国際薬膳師、仙人を夢みる
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

体を温めるクルミ味噌で

仙人cafe

 

もち米は衛気を強化する

 

そわそわ  そわそわ

 

ぺ「仙人、アマノクダリノミコトと何話してるんだろう?薬膳講座の部屋に入ったっきり、、。」

 

うろうろ うろうろ

 

ぺ「なんか、落ち着かないなぁ、、。そうだ、何か作って持って行こう。」

 

ぺ「体が温まる、、おやつ、がいいかな、、。あ、そうだ、もち米があったし、、。」

 

シャッシャッ

ふつふつ こねこね

シャカシャカ 

くるくる

ヤキヤキ

 

ぺ「よし、完成!お客様用に、た〜っぷり味噌をつけて、、と。」

 

トコトコ

 

コンコン

ガチャ

ぺ「失礼しま〜す。あの、ちょっとおやつを作ったので、、。」

アマ「これは、これは、ご丁寧に、、。」

 

ぺ「くるみ味噌で五平餅です、どうぞ。」

 

f:id:senninlife:20170120124431j:image

 

 

アマ「うわっっ、何ですかこれは‼︎ 味噌がついてしまっているではないですか。」

ぺ「?? え、あの、だって五平餅ですから、、味噌はつきますよ。」

アマ「嫌な言葉だ、、。」

 

ぺ「くるみ味噌なんです。くるみや、酒粕、黒砂糖が入っていて体を温める薬膳なんです。」

アマ「ほぉ、懐(ふところ)を温める役銭、、。」

 

 パクッ

 

ぺ「? それに、もち米で作ってあるので、体表を守る衛気(えき)が強化されるんです。」

アマ「素晴らしい、体面を保って益が強化、、。」

 

パクッ

ゴホッ ゴホゴホッ

 

ぺ「? あ、お茶、、がいりますね。今お茶を、、。」

アマ「そこに置いてあるペットボトルのお茶でいいですよ。私は喉が乾いている、。」

ぺ「あれは非常用のお茶で、、。」

 

ツカツカ 

キュッ クルクルッ

 

ぺ(え?自分でペットボトル開けてるし、、そんなに喉乾いてるんだ、、。)

 

ドボドボ ドボドボ

 

ぺ(自分で湯飲みに注いでる、、、味噌つけすぎたかな?)

 

クルッ

 

ぺ「あっ、せんはしないでくださいね。」

アマ(ドッキーン)「あっ、せんは、、。」

ぺ「はい、栓はしないでください、仙人の分もお茶を、、っと。」

 

 

 

胡桃味噌で五平餅

材料(2人分)

もち米1合、

胡桃味噌:麹味噌35g、酒粕10g、黒糖35g、酒大さじ3、胡桃20g、黒胡麻小さじ1

*黒糖、酒の分量は、味噌の味に合わせ加減してください。

 

 

作り方

  1. もち米を洗って、炊く。
  2. 炊き上がったら、熱いうちに軽く潰し、12等分しておく。
  3. 胡桃と、黒胡麻はそれぞれ乾煎りし、胡桃は細かく刻む。
  4. 胡桃味噌の材料をあわせる。(酒粕が溶けにくい場合は、酒と一緒にレンジにかける。)
  5. 2を竹串に刺し、オーブントースターで焼く。(くっつかないホイルを敷くと良い。)
  6. 焼けたら裏返して焼き、胡桃味噌をつけて焼く。

*胡桃味噌は、田楽や焼きおにぎり等にも使えます(^^)

 

 

 

糯米(もち米)  補気類

[性味/帰経 ] 温、甘/ 脾、胃、肺

[働き]⑴補中益気・健脾止瀉 脾胃虚弱の疲労、食少、めまい、下痢、頻尿

    ⑵固表止汗 肺気虚の自汗、風邪を引きやすい

 

胡桃肉(ことうにく、くるみ)  助陽類

[性味/帰経 ]  温、甘/肝、腎、肺、大腸

[働き]⑴補腎助陽 腎虚の腰痛、四肢無力、むくみ、冷え

    ⑵斂肺定喘 肺腎不足の吸気性呼吸困難、慢性咳、喘息

    ⑶潤腸通便 老人、虚弱者、病後の腸燥便秘

 

黒砂糖    温裏類

[性味/帰経 ]  温、甘/肝、脾、胃

[働き]⑴温中補虚     冷え、食欲不振、疲労、下痢

    ⑵緩急止痛     産後腹痛、生理痛、胃腹疼痛

    ⑶活血化瘀     生理不順

 

黒胡麻  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘/肝、腎

[働き]⑴滋補肝腎・養血益精 耳鳴り、頭痛、めまい、白髪、疲労

    ⑵潤燥滑腸 皮膚乾燥、腸燥便秘

 

酒粕

 [性味/帰経 ]  温、辛、甘/脾

[働き]⑴消化不良、お腹の冷え、血行促進、元気不足

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「アマノクダリノミコト、随分変わった方でしたね。」

仙「そうじゃのう、。」

ぺ「何をしに見えたのですか?」

仙「ポストを探しておるそうじゃ。」

ぺ「ポスト?」

仙「全国を行脚しながら、ポストを探したり、作ったりしておるそうじゃ。」

ぺ「へぇ、郵便局にお勤めなんですかね。それにしても、なぜ、ここへ?」

仙「仙人社、じゃよ。仙人社にポストがあるか、なければ作ってはどうかと言っておったな。」

ぺ「ポストなら、田んぼのところにありますよね。」

仙「ふむ、それはもう見つけておったようじゃ。」

ぺ「でも、なぜ、仙人社のことをご存知だったんでしょう?」

仙「ウハハハハ、それは、あれじゃ、センター入試じゃ。」

ぺ「センター入試?」

仙「あの日、わしが仙人社のお守りの試供品を配布したじゃろう。あれで、仙人社を造っておることが人間界に一気に知れ渡ったのじゃ。」

ぺ「なるほど、、それで。」

仙「twitterとやらの威力はすごいようじゃ、光速、音速、twi速じゃな。」

ぺ「twi速、、(笑笑)。でも、仙人、アマノクダリノミコト、なんていうカミサマ、いましたっけ?」

仙「カミサマか何様かは知らぬが、日本に古くからおったことは確かなようじゃのう。」

ぺ「そうなんですね、、。」

仙「神(しん)は目に現れる。あやつの目の神は、、。」

ぺ「しん?神?」

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!