国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

ゴーヤと梅で夏バテ知らず

 

苦味と酸味のハーモニー

 

 

 

ザッザー

   ザザザーッ

 

仙「ふむ、台風がやってくるのう、。」

 

 

チョキン

   チョキン  チョキン

 

仙「ぺんたんよ、台風が来る前にゴーヤを採ってきたぞ。」

ぺ「あ、ありがとうございます。」

 

仙「白ゴーヤも緑ゴーヤも、、ほれ。」

 

ぽとっ

 

ぺ「わっ、、じゃゴーヤ料理ですね、今日は、。」

仙「ふむ、そうじゃのう、、。」

ぺ「何が良いですかね?」

 

仙「ゴーヤと言えばチャンプルーじゃが、、。」

ぺ「ひとひねり、、でしょ、仙人は、、。」

 

仙「そうじゃ、、、よし、、決まった。」

ぺ「何ですか?」

仙「梅、、じゃ。」

ぺ「梅、、」

仙「梅とゴーヤで夏バテ知らずの薬膳じゃ。」

 

トントン

   トントン

 

ジューっ

  シャッシャッ

 

トトトン

 

 

仙「ほれ、完成、ゴーヤと豚肉の梅香風味 じゃ。」

 

 

f:id:senninlife:20170804172335j:image

 

 

ぺ「わ、お品が良い感じ、、梅がのるとぐっと和風になりますね〜。」

 

パクッ

  パクパク

 

ぺ「あ、美味しい、、ゴーヤの苦味と豚肉の甘味と梅の酸味が、、。」

仙「美しいハーモニーじゃろ?」

ぺ「はい、美味しいハーモニー、、です。」

 

 

ゴーヤと豚肉の梅香風味

材料(2人分)

豚肉薄切り80g、ゴーヤ1/4本、梅干し(塩分控えめ)1個、生姜5g、ネギ5cm、紹興酒大さじ1/2、薄口醤油小さじ1、ごま油

 

 

 

作り方

  1. ゴーヤは半分に切って種を取り、薄切りにする。
  2. 生姜はみじん切り、ネギは小口切りにする。
  3. 豚肉は食べ易い大きさに切り、紹興酒に浸けておく。
  4. 梅干しは種を取り、細かく叩いておく。
  5. フライパンを熱し、ごま油を入れ、生姜を炒めて香りを出す。
  6. 5に豚肉を入れて炒め、ゴーヤも炒め、薄口醤油で味を整える。
  7. 器に盛り、ネギと梅干しをのせる。

 

 

 

苦瓜  清熱瀉火類

[性味/帰経 ]  寒、苦/ 心、脾、胃

[働き]⑴熱病の発熱、口渇、発汗

    ⑵口苦、目赤、熱毒腫瘍

 

豚肉  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、鹹/ 脾、胃、腎

[働き]⑴滋陰潤燥 熱病による消渇、空咳、便秘、乳汁分泌不足、病気の回復

 

烏梅(梅)  収渋類

[性味/帰経 ] 平、酸/肝、脾、肺、大腸

[働き]⑴斂肺止咳 肺虚の慢性咳、喘息

    ⑵渋腸止瀉 慢性の下痢

    ⑶生津止渇 虚熱の消渇

    ⑶安蛔止痛 回虫による腹痛、嘔吐

 

 

 

仙人問答

 

 仙「ゴーヤはビタミンCがたっぷりじゃ、夏には持ってこいの食薬じゃのう。」

ぺ「あー、はい、苦味(くみ)ですから心に帰経しますし〜。」

仙「しかし寒性じゃから、冷え性の人は注意が必要じゃ。」

ぺ「そうなんですね。」

仙「糖尿病の予防にも良い食薬じゃが、低血糖の人は多食してはならぬぞ。」

ぺ「なるほど、。」

 

仙「しかし、ぺんたんよ、今日は立秋じゃのう。」

ぺ「あ、そうか、、でも夏バテ知らずの薬膳、、作っちゃいましたね。」

仙「立秋と言っても、まだまだ暑さは続くからのう。」

ぺ「では夏バテ防止薬膳も、まだまだ必要って事ですね。」

 

キョロキョロ

 

仙「おや、、おやおや、、わしがこの辺りに置いておいた、、ゴーヤの種が、、ないぞ。」

ぺ「あ、はい、さっきのゴーヤの種、ですよね、ちゃんと捨てておきましたよ、仙人、もう、その辺に生ゴミ置かないで下さいよー。」

 

仙「何という事を、、ゴーヤの種は大事な大事な食薬じゃぞ!」

ぺ「え?そうなんですか?」

仙「全く、、余分な事を、、。」

ぺ「すみません、、。」

 

 

仙「・・・」

むすっ

 

ぺ「あの、、仙人、そんなに大事な食薬だったんですか、ゴーヤの種って、、、、、。」

 

仙「・・・」

 

ぺ「あの、仙人、、ゴーヤの種って、、どんな効能があるんですか、、?」

 

 ニッ

仙「ゴーヤの種か、、、ゴーヤの種は、、ウハハハハ〜。」

ぺ「???」

 

仙「ゴーヤの種は精力強壮に良いのじゃー、ウハハハハーーー‼️」

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!