国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

旬のもずくで高血圧予防

 

生もずくでも、もずく酢でもok

 

 

 

ぐぃ〜

 

ぺ「今日こそ、今日こそは秘伝の書を、、」

キョロキョロ  キョロキョロ

 

ぺ「あ、これ、。」

 

パラパラ

ぺ「わ、少し文字が読める、、修行の成果?」

 

ヒュヒューン

仙「ぺんた〜〜〜ん」

 

ぺ「え、また仙人、、もっもうっ‼︎」

 

ジョボジョボジョボー

 

ぺ「仙人、今日は何ですか?」

仙「なんじゃ、テンションが低いのう、見ての通り、今日はもずくじゃ。」

ぺ「また、海、、」

仙「また、とはなんじゃ、もずくは今が旬じゃ、それにこれは田んぼのババの為に採って来たのじゃ。」

ぺ「田んぼのババに?」

仙「そうじゃ、今朝会ったら、最近血圧が高い、、と言うておったのでのう。」

ぺ「あー、田んぼのババ、漬物の食べ過ぎかも、、。」

仙「よし、ではこれでスープでも作って、ババに持って行きなさい。」

ぺ「はい。ヌメヌメ成分のある里芋と、巡りを良くする陳皮、脾胃を整える椎茸で、、と。」

 

トントン トントン

グツグツ グツグツ

ヌルヌル グツグツ

 

 

ぺ「出来た! もずくと里芋のスープ 、スープの冷めないうちに、持って行きまーす。」

 

f:id:senninlife:20170317193101j:image

 

 

 

 

もずくと里芋のスープ

材料(2人分)

生もずく50g(もずく酢)、里芋100g、干し椎茸2枚、陳皮小さじ1/2、生姜5g、水300cc、酢大さじ1/2、醤油大さじ1/2、ネギ少々

*もずく酢を使う場合は酢、醤油は入れない。

 

 

 

作り方

  1. 干し椎茸を分量の水で戻す。もずくは洗って水気を切り、適当な長さに切る。 
  2. 生姜はみじん切り、ネギは小口切りにする。
  3. 戻した椎茸は薄切りにする。里芋は皮をむいて一口大に切る。
  4. 鍋に椎茸の戻し汁、椎茸、里芋、生姜を入れて火にかける。
  5. 里芋が煮えたら、もずくと陳皮を入れ、酢、醤油を入れ一煮立ちしたら火を止める。(もずく酢を使う場合は酢、醤油は入れない。)
  6. 器に盛り、ネギをそえる。

 

 

 

もずく  化痰類

[性味/帰経 ] 寒、鹹/ 腎

[働き] 水分代謝、痰

 

里芋  化痰類

[性味/帰経 ] 平、甘、辛/大腸、胃

[働き]⑴化痰軟堅・消腫散結     瘰癧、血便、消渇、泄瀉

    ⑵益胃寛腸通便    消化不良、便秘

 

椎茸  補気類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補気益胃 脾胃気虚の食欲不振、胃痛、げっぷ、嘔吐

    ⑵托痘止血 風疹の発疹不暢、不正出血、血便、ガンの出血

 

橘皮(きっぴ)陳皮、橘紅(きっこう) 理気類

[性味/帰経 ]  温、辛、苦/脾、肺

[働き]⑴理気和中 脾胃気滞の腹脹満、嘔吐、食欲不振、下痢

         ⑵燥湿化痰 胸苦しい、咳、多痰、喘息

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、ババ、とっても喜んで食べてくれましたよ。『独りだと、漬物と味噌汁で済ませてしまうから。』って言ってました。」

仙「そうか、独り暮らしのお年寄りも増えておるので、里の見回りもそんなところに気をつけねばのう。」

ぺ「はい、あ、そう言えば、ババの家に行った時に、ケアマネージャーさんと言う方が来て見えましたよ、介護関係の方だと思います。」

仙「ほぉ、今はそういうシステムがあるのじゃのう。」

ぺ「そうらしいです。私も良く分からないんですけど、、。」

仙「何か言うておられたのか?」

ぺ「あ、ババの事は別に何も、、。ただ、『池の向こうで揉め事があって、直ぐに行かないと。』と、とっても急いで出て行かれました。」

仙「ふむ、そうか、。大きな揉め事でなければ良いがのう。」

 

 パッ

ぺ「あれ、仙人、スープ、今日作ったスープ、あー、全然残ってない、全部食べちゃたんですかー、ひどい!」

仙「なかなか、美味かったぞ。これでコレステロール減、高血圧、動脈硬化予防で益々パワーアップじゃ、ウハハハハ。」

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!