国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

あなたの腎精(人生)を豊かにする薬膳はイカが?

今週のお題「得意料理」

  

  めまいが、耳鳴りが、不眠で、足腰が、物忘れが、

        という人、寄っといで

 

 

 

パン パン

       パパンパン

 

仙「さあさあ皆さん、お立ち会い、寄ってらっしゃい、見てらっしゃい。本日はあの小田原の『外郎売り』も真っ青になる、仙人社特製、『秘伝のイカ飯』の紹介じゃあー。」

 

ざわざわ

    ガヤガヤ

 

仙「これを食べれば、あなたの腎精(人生) 良いことづくめ、、さぁさぁ肝腎肝心のイカ飯はいらんかえー?」

 

通行人「なんだ、なんだ、、。」

 

ゾロゾロ

   ゾクゾク

 わさわさ

     わさわさ

 

 

仙「たった一度の人生だ、ねぇ皆さん、楽しく生きようじゃありませんか。親からもらった腎精を大事に育てて充実させる、そんなイカ飯、。はい、ちょっと見てっておくんなさいよー。」

 

ガヤガヤ

   ガヤガヤ

   

仙「はい、こうして醤油湯に漬けたお米と、枸杞子、黒豆、にんじんを入れて具材を混ぜ合わせ〜」

 

シャッシャッ

 

 

仙「イヨっとイカに詰めたらあとは煮るだけ。」

 

 ポンポン

 

仙「おっと、忘れちゃいけないうずらの卵。」

 

f:id:senninlife:20171120125810j:plain
f:id:senninlife:20171120125825j:plain
f:id:senninlife:20171120125841j:plain
f:id:senninlife:20171120125856j:plain
お米と具材を混ぜ、イカに詰めて土鍋で煮る

 

 

参拝者1「美味そうだな。」

参拝者2「いい匂いがして来たわねー。」

 

 

パン パン

   パパンパン

 

仙「人生、人生と言うけれど、こちとら同じ人生でも、体の健康の元になってる腎精だぁ。ずずずいっと体の中を巡らせて、骨髄、脊髄、脳髄なんざお手の物、耳鳴り、めまいは勿論の事、記憶の海へも漕ぎ出しますぜぇ、。」

 

ざわざわ 

   ざわざわざわわ

 

仙「はい、そこの色白のお嬢さん、、あなたほんとにお美しい、、。でも、ちょっとクラっとしたりはしないかねぇ?」

お嬢さん「あ、どうしてわかるの?私、貧血症で、、。」

仙「はい、そんな時こそこのイカ飯、これを食べれば心にぽっと灯がともり、頬にほんのり赤みがさして、貧血症ともおさらばじゃ。」

お嬢さん「あら、じゃあ、イカ飯ひとつ頂くわ。」

仙「はい、毎度あり、、。お代は食べてからで結構、気に入らなきゃ頂きません、この賽銭箱へ入れて行っておくんなさい。」

 

チャリチャリチャリーン

 

 

仙「さあさあ、そこの若旦那、仕事のし過ぎじゃぁ無いのかい?」

若旦那「いやもう、ブラック企業で残業続き、、疲れているのに眠れず、夢ばかり見てうなされて、、。」

仙「ほい来た、そんな時こそこのイカ飯、腎精が潤えば心も潤う。疲労困ぱいで失った気血を補って、若旦那の心の神を安心させてやろうじゃありませんか?」

若旦那「では2つ、、。」

仙「はい、イカ飯ダブル、毎度あり〜、これで今日から安眠安神。」

 

札  ヒラヒラ〜

 

男「ふん、なんかいかがわしいなぁ、ヨォ、仙人とか言ってるけどヨォ、イカサマ仙人じゃないのかぁ?」

仙「ホイホイこれは若い衆、それを言うならイカ飯仙人、イカサマかどうか、さぁ先ずはひとつ食べてみておくんなさい。」

サッ

パクッ

男「う、美味い、、」

男2「アニキ、俺にもひと口くれよぉ。」

男「お、おい仙人、このイカ飯は耳鳴りにも良いのか?」

仙「ホイホイ、人生、なんと言っても腎精が鍵、精髄不足じゃ耳鳴りもおこる。精髄を生み出すこのイカ飯で、めまい、耳鳴りもたちまち解消じゃ。」

男「ふ、ふん、良し、親分に買って行ってやろう、近頃耳鳴りがひどいらしくてな。」

男2「アニキ、俺の分も、。」

男「イカ飯、3つ」

仙「はい、毎度あり、若い衆、これで出世も間違いなしじゃ。」

 

札  ヒラヒラヒラ〜

 

