国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

汗は心(しん)の液体

 

五行レンジャーの液体とは?

 

ザッ ザッ ザッ    ザッザッ

 

ペ「仙人、これくらいでいいでしょうか?」

仙「ふむ、そうじゃのう、今日はそれぐらいかのう。」

ぺ「じゃぁ、さっと洗って干しておきますね。」

仙「土を良く落としてな。」

ぺ「はい。

 

ミーンミーン  ジィージィー

 

ぺ「ふそれにしても暑い、外での作業はキツイです、汗だくですよ。」

仙「そうじゃ、まだまだ暑いのう。」

ぺ「仙人、何かお飲みになりますか? あ、麦酒は駄目ですよ。」

仙「じゃ麦茶でもな、、ふぅ、木陰でちょっとひと息じゃ。」

 

ゴクゴク ゴクゴク  汗 ダラダラダラ ダラダラ 

 

仙「ぺんたん知っておるか?この『汗』というものは、心(しん)の液体なんじゃ。」

ぺ「心?心ファイヤーの?」

仙「そうじゃ、以前話したかのう、五行レンジャーにはだけでなく、も有るのじゃ。」

ぺ「あ、そう言えば、私が五臓チェックをしていた時に、確か仙人が、、」

仙「心ファイヤーは、を司っておる。汗は津液(しんえき)と言う体の中の必要な水分から生まれて来る。この津液と血は同じ源であるから生成される為、汗、津液、血は互いに繋がっておるのじゃ。それで、汗は心の液体と言われるのじゃ。沢山汗をかいたら、心を補う食薬を摂ることじゃ。」

ぺ「はい、解りました。それで沢山汗をかく夏は心に帰経する赤い食薬が良いのですね。では、仙人、他の五行レンジャーの液体はなんですか?」

仙「肝ウーッドは涙、脾アースは涎(よだれ)、肺メタルは涕(てい、鼻水の事)、腎ウォーターは唾(つば)じゃ。」

ぺ「唾とよだれは、何か似てますね。」

仙「そうじゃ、どちらも口の中の津液じゃ。」

ぺ「津液、体に必要な水分の事ですね。」

仙「ふむ、口中の津液の薄いものをよだれ、濃いものは唾と言う。」

ぺ「この液体で、五臓の調子も解るのですか?」

仙「そうじゃ、五液と言って、五臓の働きが弱ると、体液の分泌が盛んになるのじゃ。肝が弱ると涙、心が弱ると汗、脾が弱るとよだれ、肺が弱ると鼻水、腎が弱ると唾が出る。子供の消化機能の発育が不全だったり、老人の消化機能が衰退している場合に、よく涎が口から漏れたりするのう。」

ぺ「なるほど、液体からも五臓の情報を得るのですね。」

 

仙「さあて、休憩はこれくらいにして、ぺんたん、干し上がったかのう。」

ぺ「はい、見てきます。」

 

カサカサ カサカサ

ぺ「仙人、良い具合に乾きました。乾燥どくだみ、出来上がりです。」

 

f:id:senninlife:20160804101301j:plain

 

五臓の液体

  • 肝ー涙
  • 心ー汗
  • 脾ー涎(よだれ)
  • 肺ー涕(鼻水)
  • 腎ー唾(つば)

 

 

仙人問答

 

仙「ぺんたん、どくだみは中薬名を魚腥草(ぎょせいそう)と言うのじゃ。」

ぺ「変な名前ですね。」

仙「十薬とも言う、十の病気に効くからじゃ。清熱解毒薬で、肺に良いのじゃ。肺炎、気管支炎、腸炎、尿路感染症などにも良いのじゃ。」

ぺ「でも、美味しくないですよ、匂いも良くないし、、。」

仙「秋も近づいておる。秋には肺をいたわらねばのう。どくだみは肺に帰経するのじゃ。」

ぺ「仙人、まだこんなに暑いんですよ。秋なんて、まだまだ先です。」

仙「立秋も近いぞ、ぺんたん。さて、わしはちょっとスワローズの飛行の様子でも見てくるかのう。どくだみの葉、綺麗に取って保存しておくのじゃぞ。」

ぺ「えー、これ全部ですかぁ? 1人でやるのー?」ガックリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!