国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

動脈硬化にも良いもずくで、かき揚げ

 

   水の代謝を良くする

 

 

シュパッーー

  シュパッーーー

 

仙「ウホホッ、今日も大漁じゃ。」

 

 

ヒュヒューーン

 

仙「ぺんたんよ、帰ったぞ、、土産じゃ土産、、。」

 

ドボドボッ

 

ぺ「お帰りなさい、、仙人、、。」

チラッ

ぺ「あーー、やっぱり、、。」

 

仙「やっぱり、とはなんじゃ。」

ぺ「だって、この時期に仙人が大漁〜って言う時は、大体ワカメとか昆布とか、、このモズクとか、、です。」

仙「もずくはヘルシーで良いぞ。」

ぺ「はい、酢の物にしたり、スープにしたり、、ん〜〜、でも、もう飽きてきましたよー。」

 

仙「ウハハ、レパートリーの少ない奴じゃのう。良し今日はこれでかき揚げじゃ。」

ぺ「え?もずくで、かき揚げ作れるんですか?」

仙「もちろんじゃ。癖がなくて食べやすいぞ。もずくは苦手〜という人でも大丈夫じゃ。」

 

ぺ「ふうん、、じゃ、とりあえず作ってみますか、。」

仙「任せておけ!」

 

トントン

   トントン

 

くるくる

 

     じゅわぁ〜~ッ

 

 

仙「ほい完成、もずくと桜エビのかき揚 じゃ。」

 

   

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

動脈硬化・高血圧に良いもずくでかき揚

 

 

ぺ「あー、ほんと、もずくがかき揚げになってるー、、。どんな味?」

 

パクッ

  パクパク

 

ぺ「わっ、、全然癖がない、、。でも、もずくのヌルッと感は残ってる、。」

 

パクッ

仙「うん、美味い。玉ねぎの甘み、桜エビの香ばしさも良いのう。」

ぺ「はい、美味しい、、、。食べ過ぎてしまいそう、、。」

 

パクパク

  パクパク

 

 

 

生もずくのかき揚

材料(2人分)

生もずく50g、桜えび(干し海老)5g、玉ねぎ1/4個、にんじん1/4本、

小麦粉30~40g、塩、油

 

 

作り方

  1. 生もずくは洗って水を切り、適当な長さに切る。
  2. 玉ねぎは薄切り、にんじんはせん切りにする。
  3. ボウルにもずく、玉ねぎ、にんじん、桜えびを入れ混ぜ合わせる。
  4. 3に小麦粉を入れ全体を混ぜ、少しずつ水を注いで混ぜ合わせる。
  5. 油で揚げ、塩を添える。

 

 

もずく  化痰

[性味/帰経 ] 寒、鹹/ 腎

[働き] 水分代謝、痰

 

桜えび  助陽類

[性味/帰経 ]  温、甘、鹹/肝、腎、胃

[働き]⑴補腎壮陽 勃起不全、腰膝軟、骨痛、冷え

⑵温陽開胃 胃痛、食欲不振、痰

 

玉葱  理気

[性味/帰経 ]  温、辛、甘/脾、胃、肺、心

[働き]⑴健脾理気 食欲不振、下痢

    ⑵和胃消食 げっぷ、吐き気、胃もたれ

    ⑶発表通陽 発熱、悪寒

 

にんじん  養血類

[性味/帰経 ]  平(微温)、甘/肺、脾、胃、肝

[働き]⑴養血明目益肝 血虚による目の乾燥、かすみ、視力低下

         ⑵斂肺止咳 咳、咳痰

 

 

*「もずくを使った薬膳」はこちら

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、もずくは、、高血圧とか動脈硬化とかに良いのですよね?。」

仙「ふむ、そう言われておるのう。水の代謝を良くし、痰飲、つまり汚いお水を排出するのでな。」

ぺ「はい、では今日の薬膳の組み合わせは、水の代謝を良くするもずくと、気の巡りを良くする玉ねぎと、。」

仙「体を温めるエビじゃ。」

ぺ「温めて、巡らせて、汚水を排出、。」

仙「その通り、痰湿体質の人に良い薬膳じゃ。」

ぺ「あ、そっか、、これも巡らせる薬膳、気と水を巡らせる。」

 

 

ピカーン

仙「お、浮かんだ、もずくで一句。」

ぺ「えー? 一句?」

 

仙「っともっと

           っと食べたい

                    わぁき揚げ 」

 

仙「ウハハハハ〜ー」  

        

 

ぺ「・・・」

 

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!