国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

パソコン、スマホの疲れ目にはこのサラダ。

 

殻ごと茹でよう

 

掘って掘って そーっと掘って

 

ぺ「うわぁ、、出てきた出てきた落花生、、。」

 

仙「おぉ、ぺんたん、落花生を収穫しておるのか。」

ぺ「はい、アンチエイジングの食薬に落花生も入ってましたからね。」

仙「確かにのう、落花生は老化予防に良い食薬じゃ。」

ぺ「それにしても、落花生は不思議な植物ですね、花が咲いて、その後ツルが伸びて地中に潜り、実をつける。」

仙「そうじゃ、だからツルが潜りやすいよう柔らかく土を耕しておかんとのう。」

ぺ「ほら、仙人、こんなに採れました。」

仙「よしよし、殻ごと茹でて、、」

 

グツグツ グツグツ

 

ぺ「はい、茹でました。うーん美味しそう。」

 

 

f:id:senninlife:20160915164833j:plain

 

 仙「落花生は養血類じゃから、血を養うんじゃ。」

ぺ「あ、じゃあ同じ養血類のにんじんや、目に良い枸杞子と合わせて、疲れ目に良い薬膳を作ります。このところ、ブログアップやスマホ等で目が疲れ気味で、、。」

仙「それはそうじゃろう、久視は血を損ない肝に影響するからのう。」

ぺ「久視、長く見る、ずっと目を使うと血を損なうってことですね。やっぱり、目が疲れたら、養血類!ですね。」

 

トントントン  剥いて剥いて

 

 

ぺ「はい、にんじんと落花生のサラダ です。」

 

f:id:senninlife:20160915162450j:plain

 

 

 

にんじんと落花生のサラダ

材料(2人分)

にんじん1/2本、落花生(殻なし)20g、枸杞子2g、レモンスライス1枚、オリーブオイル小さじ1/2、塩少々、パセリ少々

 

 

 

作り方

  1. 枸杞子を水で戻しておく。
  2. にんじんは斜めに輪切りにしてから千切りにし、軽く塩を振っておく。
  3. 沸騰した湯に塩を入れ、生落花生を入れて茹で、ざるにあげ、殻をむく。(生落花生がない場合は、料理用落花生等を使う)
  4. レモンスライスは5mm角に切る。
  5. 2のにんじんを揉んで水気を切り、3と合わせる。
  6. 4に枸杞子とオリーブオイル、みじん切りにしたパセリを加え和える。

 

 

 

にんじん  養血類

[性味/帰経 ]  平(微温)、甘/肺、脾、胃、肝

[働き]⑴養血明目益肝 血虚による目の乾燥、かすみ、視力低下

    ⑵斂肺止咳 咳、咳痰

    ⑶健脾化滞 脾虚の食欲不振、下痢、便秘

 

落花生  養血類

[性味/帰経 ]  平(微温)、甘/肺、脾、胃、肝

[働き]⑴補血止血 貧血、めまい、心悸、不眠、皮下出血、鼻血、不正出血、喀血

    ⑵補脾潤肺・和胃醒脾 咳、食欲不振、便秘

 

枸杞子  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘/肝、腎、肺

[働き]⑴滋補肝腎 足腰疼痛無力、遺精、めまい、頭のふらつき

    ⑵益精明目 白髪、視力減退、眼精疲労、風に当たると涙が出る。

    ⑶潤肺止咳 肺腎陰虚の慢性咳、喘息

 

 

 

 

仙人問答 

 

ぺ「生落花生は、甘くて美味しいです。」

仙「 ふむ、この時期ならではの味わいじゃ。」

ぺ「養血類というか、目に良い食薬は肝に帰経するんですね。」

仙「肝ウーッドは蔵血の役割を担っておるからのう。」

ぺ「蔵血?」

仙「血液を貯蔵し、血量を調節する働きじゃ。肝ウーッドは蔵血によって筋を潤し、関節の動きを円滑にするんじゃ。そして、肝血により目を滋養し、物が良く見えるというわけじゃ。」

ぺ「肝血により、、なるほど、それで目に良いものは肝に帰経するんですね。」

仙「肝の液体は涙、そして肝は目に通じる。目に異常を感じた時は肝を養うことじゃ。」

ぺ「あ、通、、の話、まだ聴いてないです。液体の話は聞きましたが、、。」

仙「そうじゃったかのう、、。」

ぺ「そうですよ、、仙人、、その話も早く聴きたいです。」

仙「よしよし、、慌てるでない。まずは落花生のサラダを味わってからじゃ。にんじん、枸杞子、目に良いものばかりじゃな。」

ぺ「はい、しっかり食べて、疲れ目を癒そうっと。」

 

パクパク

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!