちゃ・いんげん・椎茸・長芋・大棗・牛肉・鶏肉・じゃがいも

 

【 補血滋陰 】

*津液(体内の正常な水分)・血・骨髄・脳髄・精液等の陰液を補充します。

  • ほうれん草・にんじん・白キクラゲ・落花生・ごま・百合根・ぶどう・ライチ・竜眼肉・レバー・イカ・豚肉・ホタテ・牛乳・卵・枸杞子・松の実

 

 

 

 

仙人問答

 

 ぺ「昨日作った黒米パンも、春に良いですね。栗や小麦を使いましたし。」

仙「そうじゃのう、暖かくなってくるので清熱類の食薬も増えてくる、麺類などにも良い季節じゃ。」

ぺ「はい、何を作ろうかしらーー。」

仙「春は、『のぼせ』『めまい』等の症状も出やすいのでな、そんな時は補血滋陰の食薬や、辛涼の食薬を中心にな。」

ぺ「はい。」

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!