国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

誕生

Hi, babies!

 

ぺ「仙人、仙人、仙人〜〜。」バタバタバタ

仙「なんじゃぺんたん、騒々しい。」

ぺ「産まれた、産まれたんですよ。」

仙「何が?」

ぺ「ツバメですよ、ヒナが孵ったんです。」

仙「おぉそうか、やりおったな。よしよし、で、何羽じゃ?」

ぺ「えーと今の所見えるのは3羽です。」

仙「3羽か、無事育つと良いのう。」

ぺ「まだ、口をパクパクしてるだけで、ピーともチーとも鳴いてません。」

仙「ふむ、そんなものなのかのう。」

ぺ「どうしましょう、名前とかつけた方が良いですか?ツバメ1号2号3号とか。」

仙「番号などつけるで無い。人に、いやツバメに番号をつけるなど無礼千万じゃ。」

ぺ「す、すいません。では、スーちゃんワーちゃんローちゃん、なんてのは?」

仙「なんじゃそりゃ?」

ぺ「3羽併せて、スワローズ、です。」

仙「ふむ、なるほど、それで良しとするか。」

ぺ「楽しみですね〜、何食べて育つのかなぁ。」

仙「ぺんたん、この前わしが、脾を『後天の本』と言ったのを覚えておるか?」

ぺ「あ、はい、生まれてからの生命活動を維持する営養物質を作っているって。」

仙「そうじゃ、それに対して腎を『先天の本』と言う。」

ぺ「腎、腎ウォーターを?」

仙「両親から遺伝により受け継ぐ物質は腎に貯蔵されておるのじゃ。」

ぺ「そうなんですか、、両親からの、、」

仙「腎は、作強の官、全身のエネルギー源として、気力、精力を起こし、体を強壮するものとみなされておる。」

ぺ「あ、それ、作強の官、この前の夢の中に出てきました。」

仙「腎は精を貯蔵しておるところじゃ。両親から譲り受けた先天の精(先天の本)を、脾胃や他の臓腑から送られてくる後天の精(後天の本)に常に補充してもらい、気を生じ、気の働きによって精を作るのじゃ。これが精気と言われるものなんじゃよ。」

ぺ「精気、。じゃあツバメのスワローズ達も、これから先天の精と後天の精で精気を作っていくのですね。」

仙「そうじゃ、しっかり営養つけねばのう。」

 

子供のための食薬

 

平補肝腎:穀類、イモ類、キャベツ、黒豆、くるみ、黒ごま、蜂蜜、卵、牛乳、鶏肉、豚肉、豚レバー、長芋、枸杞子

 

清熱安定:小麦、セロリ、白菜、大根、冬瓜、きゅうり、トマト、スイカ、りんご、梨、メロン、キウイフルーツ

 

 

仙人問答

ぺ「仙人、子供達の食事って、大人とは違うんですよね?」

仙「そうじゃのう、子供はまだまだ腎気が少ない。それに『肝常有余』という特徴もあり、情緒が不安定で、感情の起伏が激しい。脾気は不足しがちで嘔吐、下痢をおこしやすいのじゃ。」

ぺ「なるほど、では肝気を抑えて、腎や脾を補う食事が良いのですね。」

仙「7、8才ぐらいまではそんなことに気をつけると良いかのう。」

ぺ「それが、平補肝腎の食薬なんですね。」

仙「ふむ、それに成長が早いため、陰陽のバランスが陽に偏りやすい。だからすぐに熱を出すんじゃ。」

ぺ「それで、清熱の食薬も必要なんですね。」

仙「その通りじゃ、あとは甘味を摂りすぎないこと。甘味は湿をためて、脾を痛めるからのう。」 

ぺ「わかりました。じゃ、スワローズのパパママに教えておこう!」

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!