薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

陽盛体質の方にオススメの食薬

 

  熱を取る

 

 

ミーンミーン

   ミーンミーンミーン

 

      

 

サラサラ

  サラサラ

 

ぺ「あ、やっぱりそうか、。」

 

 

ヒュヒューーン

 

仙「ふう、ふう、、外は暑いのう、、。」

 

汗 汗💦💦

 

ぺ「仙人、おかえりなさい。」

仙「おぉ、、ぺんたん、何をしておるのじゃ?」

ぺ「はい、実は、この前里で会った方のご主人がね、この『陽盛体質』の症状にぴったりなんです。」

仙「ふむ、どれ、。」

 

 

 

陽盛体質

 

《 原因 》臓腑機能の強盛、亢進

《 体型・特徴》声が高い、体力強壮で体型は太め

《精神状態》 性格はイライラして落ち着かない

《顔色》 顔色は赤い

《好み》冷たいもの脂こいものを好む、動く事が好き

《症状》 目の充血、声が高い、呼吸が粗い、汗をよくかく、食欲旺盛、ニキビが出きやすい

《婦人》 生理が早まる、出血量が多く血色は赤い

《大小便》 大便は臭い、尿は熱感があり色も濃い

 

 

 

 

ぺ「その里の方のご主人は、汗っかきで、冷たいものが好きで、良く動いて、。」

仙「ほぉそうか、、確かに陽盛体質っぽいのう。」

ぺ「はい、それで、今日はこの『陽盛体質』について書いてみようかと。」

仙「それは良いな。なんと言ってもこの暑さじゃ、陽盛体質でなくとも汗が吹き出してくる。」

 

ダラダラ

   ダラダラ

 

ぺ「はい、本当に、。」

仙「良し、では陽盛体質の人にぴったりのこれを飲みながら、、書いてみるかのう。」

 

 

ウィーンウィーン 

ぽん

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
熱を取り便通を良くする メロン丸ごとジュース



 

 

ぺ「わ、美味しそう、、。」

仙「美味いぞ、メロン丸ごとジュースじゃ。」

ぺ「メロン丸ごと⁈、」

仙「そうじゃ、メロンの種、ワタ、果実全てを使ったジュースじゃ。」

ぺ「ワォ、いっただきまーす。」

 

ごくッ

  ごくごくっ 

    ズズズズズーーッ

 

ぺ「美味しい、、メチャ美味しい、、微妙な苦味も心地よい、渇きからの解放ー、。」

 

 

メロン丸ごとジュース

【証 :熱性便秘 】

【立法 : 清熱通便】

材料(2人分)

メロン400g(皮付きの重さ)、  牛乳  50cc、

バジルの葉少々、

 

 

作り方

  1. メロンの皮をむく。
  2. 種とワタはつけたままで、適当な大きさに切る。
  3. 2と牛乳を一緒にミキサーにかける。
  4. 器に注ぎ、バジルの葉を添える。

 

 

 

 

甜瓜(メロン)  清熱瀉火類

[性味/帰経 ]  寒、甘/ 心、脾、胃、肺、大腸

[働き]⑴清熱祛暑・解煩止渇 熱病の渇き、イライラ、口鼻生瘡、風火歯痛

    ⑵祛湿止痛・利尿消腫 四肢麻痺、腰の疼痛、尿が濃い、排尿痛、むくみ

    ⑶清熱排膿 口臭、便秘

 

*注意:陽虚、冷え性、慢性下痢の方は控える。

    妊婦・小児はメロンを冷やさず常温で少量食す。

 

 

 

 

 

 

《陽盛体質 》

 

 

【 オススメの食薬 】

《清熱類 》

  • あわ・きび・小麦・大麦
  • セロリ
  • 水菜・白菜
  • 苦瓜・胡瓜・スイカ
  • トマト
  • ズッキーニ
  • 豆腐・湯葉
  • メロン・バナナ・りんご・キウイフルーツ・マンゴー
  • カニ
  • 緑茶
  • 緑豆

《辛涼解表類》

  • 葛(葛根)

《止咳平喘類》

《止血類》

  • レンコン

 

 

 

【 オススメの中薬 】

 

 

【 オススメの漢方薬

  • 麻子仁丸
  • 丹梔逍遥散

 

 

【 注意するもの 】

  • 唐辛子・生姜・ネギ
  • ニラ・ニンニク
  • 牛肉・鶏肉・羊肉・鹿肉
  • 怒らない、、穏やかに

 

 

 オススメする事 】

  • 水泳
  • 風通しの良い服装
  • 仙人と水遊び

 

 

 

【 オススメの薬膳 】(リンクが貼ってあります)

  

 

【 オススメのドリンク&薬膳茶】

 

 

 

 

 

*「体質のお話」はこちら

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

*「その他の体質のお話」はこちら

 

senninlife.hatenablog.com

 

senninlife.hatenablog.com

 

senninlife.hatenablog.com

 

senninlife.hatenablog.com

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 仙人問答

 

