国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

毎日飲もう、枸杞子酢

 

  血流を良くし、眼精疲労にも良い枸杞子酢

 

 

 

タッタタッタ

 

ぺ「よいしょッと。」

仙「なんじゃ、ぺんたん、、。瓶を持ち出して、、何か漬けるのか?」

ぺ「はい、酢ですよ、酢、飲む酢、サワー。」

 

仙「ふむ、このところは梅酢を飲んでおるようじゃが、。」

ぺ「はい、赤紫蘇酢はもう飲んでしまって、今は黒糖梅酢を毎日飲んでますよ。でも、梅酢が無くなったら、、ね、、困るから、、。」

 

仙「そうか、そうじゃのう、もう梅は終わりじゃから、、今度は、、枸杞子じゃな。」

ぺ「あ、やっぱり、、私もそう思って、、。」

仙「まあ、枸杞子は1年中いつでも良いのでな、旬の物がない時は、これに限る。」

ぺ「はい、枸杞子は直ぐに漬かるので便利ですし、。」

 

仙「枸杞子は、肝に働くので眼精疲労にも良いし、何と言っても腎、肺に帰経するので足腰の疼痛や慢性の咳にも良い。肺の活動が盛んになるこれからの季節に持って来いじゃ。」

ぺ「はい、ばっちゃん1に飲ませたら、便通にも効いたし、。」

仙「ふむ、それは酢の力もあるぞ、酸味は収斂作用があるのでな、筋力が衰えた老人の臓腑を引き締めて、便通を良くする。失禁にも良いから、咳やくしゃみをした時に尿が〜という人は毎日飲むとよいのう。」

ぺ「枸杞子と酢は良い組み合わせですね。」

仙「もちろんじゃ、酢に漬ける事によって、枸杞子の潤す力はグー〜んとアップされるからな。」

ぺ「ウフッ、潤いアップでお肌もスベスベ〜〜。」

 

トクトク 

   トクトク

 

混ぜ混ぜ

 

 

ぺ「はい、飲む枸杞子酢  浸けました。」

 

 

f:id:senninlife:20170831102240j:image

 

 

仙「ようし、そのまま1週間程置いておけば出来上がりじゃ。」

ぺ「これは、濾さなくても良いんですよね?」

仙「ふむ、浸けたままでもオッケー、取り出して食べてもオッケーじゃ。」

ぺ「毎日飲もうっと、、。」

 

 

 

飲む枸杞子酢

材料

酢500cc、枸杞子50g、蜂蜜150cc

(酢: 枸杞子: 蜂蜜= 10: 1: 3 ) この割合でお好きなだけ

 

 

 

作り方

  1. 熱湯消毒した瓶に材料を全て入れて良く混ぜる。
  2. 冷暗所で1週間おく。
  3. 毎日、枸杞子酢10ml+水90mlで飲む。
  4. 枸杞子は浸けたままで構わない。又、酢の物、ヨーグルト等に入れて食べても良い。

 

 

 

枸杞子  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘/肝、腎、肺

[働き]⑴滋補肝腎 足腰疼痛無力、遺精、めまい、頭のふらつき

    ⑵益精明目 白髪、視力減退、眼精疲労、風に当たると涙が出る。

    ⑶潤肺止咳 肺腎陰虚の慢性咳、喘息

 

  活血化瘀類(かっけつかおるい)

[性味/帰経 ]  温、酸、苦/肝、胃

[働き]⑴活血散瘀 瘀血性出血

    ⑵消食化積 食欲不振、消化不良

    ⑶解毒殺虫 食中毒、寄生虫

 

蜂蜜  補気

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、肺、大腸

[働き]⑴補中緩急 脾胃虚弱の疲労、食少、胃痛、腹痛

    ⑵潤肺止咳 肺気虚の咳、空咳、息切れ、皮膚の乾燥

    ⑶潤腸通便 虚弱者、腸燥便秘

         ⑷解毒      トリカブトの中毒

 

 

*枸杞子醤油&酢はこちら

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「枸杞子ポン酢も便利でいつも使ってますが、この蜂蜜入り枸杞子酢も、色々使えそうですね。」

仙「そうじゃ、酢の物やドレッシングにも使えるのう。」

ぺ「この酢に浸けた枸杞子をヨーグルトに入れて食べても美味しいし、、酢の物に飾ればオシャレだし、。」

仙「アレンジの幅が広がる枸杞子酢じゃ。」

 

ぺ「はい、血流も良くなるから関節痛にも良いし、眼精疲労にも良いから、PC&スマホ疲れにもバッチリ!」

仙「わしの視界もバッチリ!じゃ。」

ぺ「仙人の視界??全く、、何を見てるんだか、、。」

仙「なんじゃ?」

ぺ「いえ、別に、、。」(トッコちゃんの日記、読んだからねー)

 

 

 

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!