ご婦人「あの、このイカ飯は腰にもに良いのですか、。」

仙「おぉこれは又見目麗しいご婦人じゃ、。」

ご婦人「仙人社までの山道は、腰痛の私には辛くって、。」

仙「ほいほいそんな時にもこのイカ飯、。イカとウズラが寄り添えば、貴女の腎精を滋養して、辛い腰痛も消えて行く。」

ご婦人「まぁ、それなら、、えーっと、家族の分も、、5つ頂きますわ。」

仙「はい、イカ飯ファイブ、オマケにうずら卵を多めに入れておきますんで、、。毎度ありがとうございます。」

 

札 ヒラヒラ

       ヒラヒラヒラ〜

 

 

仙「さぁさぁ、イカ飯も残り少なくなって来ましたよ、、あとは早いもん勝ちだ、。腎精豊かにしたい方は、、。」

老人「わ、わしにも、、」

仙「これはこれはシルバーグレーの素敵な紳士、、イカ飯でますます若返りですぞ〜。」

老人「いや、婆さんが、、このところ物忘れが酷くなって来て、、心配で、、。」

仙「ほぉほぉ、そんな時こそこのイカ飯。黒豆、枸杞子も入ったこのイカ飯で髄の海を充実させれば、婆さん、いや奥方の記憶力もどんどん回復間違いなしじゃあ。」

老人「では、、ふたつ、、。」

仙「はい、毎度あり、、。食べ易いよう、切っておきますんでねー。よく噛んで召し上がって下さいよ。」

 

札 ヒラ〜

 

 

参拝者「私も〜」

参拝者「イカ飯3つ〜」

参拝者「こっちは2つねぇー。」

 

わいわい

   わさわさ

 

ヒラヒラ〜

    ヒラヒラヒラヒラ〜

 

      

f:id:senninlife:20171120125914j:plain

腎精を充実させる 黒豆と枸杞子入りイカ飯



 

 

 

 

黒豆と枸杞子入りイカ飯

材料(2人分)

うるち米80g、醤油大さじ1、

茹で黒豆20粒、枸杞子20g、にんじん20g、ネギ10cm、生姜15g、茹でうずら卵6個、

水、醤油大さじ1、紹興酒大さじ1

 

 

 

作り方

  1. 黒豆は塩水に浸けひと晩おき、茹でる。
  2. お米は洗って、醤油大さじ1を入れた温水に1時間浸けておく。
  3. イカは内臓を取り綺麗に洗う。
  4. にんじんは粗みじん切り、生姜とネギは半量をみじん切り、半量をぶつ切りにする。
  5. お米、黒豆、枸杞子、にんじん、みじん切りにした生姜とネギを混ぜ合わせる。
  6. 5をイカの半分くらいまで詰め、楊枝で止める。
  7. 鍋にイカがかぶるくらいの水、ぶつ切りにした生姜、ネギ、イカ飯、うずら卵、醤油、紹興酒を入れて蓋をして火にかけ、沸騰したら弱火にして1時間ほど煮て火を止め、蒸らす。

 

 

 

烏賊(イカ)  養血類

[性味/帰経 ]  平、鹹/肝、腎

[働き]⑴養血滋陰 貧血、血虚閉経、出血、帯下

 

黒豆  利水滲湿類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、腎

[働き]⑴去風利水 むくみ、腹水、関節腫痛、黄疸

         ⑵滋陰補血 陰血不足のふらつき、月経不順

         ⑶活血解毒 水虫、吹き出物、薬物中毒

 

枸杞子  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘/肝、腎、肺

[働き]⑴滋補肝腎 足腰疼痛無力、遺精、めまい、頭のふらつき

         ⑵益精明目 白髪、視力減退、眼精疲労、風に当たると涙が出る

         ⑶潤肺止咳 肺腎陰虚の慢性咳、喘息

 

鶉玉子(うずらのたまご) 滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘/ 脾、肝、腎、心

[働き]⑴補虚強骨足腰  倦怠感、めまい、記憶力低下

         ⑵補気養血  貧血、消痩、精神不安

 

にんじん  養血類

[性味/帰経 ]  平(微温)、甘/肺、脾、胃、肝

[働き]⑴養血明目益肝 血虚による目の乾燥、かすみ、視力低下

         ⑵斂肺止咳 咳、咳痰

 

うるち米  補気

[性味/帰経 ]  平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補中益気・健脾和胃 脾気虚の疲れ、食欲不振、むくみ、下痢

    ⑵除煩止渇      精神不安、イライラ、口渇

 

 

 

 

仙人問答

 

仙「今日のイカ飯、名付けて『滋陰補血益腎』の術!」

 

仙「ウホっ、、」

 

     完売御礼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!