 

ぺ「仙人、、書き上がりました。」

仙「良し良し、、レシピも沢山揃ったのう。」

 

ぺ「はい、ちょうど今この季節にぴったり、夏向きのレシピが殆どですね。」

仙「ふむ、そうじゃ。節気で言うなら今は小暑大暑、、自然界の陽気も真っ盛りじゃからのう。『陽盛体質』も同じ、文字通り『陽』が盛ん、と言う事じゃ。よってこの盛んな『陽』の熱を取る薬膳が必要じゃ。」

 

ぺ「『陽』が盛ん、、。陽盛体質の症状を見てみると『臓腑機能の強盛、』などとありますが、。」

仙「そうじゃ、臓腑が強く、元気があり、正気が強壮、と言う事じゃな。」

ぺ「正気が強壮、、。」

 

仙「つまりな、平和体質の場合は陰陽のバランスが取れておるじゃろ、そして陽虚体質の場合は陰は普通じゃが陽が不足しておる。」

ぺ「はい、。」

仙「陰虚の場合は逆で、陽は普通じゃが陰が不足しておる。」

ぺ「はい、。」

仙「そしてこの陽盛体質の場合は、陰は普通で、陽が多すぎる、『実証』と言う事じゃ。」

ぺ「実証、、。」

仙「『虚証』は正気が衰弱し臓腑の機能が衰えるという事じゃが、『実証』はその逆、正気が強く臓腑の機能が旺盛と言う事じゃ。」

ぺ「えーっと、つまり、、。」

 

 

サラサラ

     サラサラ

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

体質の図

 

 

 

 

ぺ「今の仙人のお話をざっと書いてみました。こんな感じ、ですネ。」

仙「ウホホッ、面白い図じゃな、そう、この図の通り、陽が多すぎて熱が上がるので、この熱を取る清熱類が必要なのじゃ。」

ぺ「汗もよくかくので、熱を取って津液を生むものが良い、と言う事ですネ。」

仙「そうじゃ、 涼性、寒性、苦味、鹹味、肝、心、胃、大腸を重点的に考えると良いぞ。」

 

ぺ「はい、里の方のご主人には『カニと白菜の炊き込みご飯』を作ってみたのですが、。」

仙「ふむ、あれは、良い薬膳であったのう。寒性のカニで熱を取り、白菜で胃・大腸に働きかける。陽盛体質の人はやはり熱がこもって津液を消耗しやすい。その為、大腸や胃が乾燥し、便が乾燥したり便秘になったり、といった症状も出やすいので、その熱性便秘の予防にもなるのじゃ。」

ぺ「へへ、白菜もちゃんと塩麹に漬けておいたので、通便効果バッチリ!でしたね。」

仙「そうじゃ、バッチリ!じゃ。」

ぺ「やった!」

 

仙「しかし、今日のメロン丸ごとジュースは更に熱性便秘に良い薬膳ジュースじゃ。種とワタを一緒に使う事で効果を上げるのでな、。」

ぺ「そうなんですね、。あ、でも仙人、、丸ごと、と言っても皮は残ってますよ。」

仙「おぉそうじゃった、。皮はな、煎じておくと良いぞ。」

ぺ「⁇ 煎じる、、?」

仙「煎じて冷まし、それで『うがい』をするとな、、歯痛に良いのじゃ。」

ぺ「ヘェ〜〜〜。」 

 

 

仙「それから、陽盛体質でなくとも、青春期の頃には身体が最も強壮になり、陽気が上昇し、『身体が熱い、多汗、ニキビ』などの症状も出てくるのでのう、こういった時期にも今日書いたような清熱類が良いのじゃ。」

ぺ「あ、なるほど、、確かに青春のシンボル、ニキビが出てきますもんねー。」

仙「そういう時は、揚げ物、脂こいもの、辛味に注意が必要じゃ、天ぷら、キムチ、ハンバーグ、焼肉、飲酒等は控える事じゃな。」

ぺ「あ、やっぱりそうですよね、唐辛子とかニンニクとかは、更に体を熱くして津液を消耗するし、。」

 

 

仙「そうじゃ。良し、ぺんたんよ、海へ行こう、、ひと泳ぎじゃぁ~~。」

 

ヒューン

 

ぺ「え、あ、ちょっと待って下さいよ、えーっと、水着、水着、、うふふ、どれにしようかなぁ、、花柄のフリフリも可愛いいし、、ピンクのビキニも、、それとも、、」

 

あれこれ 

   あれこれ 

 

ぺ「ん? でも、、仙人といくんだから、、、ま、これでいいか、。」

 

サッ

ぺ「うふっ、まさかのスクール水着、。」

 

 

ザッブ~~ン 

 

 

 

 

 *ワークショップのお知らせ

tabica.jp

 

 

 


フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!