国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

咳、痰を改善する薬膳スープ

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」

 

  里芋と昆布でとろとろ〜

 

 グツグツ

  グツグツ

 

 

ぺ「さ、出来た、、と、。」

 

ヒュヒューン

 

仙「ん、、くんくん、、何か良い匂いがしておるな。」

 

ぺ「あ、仙人、お帰りなさい。」

 

仙「良い匂いがしておるが、今日は何の薬膳じゃ?」

ぺ「はい、仙人、今日は咳や痰を改善する、薬膳スープです。」

仙「ほぉ、この前の化痰止咳平喘類の食薬を使ったのじゃな。」

 

ぺ「はい、里芋と昆布の豆乳スープ  です、どうぞ。」

 

 

f:id:senninlife:20170915174640j:plain

 

 

仙「おぉ、とろっとして美味そうじゃ。」

 

ズ  ズズッ

 

仙「美味いのう、、そうか、もう里芋が採れたのじゃな、、。」

ぺ「はい、田んぼのババの所でもらってきたんです。」

 

仙「そうかそうか、里芋も昆布も痰や、痰によって出来てくる固まりを軟化して取ってくれるのじゃ。便通も良くなるし、むくみにも良い。もちろん痰湿体質の人にも良い薬膳じゃ。」

ぺ「はい、一緒に豆乳も使いましたよ。」

仙「それは良い組み合わせじゃ。豆乳は肺を潤すので、痰を排出しやすくしてくれるのじゃ。これからの季節にはありがたい食薬じゃ。喉の乾燥を防ぎ、咳や喘息にも良いしのう。」

ぺ「はい、、。」

仙「??」

 

 

 

里芋と昆布の豆乳スープ

材料(2人分)

里芋3個、玉ねぎ1/4個、昆布5g、水150cc、豆乳200cc、オリーブ油、塩、胡椒、パセリ

 

 

 

作り方

  1. 昆布を分量の水に浸けておく。
  2. 玉ねぎは薄切り、里芋は皮をむいて一口大に切る。パセリはみじん切りにする。
  3. 1の昆布を取り出し、5mmぐらいに切っておく。
  4. 鍋にオリーブ油を入れて火にかけ、温まったら玉ねぎを入れ、塩ひとつまみを入れて5分程しっかり炒める。
  5. 4に里芋を入れて炒め、昆布と出し汁を入れて里芋が柔らかくなるまで蓋をして煮る。
  6. 5に豆乳を入れ、塩、胡椒で味を整え、沸騰する前に火を止める。
  7. 器に盛り、パセリを添える。

 

 

 

里芋  化痰

[性味/帰経 ] 平、甘、辛/大腸、胃

[働き]⑴化痰軟堅・消腫散結     瘰癧、血便、消渇、泄瀉

⑵益胃寛腸通便    消化不良、便秘

 

玉葱  理気

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/脾、胃、肺、心

[働き]⑴健脾理気 食欲不振、下痢

⑵和胃消食 げっぷ、吐き気、胃もたれ

⑶発表通陽 発熱、悪寒

 

昆布  化痰

[性味/帰経 ]  寒、鹹/ 肝、胃、腎

[働き]⑴消痰軟堅 瘰癧(るいれき)、肝腫、脾腫、睾丸の腫大疼痛

         ⑵行水消腫 水腫、げっぷ、血便、脚気、浮腫

 

豆乳  化痰

[性味/帰経 ] 平、甘/ 肺、大腸、膀胱

[働き]⑴潤肺化痰平喘 虚労咳、喘息、咽喉乾燥

 ⑵利尿通便 便秘、小便不利、むくみ

 ⑶補虚養血 消痩、疲れ、産後虚弱、喀血

 

 

 

仙人問答

 

仙「なんじゃ、ぺんたん、今日は、珍しく、しおらしいのう、、。」

ぺ「・・実は、、今日の薬膳スープ、、思い出の薬膳スープ、、なんです。」

仙「思い出の?」

ぺ「はい、これは『じっちゃん2とばっちゃん2の物語』、、。」

 

    〜  〜  〜

 

仙「ばっちゃん1は、確か5月に亡くなったんじゃったな、、。と言う事はばっちゃん2は、、」

ぺ「はい、お粥を一気飲みしたばっちゃんです。去年の敬老の日にもお話をしたと思いますが、。」

仙「ふむ、あの時は、ばっちゃんの記憶力が、、と、心配しておったな。」

ぺ「はい、じっちゃん2が髄膜腫で視力を失ってしまって、、それでばっちゃん2がその介護をしていたのです。その疲れやら、逃避やらで、、。痴呆が始まっていました。」

 

仙「じっちゃんとばっちゃんは2人だけで暮らしておるのか?」

ぺ「えーっと、いわゆる2世帯住宅、、で、、2階にはじっちゃん2の息子家族が住んでいます。」

仙「そうか、では、まずまず、安心じゃ。」

ぺ「んーーーー、そうですね、、。ばっちゃん2もじっちゃん2の目が見えなくなった時は、そう思っていたと思います。」

 

