国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

トマトと卵で精神安定に良いココット

 

 

熱を取り、渇きを潤す

 

 

ブッブー

 

「ぺんたんさ〜ん、」

ぺ「あ、里の新人君だ、、。」

キィーッ

 

ぺ「こんにちは、。」

新人君「こんにちは、お出かけですか?」

ぺ「いま、ちょっとスーパーなぎさに行くところで、、。」

新人君「そうですか、僕はちょうど仕事が終わった所なんです。」

 

ガサガサ

 

ぺ「?それ、その袋、お土産ですか?」

新人君「ああ、これ、、里のお年寄りの家を訪問して回ってたのですが、あちこちで色々頂いてしまって、、。」

ぺ「アハハ、じゃ、スーパーなぎさに行かなくていいですね、何が入ってるのですか?」

 

ちらっ

 

新人君「えーっと、卵に、トマトに、アスパラガスに、、。」

ぺ「わ、とってもナイスな組み合わせですよ、それ、。」

新人君「え、そうなんですか?でも、先日教えて頂いた補気類の食薬は入ってないですよ。」

ぺ「補気類、、もう覚えてくださったんですか?」

新人君「勿論です、覚えるのは得意ですので。」

ぺ「凄い、、。」

 

新人君「この食材で、薬膳を作れるのでしょうか?」

ぺ「はい、もちろん。そうだ、寄合所で、簡単な薬膳を作って見ましょうか?」

新人君「はい、お願いします。」

 

ブッブー

 

 

ぺ「では先ずトマトをこんな感じでくり抜いて、、底を切って平らにして、器に入れる、。」

  

f:id:senninlife:20170330185952j:image

 

新人君「はい。」

 

ぺ「それから、くり抜いた分と、底を切った分のトマトを刻んで、周りに入れて、、。」

 

f:id:senninlife:20170330190005j:image

 

新人君「はい。」

 

ぺ「あとは、茹でたアスパラガスを入れて、卵を落として、、」

 

f:id:senninlife:20170330190023j:image

 

新人君「はい。」

 

ぺ「オーブントースターで焼けば、出来上がり。」

 

ジージージー  

チーン

 

ぺ「はい、完成、トマトとアスパラガスのココット です、どうぞ。」

 

f:id:senninlife:20170330190049j:image

 

新人君「美味しそうです、食べてもいいですか?」

ぺ「もちろん、。」

新人君「頂きます。」

 

パクッ ズルッ

 

新人君「とっても美味しいです。トマトと卵が良く絡んで、、アスパラガスも甘いし、。」

 

パクパク

 

ぺ「はい、じゃあ、私、帰りますね、、後片付けヨロシク〜。」

新人君「あ、ぺんたんさん、この薬膳は、補気ッチャう薬膳ではないのですよね。」

ぺ「ああ、これ、これは熱を取って体を潤す薬膳よ、じゃあまたね〜。」

 

ブッブー

 

新人君「あっ、ぺんたんさ〜〜ん、、、行ってしまった。もっと詳しく聞きたかったのに、、。」

 

 

トマトとアスパラガスのココット

材料(2人分)

トマト2個、アスパラガス2本、玉子2個、オリーブ油、塩、バジル

 

 

作り方

  1. アスパラガスは斜め切りにし、沸騰したお湯に塩ひとつまみを入れサッと茹でて冷水にとる。
  2. トマトはヘタを取り、真ん中をややくり抜き、底を切って平にする。くり抜いた部分と切り取ったトマトは細かく切っておく。
  3. 器にオリーブ油を塗り、トマトを入れ、周りに刻んだトマトを入れる。
  4. トマトの周りにアスパラガスを並べ、真ん中に玉子を落とし、黄身を爪楊枝で軽く刺しておく。
  5. オーブントースターで12〜15分焼き、バジルをかける。(お好みでパルメザンチーズ

 

 

 

トマト         清熱瀉火類

[性味/帰経 ]  微寒、甘/ 肝、脾、胃

[働き]⑴生津止渇 熱病による煩渇

         ⑵健胃消食 食欲不振、消化不良

 

アスパラガス  滋陰類

[性味/帰経 ]  微温、甘、苦/肺、心、肝、腎

[働き]⑴滋陰生津止渇  発熱、喉の渇き、便秘

    ⑵潤燥止咳  空咳、痰、結核の咳、肺膿

    ⑶殺虫止痒  皮膚の痒み、乾癬

 

玉子   滋陰類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 肺、心、脾、肝、腎

[働き]⑴滋陰潤燥 空咳、口渇

    ⑵清咽開音 目赤、声嗄れ、発声困難、のどの痛み

    ⑶養血安胎 不眠、多夢、めまい、精神不安、胎動不安

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「と言う訳で、新人君に薬膳を作っていたので、帰りがすっかり遅くなってしまいました。」

仙「ふむ、日に日に気温も上がってきておるからのう、潤すだけでなく、熱を取る食薬も必要になってくるのう。」

ぺ「トマトとアスパラガスのココット、私も食べたくなって、食材買ってきましたよ、作りますね。」

 

トントン

 

仙「しかし、新人君はなかなか熱心な人じゃ。」

ぺ「そうなんですよ、もう補気類って覚えてくれてましたよ。」

仙「で、このココットの効能は説明してきたのかのう?」

ぺ「アハハ、急いでたので、、。」

仙「春分の日に、陰虚と陽虚の話をしたじゃろ?」

ぺ「はい、陰が不足しがちな陰虚体質、陽が不足しがちな陽虚体質、。」

仙「このココットは、その陰虚体質の人に良いのじゃ。」

ぺ「あ、なるほど、。」

仙「清熱類の清熱とは、単に熱を取ると言う意味だけではなく、陰虚体質の時に話した、『ほてり』や『のぼせ』にも良いのじゃ。」

ぺ「そうなんですか、、今度新人君に会ったらちゃんと説明しておかないと、、。」

仙「トマトと卵は相性が良いぞ、トマトの赤は心にも入り易く、卵と一緒に働いて、精神安定にも繋がるのじゃ。さらにアスパラガスで陰液を潤すので皮膚のかゆみにも良いしのう、。」

ぺ「春は環境が変わったりして、精神も不安定にもなりやすいし、、あ、新人君にピッタリの薬膳でしたね。」

 

チーン

 

ぺ「仙人、ココット出来ましたよ。」

仙「よし、頂くとしよう。」

 

パクッ

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!