国際薬膳師、仙人を夢みる

薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

滋陰類の食薬で晩秋の薬膳

  

    潤って温まる水餃子

 

 

ヒラヒラ〜

    ぽとっ

 

ヒラヒラヒラ〜

        ぽとぽとっ

 

仙「枯葉舞う季節、、。」

 

ヒラヒラララ〜〜

 

仙「ぺんたんよ、晩秋の薬膳じゃ、皆を呼べ。」

ぺ「はい。」

 

 

 

 仙人の薬膳講座

 

 

ざわざわ

    ガヤガヤ

 

仙「皆、良く集まってくれたのう。」

 

わいわい

 

仙「秋も深まって来て、空気も乾いておる。今日はそんな晩秋の薬膳を作るとしよう。」

 

青年団1「は、自分青年団のものでありますが、来たるべき『里コン』に向けて、今日は勉強のため参加させて頂きます。よろしくお願いします。」

 

ざわざわ

 

仙「ふむ、力まずに気軽にのう、、。」

 

ぺ「はい、では今日はウルウル潤おう、滋陰類の食薬を使って薬膳を作ります。」

仙「体を温めるニラと一緒にのう、。」

 

ぺ「みんな大好き、水餃子を作りますよ。」

 

ワイワイ

 

仙「ふむ、手早く作れるよう、皮は市販のものを用意したからのう。」

 

ニコニコ

 

ぺ「では、先ず、豚ひき肉を紹興酒につけておきます。」

仙「これでひと味違って来るのじゃ。」

ぺ「あとは、戻しておいた椎茸、にら、白菜、ネギ、生姜、全てみじん切りです。」

 

トントン

   トントン

     トントン

        トトトトトトー

 

仙「そして、松の実も入れ、混ぜ合わせて捏ねるのじゃ。」

 

混ぜ混ぜ

   コネコネ

 

ぺ「あとは、包んで、熱湯で茹でます。」

 

青年団1「これなら、自分も出来そうです。包みます!」

 

ぐるぐる

  ぼこぼこ

 

皆「クスクス」

 

講習生「それ、茹でるのよー。」 

青年団1「はい、行きますッ。」

 

ドボっ

   ドボドボッ

 

フツフツ 

   ブブブブチャーっ

 

青年団1「お、しまった、、何だこれは、、ヤバイ、、バラバラだ。」

 

グッチャグチャ

 

皆「ーーーぁ。」

講習生「具、入れすぎなのよー。」

 

ガックリ

 

ぺ「大丈夫ですかー?」

皆「はーい。」

 

フツフツ

   ぷかぷか 

 

 

ぺ「はい、完成、潤いの水餃子 です。」

 

 

f:id:senninlife:20171013165905j:plain

潤って温める 水餃子

 

 

皆「美味しそう、、」

 

ぺ「どうぞ、温かいうちに召し上がって下さい。」

 

パクっ

  パクパク

 

皆「美味しい、ツルンツルン、、食べやすい。」

皆「松の実の歯応えが良いわー。」

 

ぺ「この水餃子は、多めに作って、スープやお鍋にも使えますからねー。」

皆「なるほど、、。」

 

 

青年団1「ウマイ、ウマイ、激ウマ 、、。」

 

バクバク

   バクバク

 

 

ツカツカ

ドン!

 

講習生「ちょっと、、あんたは、このバラバラ水餃子をスープがわりに飲みなー。」

青年団1「は、はい。」ショボン

 

クスクス

 

 

 

 

 

 

潤いの水餃子

材料(2人分)

水餃子の皮12〜14枚、豚ひき肉70g、ニラ1/2束、白菜30g、干し椎茸1枚、

松の実・生姜・ネギ各5g、ごま油・醤油各小さじ1/2、三つ葉少々、

紹興酒小さじ1、枸杞子ポン酢

 

 

 

作り方

  1. 豚ひき肉は紹興酒につけておく。干し椎茸は戻しておく。
  2. 白菜、ニラ、生姜、ネギ、干し椎茸はみじん切りにする。
  3. ボウルに1と2を入れ、松の実、ごま油、醤油を入れて良く混ぜる。
  4. 沸騰した湯で三つ葉をさっと茹で、冷水に取る。
  5. 水餃子の皮に3を入れて包み、沸騰した湯に入れて茹でる。
  6. 器に水餃子と三つ葉を盛り、枸杞子ポン酢でいただく。

 

 

*枸杞子ポン酢の作り方はこちら

 

senninlife.hatenablog.com

 

 

 

豚肉  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘、鹹/ 脾、胃、腎

[働き]⑴滋陰潤燥 熱病による消渇、空咳、便秘、乳汁分泌不足、病気の回復

 

  温裏類

[性味/帰経 ]  温、辛/肝、胃、腎

[働き]⑴温陽解毒 腰膝冷痛、げっぷ、嘔吐

         ⑵下気散血 吐血、鼻出血、血尿、不正出血

         ⑶食欲増進、疲労回復 食欲不振

 

白菜     清熱瀉火類(せいねつしゃかるい)

[性味/帰経 ]  平、甘/ 胃、大腸

[働き]⑴清熱除煩 胸苦しい、煩熱、肺熱の咳、消渇

         ⑵導滞通便 熱性便秘、腹脹

 

椎茸  補気

[性味/帰経 ] 平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴補気益胃 脾胃気虚の食欲不振、胃痛、げっぷ、嘔吐

         ⑵托痘止血 風疹の発疹不暢、不正出血、血便、ガンの出血

 

松の実  滋陰類

[性味/帰経 ]  温、甘/肝、肺、大腸

[働き]⑴養陰平肝 めまい、かゆみ

         ⑵潤肺止咳 肺燥の咳、皮膚乾燥

 

枸杞子  滋陰類

[性味/帰経 ]  平、甘/肝、腎、肺

[働き]⑴滋補肝腎 足腰疼痛無力、遺精、めまい、頭のふらつき

         ⑵益精明目 白髪、視力減退、眼精疲労、風に当たると涙が出る。

         ⑶潤肺止咳 肺腎陰虚の慢性咳、喘息

 

 

 

 

仙人問答

 

ぺ「仙人、、今日の薬膳、美味しかったですねー。」

 仙「ふむ、体質別も大事じゃが、季節の薬膳も忘れてはならぬ。秋も深まって来たので、そろそろ腎に帰経する食薬も増えて来るぞ。」

ぺ「はい、晩秋から冬にかけて、豚肉とニラは良い組み合わせですね。潤して温める、、。」

仙「肺メタルは腎ウォーターの親じゃ、そして脾アースの子供でもある。」

ぺ「はい。」

仙「脾アース、肺メタル、腎ウォーター、この親子関係をしっかりと築く事じゃな。」

 

ぺ「はい。それにしても、青年団の彼、、面白かったですね。」

仙「おぉ、あの講習生にコテンパンにやられておったのう、。」

ぺ「あの子も相変わらず面白い、。」

仙「あの子??  あの講習生の子は今日が初めてではないのか?」

ぺ「え、仙人、、気が付かなかったのですか、、あの子、、ほら、マツエクの、、彼女ですよ。」

仙「むむ、、マツエクの、あの娘ご??

ぺ「はい、そうですよ。」

仙「気、、気が付かんかった、前回とは別人のようであったぞ。」

ぺ「アハハ、だって今日はマツエク無しの、ノーメイク、でしたから、。」

仙「そうか、、そう、、か、、、。」ガックリ

 

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!