国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

旬の筍で胃腸を整え、熱を取る。

 

葛で熱を取る

 

 

 サササッ 

      ササ  サササッ

 

仙「えい!」

 

 ゴボっ

        ピカーン

 

仙「むむ、やや、こ、これは、、。」

 

 

 

ヒュヒューン

 

ぺ「あ、仙人、お帰りなさい。」

 

ごろっ

 

ぺ「わぁ、大きなタケノコ、、。」

仙「今、掘って来たのじゃ。」

ぺ「では、早速茹でましょう、ぬかを入れて、、と、。」

 

グツグツ グツグツ

 

 

ぺ「仙人〜、タケノコ茹で上がりましたー。」

 

仙「ふむ、では、今日は上品に葛仕立てとするか、、。」

ぺ「くず、、ですか?」

 

仙「そうじゃ、葛根、春にお薦めの食薬、じゃ。」

ぺ「あ、そう言えば、春の食薬の時に、写真撮りましたねー。」

 

仙「くずで熱を取り、タケノコで痰を取る『清熱化痰』じゃ。」

ぺ「はい。」

仙「そして脾胃を労わるきのこ類とエンドウを使って「補氣健脾」じゃ。」

ぺ「?なんだか難しくなって来たけど、、取りあえず、はい!」

 

トントン  トントン

    グツグツ

          とろ〜〜り

 

 

 

ぺ「はい出来ましたよー、 筍とえんどうの葛仕立て  です。」

 

f:id:senninlife:20170420151434j:image

 

 

仙「ウホウホ、美味そうじゃ、、。」

 

パクッ

 

仙「美味い美味い、、。」

 

ぺ「仙人、タケノコって、、 胃、大腸に帰経するんですね。」

仙「そうじゃ、大腸ガンの予防にも良いのじゃ。」

   

       パクパク

 

ぺ「化痰類だから、、。」

仙「高血圧や動脈硬化にも良いぞ。」

   

        パクパク

 

ぺ「おぉ、優れもの、、。」

仙「しかし、アクも強いのでな、食べ過ぎは禁物じゃ。」

  

        パクパク

 

ぺ「って、仙人、全部食べちゃってるじゃないですかー。」

 

 

 

筍とえんどうの葛仕立て

茹で筍60g、スナップエンドウ(さやえんどう)4本、しめじ30g、

干し貝柱8g、水1カップ、紹興酒大さじ1/2、生姜3g、塩ひとつまみ、葛大さじ1/2

 

 

 

 

作り方

  1. 干し貝柱を分量の水に浸けておく。
  2. たけのこは薄切り、スナップエンドウは筋を取り斜め切りにする。
  3. しめじはほぐし、生姜はみじん切りにする。
  4. 1を鍋に入れて火にかけ、煮立ったら紹興酒、たけのこ、しめじを入れて煮る。
  5. 4にエンドウ、塩、生姜を入れ、ひと煮立ちしたら水溶き葛でとじる。

 

 

 

筍(たけのこ)  化痰類

[性味/帰経 ]  寒、甘/ 胃、大腸

[働き]⑴清熱化痰 痰熱の咳、胃熱口渇、食積腹脹

         ⑵解毒透疹 麻疹、湿疹

    ⑶滑腸通便 便秘、小便不利 

 

さやえんどう  理気類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴健脾益気、健胃利湿 食欲不振、嘔吐、下痢

    ⑵解毒利水 水虫、吹き出物、外傷腫毒

    ⑶生津通乳 産後乳汁不下

 

しめじ(椎茸)  補気類

[性味/帰経 ] 平、甘/ 胃

[働き]⑴補気益胃 脾胃気虚の食欲不振、胃痛、げっぷ、嘔吐

    ⑵托痘止血 風疹の発疹不暢、不正出血、血便、ガンの出血

 

葛根(かっこん、クズ)  辛涼解表類

[性味/帰経 ]  涼、辛、甘/ 脾、胃

[働き]⑴発表解肌 外感表証の発熱、頭痛、無汗

         ⑵昇陽透疹 風疹、麻疹の透発が不十分な時

         ⑶解熱生津 発熱、口渇

 

干し貝柱(帆立貝)  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、鹹/ 肝、脾、胃、腎

[働き]⑴滋陰補虚 陰虚のめまい、口渇、小便不利

         ⑵調中開胃 消化不良、食少、倦怠

 

 

 

 

仙人問答

 

仙「今は昔、竹取の翁といふものありけり。」

ぺ「・・・」

仙「野山にまじりて竹をとりつゝ、萬の事につかひけり。」

ぺ「・・・」

 

仙「この続きを知っておるか?」

ぺ「はい、あれでしょ、えーっと、竹の中からお姫様が出て来て、、。」

仙「それじゃ、今日、わしが抜いたタケノコの根っこに、、。」

ぺ「根っこに?」

仙「ピカーンと光るものありけり。」

ぺ「ピカーンと光るもの、、。」

仙「これじゃ。」

 

   ヒラリ〜

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!