国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

春の香りの蕗味噌で

 

鰆(さわら)を使って

 

 ホーホケキョ ケキョ ケキョ

 

ぺ「あ、ウグイス、、」

仙「春じゃのう、、。」

ぺ「そうだ、仙人、魚の春、と書くサワラを使って薬膳を作りましょう。」

仙「それは良い考えじゃ。蕗の薹がまだいくつか顔を出しておるので、それを一緒に使うと良いぞ。」

ぺ「はい。」

 

トントン

サッサ サッサ

くるくる 混ぜ混ぜ

コトコト

ほわぁ〜〜〜ん

 

ぺ「出来ました、鰆の蕗味噌仕立て です。」

 

f:id:senninlife:20170309151753j:image

 

 ほわわぁわぁ〜〜〜ん

 

仙「おぉ、蕗の薹の良い香りじゃ。」

 

ぱくっ パクパク

 

仙「うまい、蕗の薹の苦味がなんとも言えんのう。」

ぺ「あー、ほんと、春を感じる味ですねぇ。」

 

仙「苦味の効能を覚えておるか?」

ぺ「はい、えーっと、確か解毒、通便、、。」

仙「そうじゃ、苦味には熱をとって毒素を出し、便の通じを良くする効能があるのでな、体の中の悪いものを出してくれるのじゃ。」

ぺ「デトックス、ですね。」

仙「水菜にも同様の働きがあるんじゃ。」

ぺ「サワラで気を補いながら脾胃の調子を整え、体の中の毒素を出す、という訳ですね。」

仙「ふむ、えんどうは気の巡りを良くするので、一緒に使うと効果的じゃ。」

ぺ「補気って、理気って、毒素にバイバイ、、。」

仙「ほぉ、、。」

ぺ「ハッ、しまった!『補気って』を使ってしまった、、。」

 

 

 

鰆の蕗味噌仕立て

材料(2人分)

鰆2切れ、水菜100g、さやえんどう6本、舞茸1/2パック、だし昆布2g、日本酒大さじ6(3×2人分)

蕗味噌:蕗の薹2個、西京味噌大さじ1.5、みりん大さじ1

 

 

作り方

  1. 土鍋に日本酒とだし昆布を入れておく。
  2. さやえんどうはスジを取り、舞茸はほぐし、水菜は10cmに切る。
  3. 鍋に水菜、鰆、舞茸を入れ、蓋をして5〜6分蒸す。
  4. 蕗の薹を洗って細かく切り、西京味噌、みりんと合わせる。
  5. 3が蒸しあがったら、さやえんどうと蕗味噌を入れ蓋をして1、2分蒸し、火を止め蒸らす。

 

 

 

鰆(さわら)  補気類

 [性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補気益胃 体力不足 

 

水菜   清熱瀉火類

[働き]⑴清熱解毒・瀉下通便 熱病、煩熱、熱性便秘

    ⑵滋陰潤燥 陰虚の消渇、皮膚の乾燥

 

舞茸  補気類

 [性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補気益胃 脾胃気虚の食欲不振、胃痛、げっぷ、嘔吐

    ⑵托痘止血 風疹の発疹不暢、不正出血、血便、ガンの出血

 

さやえんどう  理気類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴健脾益気、健胃利湿 食欲不振、嘔吐、下痢

    ⑵解毒利水 水虫、吹き出物、外傷腫毒

    ⑶生津通乳 産後乳汁不下

  

蕗の薹

 [性味/帰経 ] 寒、苦/ 肺、大腸、肝

[働き]⑴咳、痰、便秘

    ⑵血行不良、胃腸の不調、毒素排出

*蕗の薹はフキノトキシン(発ガン物質)含有のため、多食・常食は不適

 

 

仙人問答

 

ぺ「あー、今日も美味しい薬膳でお腹いっぱ〜い。」

仙「ふむ、それは良いが、ぺんたんよ、その服はなんじゃ?」

ぺ「え、あ、これですか、。仙人が『春はゆったりとした服を〜』と仰ったので、ゆるゆるの服にしてみました。」

仙「嫌な予感がするのう、、。」

ぺ「大丈夫ですよ、食べ過ぎないよう、気をつけますからっ。」

仙「では、散歩でもするかのう。」

ぺ「あ、それが良いですね。」

 

トコトコ  トコトコ

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!