国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

ハーブで爽やか、鶏肉の包み焼き

 

  陽気を育てて発散させる

         〜疲労からくる気の落ち込みに〜

 

 

トコトコ

   トコトコ

 タッタタッタ

 

ぺ「犬よ、この時期のお散歩は気持ちがいいねー。」

ワン

 

松「ぺんたんさ~~ん。」

 

ぺ「ん?、、あ、新人君、。」

 

タタタタッ

 

松「ぺんたんさん、お久しぶりです。」

ぺ「ほんと、っていうか今年になって初めてかも、、。」

松「そうです、、ね、。」

ぺ「で、どうよ新人君、、。」

松「ぺんたんさん、もうやめて下さいよその『新人君』は、、。僕も丸1年働いて、社会人2年目に突入したんですから。」

ぺ「あ、そうか、、新人君じゃなくて、、マツエク、、松江くんだったねー。」

松「はい、後輩も入って来たので、、それでお願いしますよ。」

ぺ「後輩、、おぉ偉そうに、。」

 

ふう

松「後輩が来てまだ3日目なんですけどね、、なんか疲れますね、やっぱ気、使っちゃって、、。」

ぺ「ふうん、そうなんだ、、。私は新しい弟子も来ないので、後輩もいなくて、、その気持ちはわからないー。」

松「いや、結構いろいろ、、気、使いますよ、。」グタッ

 

ぺ「を使ったのね、、良し、じゃ、使ったを補充して、気疲れを改善する薬膳、、行ってみようー。」

 

トントン

  サッサ

    ササッ

 

ジュジュジューッ

 

ぺ「はい、完成。鶏肉と菜の花のハーブ入り包み焼き 。」

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

気を補って巡らせる 鶏肉と菜の花のハーブ入り包み焼き

 

 

 

 

 

松「わ、いい匂い〜。」

ぺ「でしょ、自家製ハーブだからね。」

松「頂きまーす。」

 

パクッ

  パクパク

 

松「うん、さっぱりしてハーブの香りも良いし、鶏肉が柔らかくて、美味しいです。」

ぺ「ふふ、塩麹に浸けておいたからね。」

 

パクパク

松「玉ねぎも甘いし、菜の花も、、。」

 

ぺ「これはね、気を補って、陽気を育てて発散させる薬膳、、。」

松「はぁ〜」

パクパク

 

ぺ「春はね、肝がのびのびと伸びていく季節なの。でも気が落ち込んじゃうと、陽気が育たず、肝気がのびのび昇らず、。」

松「へぇ〜」

パクパク

 

ぺ「だから、鶏肉や玉ねぎで体を温めて、ハーブで気を上昇させて、菜の花で巡りを良くするのよ。」

松「ふぉ〜ん」

パクパク

 

松「あーー、美味かった。ご馳走さまでした。」

ぺ「良し、では、気張れーー、新人、、じゃなくて松江くん!」

松「はい!」

 

 

 

鶏肉と菜の花のハーブ入り包み焼き

材料(2人分)

鶏むね肉120g、菜の花1/2束、玉ねぎ1/2個、ローズマリー、タイム、

塩麹、胡椒、オリーブ油、レモン

 

 

 

作り方

  1. 鶏肉はそぎ切りにして塩麹をし、ラップに包んで一晩又は半日おいておく。
  2. 玉ねぎは薄切りにする。
  3. バットに1の鶏肉、玉ねぎを入れ、胡椒を振り、ハーブ類、オリーブ油を入れ、しばらく浸けておく。
  4. 菜の花は、固めに塩茹でし、冷水に取る。
  5. 3をしっかり絞って、3、4㎝に切る。
  6. アルミホイルに玉ねぎ、鶏肉、菜の花を入れて包み、両目焼きグリル又はオーブントースター等で焼く。
  7. レモンをかけて頂く。

 

 

 

鶏肉  補気

[性味/帰経 ] 平(温)、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補中益気 脾胃虚弱、消渇(糖尿)、食欲不振、下痢

    ⑵補精添髄 虚弱体質、消痩、産後無乳、四肢無力

    ⑶降気止逆 咳、げっぷ、しゃっくり

 

なばな(菜の花)

[性味/帰経 ] 温、辛/ 肝、肺、脾

[働き]⑴解毒消腫 皮膚の炎症や吹き出物、血行不良、毒素排出(活性酸素コレステロール

 

玉葱  理気

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/脾、胃、肺、心

[働き]⑴健脾理気 食欲不振、下痢

    ⑵和胃消食 げっぷ、吐き気、胃もたれ

    ⑶発表通陽 発熱、悪寒

 

ローズマリー   : 記憶力、集中力、血流促進、抗酸化作用

 

タイム :  抗菌、殺菌、抗ウィルス、咳、痰、精神不安

 

 

 

 

仙人問答

 

仙「そうか、松江くんにも後輩ができたのか、。」

ぺ「そうなんです、それで結構気疲れしちゃってるみたいで、、。」

仙「ふむ、そこで気を補う鶏肉の薬膳と言うわけか。」

ぺ「はい、巡りも良くするよう、菜の花と玉ねぎも入れましたよ。それに気分が良くなるハーブ入り!です。」

仙「それは良いのう。気が落ち込んだら、気を巡らせて上げる。生姜やネギもなんかも良いぞ。」

ぺ「はい!」

 

仙「生姜、、ジンジャー、、おぉ新しいラップが浮かんだ!」

ぺ「え?」

 

仙「 ♪ ♪ ジンジャージンジャー仙人ジャー♪ ♪ 〜

                                   だから作った仙人社〜 ♪ ♪ 」

 

仙「どうジャー?」

 

唖然

ぺ「⁇  仙人って、、落ち込む事、あるのかしら⁇」

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!