仙「違ったのか?」

ぺ「じっちゃん2の目が見えなくなっても、2世帯住宅は2世帯住宅のまま、、何も変わりはありませんでした。」

仙「そうなのか、。」

ぺ「変わったことと言えば、月に1度ばっちゃん2が食事の準備をして一緒に夕食を食べていたらしいのですが、それが、0回になった、という事、、らしいです。」

仙「ふむ、それは、、ばっちゃんもじっちゃんも寂しかろう、。」

 

ぺ「じっちゃん2の家は私の仕事場の近くで、、時間があると時々様子を見に行っていたんです。」

仙「そうか、、。」

 

ぺ「去年のもう少し秋も深まった頃でしょうか、、じっちゃん2の咳がひどくて、、。ばっちゃん2が『痰も酷いし、、困った、、デイサービスも休みっぱなし。』と言うので、、。」

仙「その時に作ったのが、このスープ、と言う訳じゃな。」

ぺ「はい、本当なら、杏仁(きょうにん)や枇杷酒も使って作りたかったのですが、この時はばっちゃん2の家にある材料で作らなければなりませんからね、。冷蔵庫や台所を探して、このスープを作ったんです。」

 

仙「じっちゃんも喜んだじゃろう。」

ぺ「はい、何と言っても、ばっちゃん2は料理が下手で、じっちゃん2の視力が失われるまでは、炊事は全部じっちゃん2がしていたんです。だから、じっちゃん2は、美味しいものに餓えていた、、ハハハ〜。」

仙「そうか、何でも美味しく感じる、のじゃな。」

 

ぺ「でも、その時、、なんです、。私がスープを作ろうと、冷蔵庫を開けたら、、」

仙「?」

ぺ「1リットルの牛乳が5本も入っているんです。」

仙「2人暮らしなのにか?」

 

ぺ「・・なんか、ショックで、、、ばっちゃん2の痴呆は、どんどん進んでるって、、。ばっちゃん2は、牛乳を買ってきた事を全く覚えてなくって、、。冷蔵庫の中はいつ買って来たかわからないようなお惣菜が、グチャグチャに詰め込まれていて、、。」

仙「そうか、、。」

 

ぺ「3、4日後に、今度は杏仁など中薬も使って、薬膳スープを作って持って行きました。」

仙「よしよし、。」

ぺ「そしたら、ばっちゃん2は、『この前のぺんたんちゃんが作ったスープ、毎日飲んでるわよ、痰に良く効いてね』って、、。」

仙「そんなに沢山、作ってきたのか?」

ぺ「いえ、2回分程度です。でも、ばっちゃん2は、そこに毎日牛乳を継ぎ足して、継ぎ足して、もう、お鍋はベタベタ、グラタンの様になっていて、、。」

仙「老舗の秘伝スープの様じゃ。」

 

ぺ「それで、私が新しく作って持って行ったスープを温めていると、、。『ぺんたんちゃんの近くに居るわね。』って私の本当にすぐ側まで椅子を持ってきて座り、『これ、今度おじいさんが入る事になる介護施設のパンフレットなの。』と言って、すっごく大きな声でそのパンフレットを読み始めたんです。」

仙「ふむ、ぺんたんが行ったのが嬉しかったのじゃな。」

ぺ「はい、ばっちゃん2は大はしゃぎで私の後をついて周り、まるで私の子供になってしまった様でした。」

 

仙「それで、、薬膳スープは役にたったのかのう。」

ぺ「はい、じっちゃん2の痰も咳も回復し、、ホッと安心した頃、、。」

仙「又、何か起こったのか?」

 

ぺ「ばっちゃん2が外出先で転んで骨折、入院、手術、、となりました。」

仙「何と言う事じゃ。」

 

ぺ「じっちゃん2はその日のうちに、介護施設に、、ばっちゃん2は手術、リハビリの後、別の介護施設へと入所しました。」

仙「・・・」

 

ぺ「それから、、ばっちゃん2が転んだあの日から、1度もじっちゃん2とばっちゃん2は会っていない、、もう2人は会う事もないかもしれない。一瞬にして、じっちゃん2もばっちゃん2もあの家から消えてしまった、、。」

仙「ふむ、。」

 

ぺ「じっちゃん2とばっちゃん2の生活は、毎日少しずつ、少しずつ、不安やストレスを溜め込み、溜め込み、溜め込み、、膨らんで、膨らんで、、、弾けてしまったんです。」

仙「・・・」

 

ぺ「ばっちゃん2の痴呆は一気に進みました。」

仙「そうなのか、、。」

ぺ「はい、、、、きっともうすぐ、、私を見て『あなた誰?』という日が来るんです。」

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!