国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

カルシウム豊富な桜えびで

 

 

ヨモギも一緒に春色天ぷら

 

 

 

ホーホケキョ ケキョケキョ

 

仙「今日もポカポカ暖かいのう。どれ、散歩にでも行くとするか。」

ぺ「はい、。」

 

ササッ ササッ

トコトコ  トコトコ

 

仙「何じゃ、ぺんたん、良い天気だと言うのにあまり元気がないのう。」

ぺ「え、ちょっと、。」

 

仙「おぉ、ヨモギの若芽が綺麗じゃ、、。摘んでいくとするか、、。」

ツムツム

 

仙「やや、つくしも顔を出しておるのう。」

ツムツム ツムツム

 

 ぺ「・・・」

仙「今日の薬膳はヨモギを使うとするか、。」

ぺ「はい。」

仙「そうじゃ、駿河湾でとれた桜えびもあるから、これで、春色天ぷらじゃ。」

ぺ「はい。」

 

ササッ   ササッ

トコトコ  トコトコ

 

 

トントン

 

ぺ「仙人、海老って老化防止になりますか?」

仙「ふむ、腎に帰経するから老化防止に役立つ食薬じゃ。特に桜えびはカルシウムが豊富じゃから骨粗鬆症予防に良いな。」

ぺ「確か、、海老や蟹の殻には血中の悪玉コレステロールを下げる働きがあったんですよね。」

仙「そうじゃ、桜えびは殻ごと食べるので、コレステロール対策もバッチリと言う訳じゃ。」

 

ぺ「やっぱり、、。ではヨモギって老化防止になりますか?」

仙「ヨモギも腎肝に帰経し、薬膳学では『艾葉(がいよう)』と言って、止血薬にあたる。体を温めるのに良い食薬じゃ、女性の生理痛などに良いな。」

ぺ「そうなんですか、。」

仙「ヨモギはお灸に使うもぐさの原料じゃ。韓国ではヨモギ蒸しといった健康法もあるしのう。」

ぺ「あ、そうですね。」

仙「しかし、ヨモギは辛味も強いので、多食してはならぬ、陰液を消耗しやすくなるのじゃ。」

ぺ「はい、多食と言っても、、生ヨモギが食べられるのはこの時期だけですしね。」

仙「ふむ、桜えびもヨモギも体を温める食薬、花冷えの頃にはおすすめじゃ、香りも良いしのう。」

 

トントン

 

ぺ「揚げ物にはグレープシードオイルを使いますね。」

仙「ほぉそうか。」

ぺ「オリーブオイルだと食材に香りが移ってしまって、折角のヨモギの香りが消えてしまいます。グレープシードオイルは無味無臭で酸化しにくいので、揚げ物には良いかと思って、、。」

仙「食材の香りは大事じゃからのう。」

 

くるくる 混ぜ混ぜ

 

ぺ「桜エビを揚げる時は、溶き衣にえびを入れるのではなく、えびに天ぷら粉を直接入れ、そのまま混ぜて揚げた方が、衣だらけにならず 、あっさりと揚がるんです。」

仙「ほぉ、よく知っておるのう。」

ぺ「はい、以前、由比に行った時に現地の方に教えて頂きました。えびや三つ葉から水分が出るので、その水分で調節しながら混ぜて、足らなければ少し水を足す程度がいいみたいです。」

 

ジュワ〜〜

 

 

ぺ「はい、出来上がり、桜えびとよもぎの天ぷら です。」

 

f:id:senninlife:20170327204559j:image

 

仙「揚げたてを、、。」

パクッ

仙「おぉ美味い、桜えびの甘味と鹹味が、。」

 

パクッ

ぺ「ほんと美味しい、やっぱり桜えびはかき揚げが1番美味しい、、。」

 

仙「よもぎも良い香りじゃ。」

ぺ「はい、春の香りですねー。」

 

 

 

桜えびとヨモギの天ぷら

材料(2人分)

桜えび(釜揚げ、生でも可)50g、三つ葉5g、生ヨモギ8g、

天ぷら粉(小麦粉)、グレープシードオイル、塩少々

 

 

 

作り方

  1. 三つ葉は1cmに切る。ヨモギは洗って水気を切る。
  2. 桜えびはさっと洗って水気を軽く切り、ボウルに入れる。
  3. 2のボウルに三つ葉を入れ、天ぷら粉を大さじ1ほどいれ混ぜる。
  4. 天ぷら粉と水を様子を見て少しづつ足す。衣は薄め、少なめにして揚げる。
  5. ヨモギは水溶きした天ぷら粉につけて、油で揚げる。
  6. お好みで塩をつけて頂く。

 

 

桜えび  助陽類

[性味/帰経 ]  温、甘、鹹/肝、腎、胃

[働き]⑴補腎壮陽 勃起不全、腰膝軟、骨痛、冷え

    ⑵温陽開胃 胃痛、食欲不振、痰

    

 

三葉(みつば) 辛温解表類

[性味/帰経 ]  温、辛

[働き]⑴袪風止咳     かぜ、咳、喘息、膿痰、黄痰

    ⑵活血化瘀解毒散寒通腸    皮膚のかゆみ、怪我、瘡瘍腫毒、歯痛

 

 

艾葉(がいよう、ヨモギ) 止血類

[性味/帰経 ]  温、辛、苦/肝、脾、腎

[働き]⑴温経止血  虚寒性出血、生理時の出血、血便、痔、腹痛、生理痛

 

 

 

仙人問答

 

 仙「ところでぺんたん、今日はやたら、老化予防にこだわっておったな。」

ぺ「はい、この前会ったケアマネージャーさんが、里の方達の認知症の事で悩んでみえたので、。」

仙「ふむ、認知症か、、。」

ぺ「はい、お友達が皆さん認知症の疑いがあると言う事で、、とてもショックを受けてみえました。」

仙「それで老化予防の薬膳と言う訳か、。」

ぺ「はい、里の方達の老化予防も必要ですね。」

仙「そうじゃのう、加齢に関係するのはやはり腎、腎ウォーターじゃ。」

ぺ「ある程度年齢が行ったら、常に腎を意識しないと、ですね。」

仙「ふむ、人生、腎に始まり腎で終わる、じゃ。」

ぺ「はぁ、まさに腎生かぁ、、。」

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!